癒し

ここでは、「癒し」 に関する記事を紹介しています。
イデア アサイーレッドスムージー" ■■■■■ ダンむつと申します

アラフォーからその次の世代へ
片足突っ込んだ多感な時期を過ごしています^^;

主に食生活を通して
アンチエイジングに効果的なモノ・コトを探求してみたいと思います
どうぞよろしくお願いいたします(._.)                  ■■■■■

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今朝はとても素敵なことが起こりました..・..・。..・°

それは、なんと ハイビスカス の花が咲いたこと!

10月30日木曜日 朝の気温は12℃

この秋いちばんの冷え込み(><)  咲くんだぁ(^O^)  こんな寒いのに

赤いハイビスカスの美容健康効果


実は、きれいに咲くお花の色には、癒し効果だけではない

秘められた美容と健康のパワーがあるのだそうですよ。



●お花の色が持つ美容効果って?


お花って、ホント見てるだけで癒されますよね(*^_^*)

好きな花を買ってきてお部屋に飾ったり、お庭(があれば)に植えて楽しんだり。

お散歩していてご近所や近くの森林公園で見かけるお花にも、

季節を感じてよく足を止めることがあります^^


それだけでもお花は、心を優しくしてくれて、癒し効果抜群!

でもお花の「色」の持つパワーには、もっと奥深い効果が。

ちょっとまとめてみました♪

代表的なお花色の持つパワー美容健康効果
バラ、サルビア、ガーベラ、ハイビスカス、ベゴニア、ダリア生命力を高め、元気や勇気を奮い立たせる力がある血行改善、低血圧や冷え症に効果
紫陽花、ブルーデージー、ブルーセージ、デルフィニウムストレスを抑え、精神の安定や睡眠効果をもたらす高血圧抑制、食欲を抑えダイエットに寄与
ヒマワリ、マリーゴールド、ガザニア、ケイトウ沈んだ気分を盛り上げ、高揚感や楽天的気分をつくる消化・吸収の促進
クリスマスローズ、デンファレ疲れを癒し、精神の安定や心の開放をもたらすストレスやイライラ低減、疲れ目の改善
オレンジマリーゴールド、ジニア、ガーベラ、金木犀活発で陽気、ポジティブな精神状態をもたらす胃腸の働きを活発にし、便秘解消に寄与
ピンク桃、桜、ペチュニア、ゼラニューム、コスモス幸福感や包容力、恋愛ボルテージを向上させる肌にハリ・ツヤを呼び戻す
ラベンダー、ヒヤシンス、朝顔、バーベナ感性や直感力を鋭くし、気品や神秘性を身につける免疫力を高め、病気にかかりにくくする
ゆり、ラン、マーガレット、プルメリア心を浄化し、清楚で規律のあるピュアな精神状態をつくるしなやかでしっとりとした肌状態をもたらす

(出典:http://www.himehana.jp/)


いかがですかー?

まあ、目に見えるような効果がなくても、

こんなストーリーがあるだけで、お花・そして色の魅力が

深まる気がしますね♪


ちなみに赤いハイビスカスは、冷え性改善の「赤」だから、

これからの季節の私の悩みにピッタリ!



●季節はずれのハイビスカス


さてさて、今朝お花が開いた我が家のハイビスカス。

実は、今年の二番花なのです。

赤いハイビスカスの美容健康効果


昨年小さい苗を買って育ててみたものの、結局昨年は花を一輪しかつけず、

寒い冬を越せるかなぁ。。

と心配しながらも小まめにお手入れし、冬を越し、そして今年-


最初に咲いたのが5月の終わり頃で、

「はやっ!去年の咲き残り??」

なんて、夏の乱れ咲きを期待したのですが、

その後全く花をつけないまま夏が終わってしまい、

「今年は一輪だけかー・・・ (´・_・`)」

なんてしょんばりしてたのが、今朝になっていきなり!!!

赤いハイビスカスの美容健康効果


ハイビスカスの咲く時期は6~8月。

南国の花・常夏の花というイメージが強いのですが、

こうして秋も深まってきた頃に、夏に間に合わなかったお花の芽を

やっとの思いで開いてがんばって咲く姿に、

とても清々しい感動を覚えたのでした^^



ちなみにレッドハイビスカスの花言葉は

新しい恋 」 「 繊細な美


こんな私にも、繊細な美がもたらされたら嬉しいな♪

( 新しい恋がもたらされるのも嬉しかったりして ^^; )

赤いハイビスカスの美容健康効果
あ、も一個つぼみが (*^^*) がんばれ~




●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓







スポンサーサイト

関連タグ : デトックス, ストレス, 冷え性,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。