「まごはやさしい」で食生活改善

ここでは、「「まごはやさしい」で食生活改善」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「アンチエイジングに効果的な食材って?」

雑誌やTVでさまざまなものが取り上げられていますね。

その中で「まごわやさしい(孫は優しい)」という言葉があるのをご存知でしょうか?


 ○ま →まめ
 ○ご →ごま
 ○わ →わかめ(海藻類)
 ○や →やさい(緑黄色野菜、淡色野菜、根菜)
 ○さ →さかな(魚介類)
 ○し →しいたけ(きのこ類)
 ○い →いも類


この7種の食材を、1日のうちのどこかで必ず摂るようにするというもの。

専門の医学博士の先生が提唱されている食事法ですが、
昔の日本ではこれが自然に実践できていたのだとか。

長寿世界一の秘密も、このあたりにありそうですね。

エイジングケアだけでなく、生活習慣病の予防や、コレステロール・肥満の抑制、
皮膚や粘膜の抵抗力の強化、疲労回復など、さまざまな効果が期待できるとのこと!


「○○がいいよ」と言われても、なかなか食事に取り入れにくいことがよくありますが、

「まごはやさしい、まごはやさしい、・・・」と覚えておくと、

会社や外出先でランチなどの場面でも、

「あ、しいたけ食べてないからきのこパスタにしよう!」

みたいに、いつも大事な食材が意識できて、摂り漏れがなくせそうですよね。


抗加齢医学を専門に研究されている青木先生という方は、
さらにこれに加えて「孫子は優しいよ(まごこはやさしいよ)」というものを
提唱されているそうです。

 ○ま →まめ
 ○ご →ごま

 ○こ →米(玄米が理想)
 ○わ →わかめ(海藻類)
 ○や →やさい(緑黄色野菜、淡色野菜、根菜)
 ○さ →さかな(魚介類)
 ○し →しいたけ(きのこ類)
 ○い →いも類

 ○よ →ヨーグルト(発酵食品)


なるほどなるほど。


ちなみに現在の食生活と照らしてみると・・・


「まめ」
 これはバッチリ!納豆と豆腐を必ず毎日食べるようにしています。
 良質なタンパク質やミネラルが豊富な他、大豆イソフラボンが
 女性ホルモンの働きを助けるので、更年期にもいいと言われますよね。

「こめ」
 もちろんお米は食べていますが、玄米は時々食べたりしたことも
 あったけれど、ちょっと高いのと、ちょっと味が馴染めずに、最近ご無沙汰・・・
 玄米は「ガンが治った!」なんていう逸話もいろいろありますよねー
 あ、でも今は「麦ご飯」に少し凝っています。

「やさい」
 最近かなり意識してサラダをたっぷり食べるようになりました!
 基本はレタスやキャベツなどの葉物にトマト。材料に凝り過ぎると長続きしないので、
 わりとシンプルです。(飽きたらドレッシングなどで工夫)
 食物繊維やビタミンをしっかり補給。

「ヨーグルト」
 これも、必ず毎朝食べるようにしています。
 一時期、便秘がひどかったので、ビフィズス菌で整腸作用を- と思い
 食べ始めたのですが、これが見事に効きました^^
 りんごと一緒に摂っていると、ちょっと出すぎるくらいに;汗

「わかめ」「さかな」「しいたけ」「いも」
 ちょっと弱いな・・・
 週に2~3度レベル?季節によってはもっと頻度が上がりそうですが。
 いずれにしても「毎日必ず」とは程遠い現状。
 おさかな、特に青魚系は、DHA・EPAが豊富で不飽和脂肪酸が体にいい、と
 散々言われていますね。わかっちゃいるけど・・・

「ごま」
 これがいちばん厳しいかな。ごま、食べてない;汗
 ごまは抗酸化成分を豊富に含むので、お肌にも、内蔵のサビツキにも大変効果的。
 ピーナッツなど、ナッツ類でも良いのだそう。
 ごまのふりかけでも買って、毎食ご飯にかけて食べましょうか。


大切なのは、何かに偏るのではなく、バランスよく食べること。
でも現代の食生活でこれを実現するのって、あらためて、大変なことですね。




●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓



関連記事

関連タグ : 和食,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。