不眠症のチェックリスト

ここでは、「不眠症のチェックリスト」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不眠は美肌の大敵ですね。

20代の、仕事バリバリで大忙し (゚o゚;; だったときに、

かなりな睡眠不足が2週間ほど続いて(平均睡眠時間2~3時間くらいだったと思う)

気がついたら 「 肌がぼろっぼろ (;_;) 」 になったことがありました。


なんてのかなー・・・、 ウロコ?

魚のウロコ シーラカンス
 シーラカンスくん

ウロコがポロポロとれてくるような、“ かさつき ” と、

くすんだぼんやり感。

目の下のクマ(私ほとんどクマ無縁なのですが、このときばかりは・・)


睡眠がたいせつなんだなー、と、つくづく感じた瞬間でした。



あの時はかったから、見事復活しましたが^^;

もう今はムリだなー

ダメージ受けると、活できない年齢に突入してきておりますので、

「眠り」を大切にしなきゃ!と思うこの頃デス



●不眠には4つのタイプがある?


特に女性で不眠に悩む方は多いと思いますが、不眠症には4つの

タイプがあるそうです。

それぞれの特徴と、チェックリストをまとめてみました。


①入眠障害

 「なかなか寝つけない」病ですね。

 健康な人は通常10分から20分で眠りに入れるそうですが、
 30分以上眠りに入れない状態が続く人は、入眠障害かも。

 □布団に入ってから30分以上眠りにつけない
 □寝る前に不安なこと・失敗・ネガティブなことなどをついつい考えてしまう
 □室内の照明は蛍光灯を使っている
 □夕食後にコーヒーなどカフェインをとっている
 □朝、日光を浴びていない

 こういった人は入眠障害によくある特徴です。



②熟眠障害

 睡眠時間とは関係なく、「 よく寝たぁ (^O^) 」 感がないのが熟眠障害。

 眠りが浅く、疲れがとれず、目覚めが悪く、日中眠い・・・
 悪夢をよく見るのも特徴らしい。
 睡眠時無呼吸症候群が原因で起こることも。

 □起きた時に「よく寝た!」と感じられない
 □目覚めの悪いいやな夢をよく見る
 □灯りをつけたりテレビをつけたまま寝る習慣がある
 □ちょっとした物音でも起きてしまう
 □昼間外出することが少ない

 こういった特徴がみられると、熟眠障害の可能性が。



③中途覚醒

 夜中に何度も起きてしまう状態。

 浅い眠りが続くため、疲れがとれず、日中の集中力も低下。
 ストレスや生活リズムの乱れによってよく引き起こされます。
 また女性や高齢者に多いのも特徴。

 □ひと晩に2回以上、途中で目覚めることがよくある
 □ひと晩でいくつもの夢を見る
 □夜、トイレに必ず行く
 □足がむずむずして目覚めることがある
 □眠るためにお酒を飲むことが多い

 ホルモンバランスが乱れると、この中途覚醒がよく起こりがち。



④早期覚醒

 早く目覚めてしまい、その後眠ることができない状態。

 睡眠時間が短くなるため、日中眠くなったり疲れを感じたり。
 うつ状態の人によくみられる症状とも言われます。
 ストレスが溜まると起こりやすくなるので注意。

 □予定時刻よりも早く目が覚めてしまう
 □一度目覚めると、そのあと眠れなくなる
 □20時以降、起きていられない
 □気分が落ち込んでやる気が出ない
 □昼間に強烈な眠気を感じる


明確な基準はないですが、一番多く当てはまるものが多いのが

自分の不眠のタイプで、もちろん複数の不眠タイプに当てはまる

人もいるとのこと。


私の場合は、②③④によく当てはまります。

 ・・・当てはまりすぎだろ^^;


まあ、チェックリストはあくまで参考なのですが、

体調には気をつけて、できるだけ快眠状態が得られるようにしていきたいですね。


快眠はエイジングケアの切り札ですから(^O^)

暑さにまいる猫




●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓





関連記事

関連タグ : 不眠,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。