「腸を元気に」がアンチエイジングの切り札?!

ここでは、「「腸を元気に」がアンチエイジングの切り札?!」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「 生物はがなくてもだけで生きられる - 」


こんな話を聞いたことがありますか?

ベストセラー「腸内革命」他、腸に関するたくさんの著書をお持ちの

医学博士・藤田紘一郎先生の言葉なのですが、

先日藤田先生のインタビュー記事を読んでいて、ビックリ (゚o゚;;


腸は、単に食べたものを消化吸収するだけの臓器ではなかったのです・・・

腸と腸内細菌の働き



●腸が果たす3つの役割


腸の中には、ビフィズス菌や大腸菌などの腸内細菌が、

一千兆個 も存在しています!

 一千兆って・・・ 重さにして約1.5kg、スゴすぎ (@@;)


この、腸と腸内細菌のタッグが、

 ○ ビタミンをつくる

 ○ 免疫力を高める

 ○ 幸せ物質をつくる



という大仕事をやってのけるのだそうです。


「えっ?ちょっと大げさでしょ?!」 と思いきや、

46億年前に生物が誕生して以来、そのほとんどの期間、

生物は腸だけで生きてきて、脳の働きも腸が担っていたのだそうですよ。

 ミミズは今でも腸だけで生きてるらしい・・・



●ビタミンをつくり、活性酸素を抑える


ビタミンは肌をキレイで丈夫に保つ、エイジングケアの基本。

・コラーゲンの材料となって肌にハリをもたらしたり、抗酸化作用で老化を防止するビタミンC

・新陳代謝を促すビタミンB群


ビタミンは体内ではつくられないものですが、腸内細菌はそれを合成してくれます!

体内で合成されたビタミンは、外から食べ物やサプリで摂取したものより、

吸収されやすいという特徴も。


また腸内細菌は放射能にも強い物質なので、人間のカラダを放射能活性酸素から

守り、細胞の老化やがん化の原因を抑えてくれるというワケ (^-^)


腸内細菌のパワー、スゴイです!



●人間の免疫力の70%を担う腸


病気予防には欠かせない免疫力。

腸粘膜には、全身の免疫細胞の 70% が集中しているそうです。

腸内細菌が十分なら、たとえO157が入ってきても、菌を追い出して

感染を防ぐ力が備わっている!

アレルギーに対する自然治癒力も高まるそうですよ。


また腸内細菌は、がん細胞を攻撃するNK細胞をつくりだし、さらには

NK細胞を活性化させるインターフェロンαも出して、がんリスクを

抑えてくれるのです (^-^)



●ドーパミンもセロトニンも腸がつくる


人間はドーパミンが出ると快感ややる気が沸き起こり、また

セロトニンが出ると心が落ち着いてリラックスし、心のバランスが保たれます。


この、ドーパミンとセロトニンの2つの脳内物質は 「 幸せ物質 」 と呼ばれますが、

んと!

この幸せ物質も、腸と腸内細菌がつくっているのだそうです (゚o゚;;


セロトニン不足はうつ病の発症原因と言われているので、

腸内細菌はうつ病抑制にもひと役買っているわけですネ


さらに、腸内細菌にはストレス反応を抑える作用もあり、腸内細菌の

働きによってストレスホルモンの分泌が減ることが実証されているそうです。



るべし、腸と腸内細菌の大車輪の活躍!!



「 腸をキレイにしたら便秘も治ってダイエットにも・・ 」

くらいにしか考えてなかった浅はかさを、反省 - m(_ _)m



腸内細菌に元気に働いてもらうためには、

なんといっても、「 物繊維 」 と 「 ーグルト 」 でしょう ^^

mugi4.jpg 抗酸化にバナナ その4 抗酸化にバナナ ヨーグルトやブルベリーソースと


細菌が腸内に一千兆個・1.5kgと聞くと、ちょっときもちわるい気もしますが ^^;

腸の働きっぷりを、しっかり応援していこうと思いました (^O^)

 → 食物繊維には麦ご飯がおすすめ



●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓






関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。