夏バテ防止に薬酒のすすめ

ここでは、「夏バテ防止に薬酒のすすめ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、 「夏バテの原因と対策」 について書いてみましたが、

夏バテに効果的なキラー・アイテムとして、

「薬酒」なるものを今日は取り上げてみます。



●薬酒とは?


薬酒は、お酒に生薬や食材を漬け込んだもの

お酒に漬け込むことで、食材の持つ薬効が高まり、

手足の末端まで効能が行き渡るという嬉しい特徴があります。


有名なのは「養命酒」ですね。

私も冬場はときどき養命酒を寝る前に1杯いただいています。


入れる材料には生薬、つまり朝鮮人参やウコン、杜仲(トチュウ)

などの漢方薬の原料になるようなものが挙げられますが、実は、

身近な果物や野菜でも、おいしくて効果の高い薬酒は

作れるんですよー(^O^)v



●梅

おうちで作るお酒といったら、やっぱり梅酒ですね!

薬酒で夏バテ防止 梅酒1

梅酒は立派な薬酒なのです。

梅干を作る家庭は、さすがに現代では少ないと思いますが、
梅酒を作ったことのある人は、案外多いのでは?


梅酒はなんといっても食欲増進

クエン酸・りんご酸・酒石酸・コハク酸などの酸が、消化液の分泌を促します。

酸っぱくて唾液が出てくるアレですね *^.^*


またこの酸は、血液をサラサラにしたり、ダイエット効果や疲労回復など

数多くの効能が期待できるのです。

下痢、腹痛、食あたりや、咳、頭痛などへの薬効も認められています。

スーパーなどで梅酒造りキットも売っているので、簡単に始められます。


ちなみに我が家の梅酒は、そろそろ10年を越えたかな?

ものすごくコクの出た、おいしい梅酒に仕上がっています。

薬酒で夏バテ防止 梅酒2 薬酒で夏バテ防止 梅酒3

 あ、ちょっと飲みすぎで量減りすぎ^^; 足さなきゃ・・


氷を入れてキンキンに冷やしていただくと、おいしーですよー(*^_^*)

薬酒で夏バテ防止 梅酒4




●金柑(キンカン)

薬酒のおすすめ 金柑酒

私の生まれ育った九州・宮崎の実家では、よく金柑を食べてました^^

そのままでも食べたし、甘露煮やはちみつ漬けも、とってもおいしいのです。

そして金柑酒にもします。

咳止めやのどの薬、体を温める薬効など、風邪の特効薬として
欠かせない存在でしたね。

ビタミンCを始め栄養たっぷりの金柑は、高血圧や動脈硬化にもよいそうですよ♪

金柑の薬酒で、疲労回復はバッチリです。



●にんにく

薬酒のおすすめ にんにく酒

これはもう、言わずと知れたにんにくデス。

カラダに悪いわけがない^^

にんにく酒はつくったことがないのですが、
一度トライしてみたいなと思っています。

食欲不振、消化不良、胃痛、腹痛、下痢、咳など。
身体を温める作用が強いのでお腹を冷やして体調を崩したときにおすすめ。

とにかく、スタミナたっぷりで疲れきったカラダに元気を注入です!

漬け込みが十分仕上がってくると、色が飴色に変わってきて

いい感じに熟成されるようですよ。


しかしさすがにニンニクだけあって、かなり匂いが強烈なのだそうです。
(そこがまたニンニクらしくてよいのでしょうけれど ^^;)




他にも、りんご・ゆず・やまもも・キウイ・いちじく・
しいたけ・めかぶ・唐辛子・さくらんぼ etc...


手軽にできて、夏バテで落ち込んだ気力や体力を回復してくれる

薬酒の材料は、いろいろなものが挙げられます♪


暑い夏、その飲み方のひと工夫でも、気分の回復度合いは

変わってきますので、おいしい飲み方をいろいろ工夫してみるとよいですね。

炭酸で割ったり、烏龍茶やジャスミンティーで割ってみたり、
レモンを加えてみたり・・・


寝る前にちびっと飲んで、そのままスヤーっと眠りにつくのがオススメです^^



●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓





関連記事

関連タグ : 薬酒, にんにく, ,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。