アスタキサンチンで抗酸化

ここでは、「アスタキサンチンで抗酸化」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
味覚の秋は、海の幸も美味しいものがいっぱい。

中でも9月のこの時期は、なんといっても、サンマとサケですね♪

サンマももちろん塩焼きが大好物なのですが、サケも負けじと

脂がのって、美味しいですよねー(*^^*)

アスタキサンチン豊富なサケ


そしてこのサケには、 「 最強の抗酸化成分 」 と言われる

アスタキサンチン が豊富に含まれているのです。



●アスタキサンチンとは?


美容・老化の大敵 「 活性酸素 」 。

活性酸素を抑えることは、アンチエイジングの最も大切な

ケアポイントと言えますが、その抗酸化作用がび抜けて強い

と言われるのが アスタキサンチン なのだそうです。


アスタキサンチンは、ヘマトコッカスと呼ばれる海の藻類に含まれる

天然の赤い色素で、それを動物プランクトンが食べ、そのプランクトンを

エビやカニなどが食べて赤くなり、そのエビやカニをサケが食べて

赤くなるのだそう。


食物連鎖とあわせて、色素連鎖も起こってるっちゅうワケです^^


実際サケは、もともと 白身魚 なのですって!



で産まれたサケの赤ちゃんはへ出て成魚となり、産卵のために、

再び生まれ育った川にってきます。

その厳しい道中(水中?)を無事に乗り切って元気な卵をたっぷり産むために、

サケはたらふくエサを食べ、それに含まれるアスタキサンチンで真っ赤に染まり、

同時にエネルギー源のをたっぷり体内にため込みます。


こうなると、味も最高ながら、アスタキの抗酸化作用と、DHA・EPAといった

お魚特有の不飽和脂肪酸がたっぷり含まれ、サケは最高の

アンチエイジング食 」 になるのでした!



ちなみに イクラ が赤いのも、このアスタキサンチンの色素によるもので、

サケの母親は、産卵の準備に入ると卵にアスタキサンチンを移行させ、

産まれた卵が浅瀬でも紫外線の影響を受けないようにするのだそうです。



しかし・・・

産卵のために必死で大海から故郷の川へ戻ってきて、

泳ぎ続けて大量に発生する体内の活性酸素を除去するために

アスタキサンチンをいっぱい摂って白身の体を真っ赤に染め、

川の上流までのぼりきるスタミナを蓄えるため脂を貯め込み、

産卵間際に卵たちへアスタキサンチンを移してバリアを作り、

そして力尽きて死んでいく・・・


サケのお母さん、スゴすぎます (゚o゚;;


なんだか、そんなお母さんをおいしく食べちゃっていいの?

なんて気分にもなりそうですが^^;

そこは美味しくいただかせていただきますね (*^^)v

アスタキサンチン豊富なサケ アスタキサンチン豊富なサケ
バターでムニエルも、シンプルに塩焼きも、何でも美味しいですよね♪


アスタキサンチン豊富なサケ
お寿司屋さんのサーモンも、美味しくていつもお皿おかわりしちゃいます^^ 炙りも生サーモンも♪
アブラのってる感が最高ですよネ




自然の恵みって、本当にありがたいですね。





●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓






関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。