むくみや肌荒れ これって快眠不足?!

ここでは、「むくみや肌荒れ これって快眠不足?!」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぢー・・
暑さにまいる猫


この時期の天気予報をみてると、

「最高気温が39度を越えて・・ (>_<) 」

みたいに、毎日、群馬県館林市と、埼玉県熊谷市の争いが

報じられるのが夏の風物詩となってますが^^;


これまでの歴代最高気温は、高知県江川崎41℃

だそうです^^ (2013年の記録)


確かに去年、館林市と熊谷市のつばぜり合いを横から

するりと追い越してった江川崎のニュースがありましたね^^


ちなみに歴代最低気温は、北海道旭川の-41℃ (゚o゚;;




それにしてもこの季節、暑くて、寝苦しいですね (´・_・`)


私、昔から 「 エアコンはカラダに悪い 」 という、

強迫観念みたいなものがあって、また、

自然の気候の中で生きる 」 みたいな、

中途半端な (^^;) エコ意識もあって、

寝るときのエアコンは基本的に避けてきたのですが、

さすがに耐え難い年齢になってきましたネー・・

(なのでどうしても我慢できないときはエアコンポチッ)


でもでも最近の割と深刻な悩みは、

昼間眠い (´O`)

のです(-.-;)

眠気や倦怠感で1~2時間ぼーっとすることも。



んー、これって眠症の気配でしょうか?

そしてこれは、冷房をつけて寝ちゃうから?

冷房を我慢して寝ちゃうから?

それとも何か別の原因?


イマイチ昼間眠い原因がわからないんですよねー



●なんと5人に1人が不眠症?!


調べてみると日本人って不眠症の人が多いらしく、

その数なんと! 5人に1人 (゚o゚;;

なんぼなんでもおおすぎやろー


そして肝心の原因。


よく挙げられるのは、ストレス精神疾患

薬・アルコール環境要因(騒音など)生活リズムの乱れ

生理・妊娠・更年期などの女性ホルモンバランスの乱れなど・・・


「あちくて眠れない・・」というのは、環境要因に該当するのカナ



そして私の場合は、


昼間眠い (u_u)。。。zzzZZ

のは確かに夏に限ったことでもない気がしており、

ここ1年ほど顕著になってきた現象のような気もするので、


・・・年期? 認めたくないケド



●美容にも健康にも悪影響を及ぼす不眠


不眠は、言うまでもなくアンチエイジングの大敵!

ターンオーバーが乱れ、お肌の新陳代謝が滞り、肌荒れ

むくみくすみの残る、暗い顔つきになってしまいます。

鏡の中の自分が、「 残念・・(-.-;) 」 って言ってる感じ。


また、睡眠不足は、

 ・レプチンという食欲を抑えるホルモンが減少
 ・グレリンという食欲を増進させるホルモンが増加


という事態を招いてしまうので、るそうです。


さらに睡眠不足になると、イライラ感が増したり、集中力がなくなったり。


そしてそして、高血圧糖尿病などの生活習慣病にも!


人は睡眠中に自律神経のバランス・調整をはかるそうなのですが、

不眠になると、交感神経が高ぶったままの状態になり、

血圧が下がらずに高血圧症に・・

また血糖値を下げるインスリンの働きも悪くなるため、

糖尿病のリスクが飛躍的に高まるのだそうです。



・・・悪いコトずくめ (-.-;)



「寝苦しー」なんて言ってないで、少しでも

快眠を得られる環境を作ったほうがよさそうですね。



「いい眠り」には、「いい寝つき」が大切で、

「いい寝つき」には、「室温と湿度」が大切なんですって。


理想的な環境は、

 ○夏季:室温26℃前後 湿度50%前後

 ○冬季:室温16~19℃ 湿度50%前後


エアコンもそうですが、除湿器や加湿器などを、躊躇なく使え!!

って、知人のお医者さんに言われてしまいました^^;


それにしても室温26℃って、けっこう適温高いデスネ

25℃以上で熱帯夜だから、それより上って・・・

やっぱ湿度なのかしら。


ニッポンの夏は、湿度の夏 (;´Д`A

夏の夜の花火





●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓





関連記事

関連タグ : 不眠,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。