アンチエイジング

ここでは、「アンチエイジング」 に関する記事を紹介しています。
イデア アサイーレッドスムージー" ■■■■■ ダンむつと申します

アラフォーからその次の世代へ
片足突っ込んだ多感な時期を過ごしています^^;

主に食生活を通して
アンチエイジングに効果的なモノ・コトを探求してみたいと思います
どうぞよろしくお願いいたします(._.)                  ■■■■■

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早いもので年が明けて1週間が過ぎましたねー

もう、このトシになると、1年が秒速で過ぎていく感じ^^;


さてさて、昨日1月7日は七草粥の日でしたね。


  年末年始の暴飲暴食で 疲れた胃腸 を休め、

  新しい1年を 無病息災 で過ごせるように、

  この時期が 旬 のカラダに良い野草7種を、

  消化の良い にしていただきましょう、


というもの。


昨日はワケあっていただけませんでしたが、やはりこのトシになると、

「これはカラダに良さそう♪」

と世の中の雰囲気につられて、思わず七草を買ってきてしまいましたので、

本日いただくことに^^

春の七草
イマドキのスーパーは便利なもので、7種がちゃんとセットになって売られているのデスネ!


●春の七草の効能とは?


春の七草と言えば、

「セリナズナ ゴギョウハコベラ ホトケノザ スズナスズシロ これぞ七草」

と、短歌形式で覚えさせられてきましたが、あらためて考えてみると

「ゴギョウって何?」「あれ、大根って入ってなかったんだっけ?」

などと、頭が疑問だらけに ^^;


なので春の七草の中身とその効能について、ちょっと調べてみました。

芹(セリ)カロテン、ビタミンB2をはじめ、カルシウム、鉄分、ビタミンC、食物繊維、さらには消化促進や
保湿の役割があるフラボノイド(=セリの独特な香り成分)を豊富に含む
薺(ナズナ)タンパク質、ビタミンB1B2、カロテン、カルシウム、鉄、マンガンなどが豊富
西洋では昔から痛風や赤痢の治療薬として用いられてきた薬草、別名ペンペン草
御形(ゴギョウ)別名母子草
タンパク質やミネラル類が豊富で、扁桃炎や胃炎の症状解消に用いられてきた
昔は草餅と言えばヨモギではなくゴギョウが使われていた
繁縷
(ハコベラ・ハコベ)
ビタミンB、Cやタンパク質の他、ミネラル類も豊富
ニワトリグサとも呼ばれ、ヒヨコのエサによく使われていた
整腸作用もあり、葉緑素は口臭予防に働くことから、歯みがき粉としても利用されてきた
仏の座(ホトケノザ)別名、というか本名は田平子(タビラコ)というキク科植物
(シソ科のホトケノザという植物も別にある ・・・ややこしい)
お浸しやお味噌汁などに使われてきたが、栄養成分や効果効能は不明
菘(スズナ)カブのこと
ジアスターゼ(消化促進成分)や食物繊維が豊富で、葉の部分にはビタミン、ミネラルも
蘿蔔(スズシロ)大根のこと
葉にはビタミンB1B2、ビタミンC、鉄分、リンなど、根にはジアスターゼ、アミラーゼ、
エラスターゼなどの分解酵素や食物繊維が豊富


このような感じです。

七草粥でしか食べないものも多くありますね。

昔は現代ほど食糧が豊富ではなかったので、野草も大切な食糧として扱われ、

そして健康を保持したり、疾病対策としても、重宝されていたのでしょうね!



七草粥をいただいてみると、「 おいしい ♪ 」 という感情ではなく、

カラダに良さそう ♪ 」 という感想が湧き上がってきます。

そう、カラダの奥底から浄化されている感じ^^


甘すぎたり、味がハッキリしすぎていたり、

柔らかくて、まろやかで、口触りがよさすぎたり、・・・といった、

現代の飽食・贅沢食・加工食漬けのフードライフを戒めて引き戻してくれるような、

薬膳料理の感じですね。


表にまとめたように、どのお野菜も美容&健康成分もたっぷりなので、

アンチエイジング世代には、くたびれたカラダをピリッと浄化してくれる、

若返りの粥かもしれませんね。

とってもおししくいただくことができました!



さ、明日からまた くうゾー  違うか^^;




●ついでに(^_^;) 調べてみた「秋の七草」


春の七草は、それなりに有名で、名前くらいは一応言えて、

「無病息災を願って七草粥にしていただいて・・・」

と、用途もわかるのですが、秋の七草ってなんだっけ???


知らないですよねコレ (゚o゚;;  私だけ?

ついでなのでちょっと調べてみました。

萩の花(ハギ)9月頃が見頃と言われ、お彼岸にいただく「おはぎ」の語源となった
(春の彼岸は牡丹の花にちなんでぼたもち、秋は萩の花にちなんでおはぎ)
でも実は、開花時期は6~10月と長い
尾花(オバナ)ススキのこと
ススキの穂は秋の風物詩、中秋の名月にお供えする
葛花(クズ)つるが数メートルにも伸びる、生命力の強い花、夏の終わりから9月が開花期
別名「裏見草(うらみぐさ)」と言うが、うらみに掛けて恨み節の和歌によく詠われた
撫子の花(ナデシコ)6~8月に咲くピンク色の可愛い花
我が子を撫でるようにかわいい花、ということでなでしこという名前に
女郎花(オミナエシ)7~10月に咲く黄色い可憐な花
女性(おみな)を圧倒(えし)する美しさというところから、この名がつけられた
藤袴(フジバカマ)10~11月に、淡く小さいピンクの花がたくさん咲く
藤の花に雰囲気が似ていることからこの名に
朝貌の花(アサガオ)いわゆる現代の朝顔ではなく、桔梗(キキョウ)のこと
6月下旬~8月に紫や白の綺麗な花をつける

うーん、季節感もなんだかばらばらな感じで、よくわからない・・・


秋の七草は、七草粥にして食べるものではなく、「 に咲く代表的な野の花

として挙げられたもののようですが、だいぶ広い感じですね^^;




「誰かがこじつけで考え出したの?」って、思ってしまいましたが、

ちゃんと万葉集に詠まれているのだそうです。


「秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびおり) かき数ふれば 七種(ななくさ)の花」

「萩の花 尾花葛花(おばなくずはな) 瞿麦(なでしこ)の花 女郎花(おみなえし) また藤袴 朝貌の花」



あれ、下の方の句はだいぶ字余り? と思ったら、

「5・7・7 5・7・7」の旋頭歌という形式なのだそうです。

作者は山上憶良(やまのうえのおくら)。 あー、知ってる知ってる。


ちょっと幅は広いけど、夏の終わりから秋にかけての野の草花を

目で楽しもうよ、ということみたいですね♪


この機会に、秋の七草も覚えておこうと思います。 ムリか^^;




●●●●●


みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓






スポンサーサイト

関連タグ : 食物繊維, デトックス, 七草,

寒く なってきましたね・・

若さと美貌 (ウソ ^^;) と健康維持のために、

スムージーや健康ドリンクをいただくのが習慣となっておりますが、

寒い季節がやってくると、やはり温かいものが欲しくなりますネー


今日はサジーのジュースをホットで美味しく(?)いただくレシピをご紹介♪


●意外と相性の良いサジー×はちみつ


いつもはそのまま原液でいただいているサジージュース。

スーパーフルーツ サジージュース スーパーフルーツ サジージュース アップ スーパーフルーツ サジージュース


独特の風味が、かなり好き嫌いを生みそうで、その匂いや味が

個性的な分、何かに合わせるよりもそのままストレートにいただくのが

王道だろーよ、と、原液派なのです^^

 → サジージュースの体験レビューはこちら


でもここのところ急に冷え込んだので、

冷たいの、ちょっと躊躇 ・・・ (ーー;)

と、試しにレンジで温めて飲んでみたら、 ゲッ! まず (>_<)


さすがにホット原液は、イマイチな感じでした(^^ゞ


それで試してみたのがハチミツ
  ローヤルゼリーの蜂


ネットにレシピが紹介されていたのでやってみたわけですが、

「うん、これイケルかも♪」


なんていうんだろ、もちろん飲みやすくなり、こう、

モンゴルの厳しい冬を乗り越える処方薬

的な力強さがあるんです^^ わかりにくい表現ですかね・・


漢方にしても、生姜茶などの昔ながらの健康ドリンクにしても、

「 美味しい-♪ 」 というのはあまり期待してなくて、むしろ

ォーー、効くー (゚o゚;; 」 とか、「 ゥー、カラダに良さそう (゚o゚;;;

という味や匂いの方が、むしろ望むところだったりするわけです。


だって、美味しいものをいただきたいなら、純粋に美味しいものを

求めた方が良いわけで^^


なので私にとって健康ドリンクは、適度に飲みやすく、適度に 「 効くぅ 」 の

パンチがあるのが理想。

そう言う意味では、サジー×はちみつでホットジュースにしたら、

実にいい感じになりましたよ (*^^)v


前置き長くなりましたが、以下がレシピです↓

  っつーか、レシピというほどのものでもないのですが^^;

--------------------------------

【チャチャルホットはちみつの作り方】

■材料
 ・サジー(チャチャル)ジュース 100ml
 ・はちみつ 25g
 ・お湯 100ml
 ・レモン 少々

■作り方
 全て混ぜるだけです^^;


--------------------------------

メーカーさんからのメルマガや、ネット上にあるレシピだと、

「サジージュース50ml&お湯200ml」

くらいの分量がおすすめされているのですが、いろいろ試して

私の場合100:100がよろしいかとv

それでもまだサジーの風味が足りない感があったら、お湯をもっと減らして

その分サジージュースを濃い目にします。


そしてさらにちょっと温めて 「 ーい 」 感じでいただくのも、これからの季節

冷えたカラダにはいいデスネ(^O^)

生姜のすりおろしをちょっと加えると、さらにボルテージは上がります^^



サジーはスーパーフルーツと呼ばれ、冷え性にも疲れ体質にも、

女性には生理不順解消にも、また不妊の解消(!!)にも、

とにかく効果があると評判の奇跡の果実なのです。


続けていると、見事に絶好調なカラダに変化するのが感じられますよ♪

 → サジージュースの驚異的効果の記事




●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓






以前このブログでも何度かご紹介したサジー。

とにかくその存在自体が奇跡なフルーツなのです^^

奇跡のフルーツ サジーの実


寒暖差90℃以上、真夏は50℃・真冬は-40℃という過酷な

自然環境の中、7000万年も変わらず自生しているサジー。

その果実や、種子・皮の部分には、 「 天然の万能薬 」 として

古来よりモンゴル・中国・ヨーロッパ・ロシアなどで広く重宝されてきた

300種類もの豊富な有用成分が!


老化や、老化の主因となる活性酸素を防ぐのに役立つ成分もたっぷり含み、

さらに数多くの健康成分で、カラダを浄化・強化してくれます^^



●サジーにまつわる伝説?!


奇跡のスーパーフルーツ・サジーには、その秘められたパワーゆえ、

古来よりさまざまなエピソードが語られているようですョ (^O^)


 ○モンゴル出身の朝青龍は、母親に毎日つくってもらった
   サジージュースを飲んで強くたくましくなった

 ○ギリシア神話では、病気で弱りきってサジーの森に捨てられた
  馬たちが、その森で強くたくましく復活したという物語が!

 ○モンゴルの英雄チンギスハンは、戦いの連続で疲れ果てた
  馬たちにサジーの実を食べさせ、馬の元気を復活させた

 ○旧ソ連では、早くからサジーの驚異的な力に着目して研究を進め、
   健康増進とストレス抵抗力の強化として、宇宙飛行の携帯品に!

 ○サジーの自生する山に住むキジは、毛艶が特別に優れ、
  大変な高値で取引されていた

 ○医学研究者の間では、「サジーは天然の薬箱」と呼ばれているそう



スゴイですね、サジー (゚O゚)


私、こういうストーリーを聞いちゃうだけで、もうダメ (*^^*)

メチャ効いてくれそうな気がするのです ・・


実際、サジージュースを飲み始めてから、え症的な症状があまり

感じられなくなったり、お肌にハリが少し戻ってきたような感じが ・・

( 完全に思い込み効果でしょうかね ^^; )



どんなものでもそうでしょうが、やはりけてみることが大切デスネ。

人間のカラダの細胞は 約3ヶ月 で入れ替わると言われているので、

古い細胞がなくなり、新しい細胞に取って代わる3ヶ月後に、

「 おっ ♪ 」

という嬉しいカラダの変化に出会えるかもしれませんよ (^-^)



 → サジージュースの体験レビュー

 → こちらはサジーのオイルカプセル体験



●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓







が果たす消化吸収以外のきの役割について、先日書きました。

http://antiagingfood.blog.fc2.com/blog-entry-46.html


「腸内革命」の著者、藤田先生のお話ですね。


その続きですが、なんと

腸内細菌の働きで寿命がのびる!

というお話です ^^

腸と腸内細菌の働き



●寿命を決める物質テロメア


染色体には、テロメア と呼ばれる塩基配列が末端についていて、

ヒトの場合はテロメアは 1万 塩基繰り返されています。

このテロメア、細胞が分裂するたびに徐々に短くなっていき、

5,000塩基 になったところで細胞は 「 分裂寿命 」 を迎える。


つまり、テロメアの長さが徐々に短くなることそのものが、老化の

バロメーターとなり、分裂寿命を迎えた細胞は、それ以上分裂しないので、

細胞死して終わり・・・


んー・・・ こわ (;´д`)

テロメアと細胞死



細胞分裂には、数に限りがあるということなのですが、

通常はこのテロメア、1年間に 50塩基 程度減っていく、つまり

5,000塩基に減るのには、100年かかるそうです。

そして例えば病気ストレスの影響で、この減少ペースはまる


病気で細胞がダメージを受けると、細胞分裂して新しい細胞が

再生するスピードが早まるので、その分テロメアがどんどん短く

なっていく・・ということなのです。



藤田先生曰く、

「逆に気をつけていれば1年に40しか減らないので、理論上は125歳まで生きられる」

ということになるそうです。


私が125歳まで元気に生きられるとは想像できませんが ^^;

テロメアが短くなる速度を抑え、細胞の老化と寿命を、

少しでも抑えたいものですネー


そしてここに登場するのが腸内細菌♪



●腸内細菌の働きが細胞寿命をのばす


テロメアを短くするいちばんの原因は 「 活性酸素 」。

活性酸素が細胞を傷つけ、再生のために細胞分裂がすすみ、

そのたびにテロメアが短くなっていきます。


大腸菌やビフィズス菌などの腸内細菌が活発になると、

免疫機能が高まり、活性酸素への対抗力が大幅に上昇する、というワケ。


「長寿国ではヨーグルトをよく食べている」

という話がありますが、これはまさに腸内細菌が

活発に活動できている証拠なのかもしれませんね!


腸と腸内細菌を快適に保つには、4つのポイントがあるそうです。

 ○食物繊維をとる
  腸内細菌のエサ 野菜・海藻・豆類など

 ○食品添加物を避ける
  保存料などは腐敗菌の増殖を抑えるとともに、腸内細菌の増殖も抑えてしまう

 ○ストレスを溜めない
  ストレスで活性酸素が増え、免疫力は低下

 ○規則正しい生活習慣
  生活リズムが免疫力と密接に関係


腸の働きのスゴさと老化・寿命のメカニズム、

大変勉強になりました ^^


腸と腸内細菌の働き
 ガンバレ、チョーサン - ♪




●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓






関連タグ : 抗酸化, ,

アサイー、かなり日本でも浸透しましたね!

ハワイではじめて アサイーボウル を食べて感動したのは、

多分3年くらい前になりますが、それ以来、ハワイに行くたびに

必ずアサイーボウルを食べ歩きするようになりました - ♪

アイランドヴィンテージアサイーボウル
 ↑こちらイチオシのアイランドヴィンテージコーヒー


甘さと酸味があって、見た目も爽やかで、とっても美味しいのですが、

カラダにいい! 」 というのが、もう歯止めきかなくなるキメテ ^^;

アサイーは、アンチエイジングに威力を発揮するスーパーフルーツなのです。



●ポリフェノールがブルーベリーの18倍?!


ハワイでものすごく流行っていたので、てっきりハワイ原産のフルーツかと

思っていましたが、アサイーは ブラジル・アマゾン が原産とのこと。

ブルーベリーにちょっと似ていて、そのせいか 「 アサイーベリー 」 とも呼ばれますが、

実はヤシ科の植物で、まったくベリー系とは異なるもののようです。

アサイー アサイー
 こんな感じの木。 果実はブルーベリーにそっくりですけどネ


そしてこのアサイーの実は栄養価が高く、

 ○アントシアニンがブルーベリーの18倍

 ○鉄分がレバーの3倍・プルーンの10倍

 ○食物繊維カルシウムも豊富


などの特徴があります。


アントシアニンは、ポリフェノールの一種で、高い 抗酸化作用 があり、

お肌やカラダの機能が活性酸素によって老化していくのを

防いでくれる効果があるのですョ (^-^)


そのアントシアニンが、あのブルーベリーの18倍!

ブルーベリーは、特に眼の疲れや、眼の機能の衰えに効果が高いと

言われているので、眼の悩みを抱えている方には特にオススメかもしれませんね。


そして抗酸化は、シワやシミなどを防ぎ美肌を維持する、

エイジングケアの最大のテーマ!


豊富に含まれる抗酸化物質アントシアニンが、アンチエイジング対策を

強力に後押ししてくれそうです (^_-)-☆



●ダイエットにも人気のアサイー


アサイーは、アンチエイジングだけでなく、ダイエット食品としても

注目を集めていますね!

梨花さんなどのモデルさん、若い女性タレントで愛用者が多いのも、

そのダイエット効果を期待して- ということだと思います。


その理由は、アサイーに含まれる豊富な食物繊維の作用で、

 ○血糖値の上昇が抑えられて糖や脂肪が吸収されにくくなる

 ○整腸作用で便秘解消が促進される


といったことが挙げられます。また、

 ○アサイーに含まれる抗酸化物質が、内臓脂肪の排出を促進してくれる

といった効果も。



アンチエイジングとダイエット、

2大お悩みを解決してくれる、まさに奇跡のフルーツですネ^^


奇跡のフルーツと言えば、別の記事で 「 サジー 」 についても

ご紹介しましたが ( → サジージュースの驚異的効果 )、両方に共通するのは、

過酷 な環境の中で生き抜くために培われた、 強い生命力 がある、ということ。


その生命力に、あやかりたいものです (*^_^*)


アイランドヴィンテージアサイーボウル
いろいろ食べましたが、やっぱりアイランドヴィンテージコーヒーがいちばんカナ (*^^*)
上品な酸味と、上にかかってるハチミツの甘さとの絡みがサイコーなのです
でも、この食べ方してたら、ダイエット効果は薄まるかもデスネ ^^;
アサイースムージーにバナナ・イチゴ・グラノーラ・ブルーベリー・はちみつ ・・・



KCCアサイーボウル
こちらはKCCファーマーズマーケット、つまり朝市の露店です
空気がおいしいから、ぶっちゃけなんでも美味しいんですケドね ^^




アイランドヴィンテージのカフェオレボウル アサアイランドヴィンテージのカフェオレボウルイーボウル
関係ないけどアイランドヴィンテージコーヒーで買ってきたカフェオレボウル。
とにかくデカっ!! スタバのマグと比べてもその大きさが・・ (゚o゚;;
これで日本でもアサイーボウル作って食べよう!と思って早3年・・・(ーー;)




アサイーを手軽にとれるものとして、スムージーの体験レポを

当ブログでもふたつ紹介しています。

「ナチュラルヘルシースタンダード」のアサイースムージー

イチオシ「IDEA」のアサイーレッドスムージー





●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓





モンゴル原生の、話題のフルーツ 「 サジー
 またの名を「チャチャル」、またの名を「シーベリー」、またの名を「シーバックソーン」  ・・またが多すぎでしょ ^^;


サジージュースを毎日50ml、飲み始めましたが、

 ( → サジージュースの体験レポートはコチラ  )

あっという間にひと瓶あけてしまったので^^

追加の注文が届くまで、セットで頼んだオイルカプセルをお試し-♪

スーパーフルーツ サジー オイル


ジュースと違って、クセがないので、ジュースが苦手な人には

このオイルカプセルをぜひ試してみてもらいたいですネ ^^



●サジーのオイル(チャチャルオイル)とは?


厳しいモンゴルの自然環境の中で育つサジー。

冬には -40℃ にもなる極寒でも、凍結せずに生き抜くため、

サジーには優れたオイル成分が含まれているのです。


その栄養価は果実ジュースに勝るとも劣らないスゴさ!!

  → 詳しくはこちらのサジー解説記事を参照

原料になるサジー 1トン から、わずか 2kg しかとれない貴重なオイル。

モンゴル自生の天然木から手摘み採取したオーガニックな原料オイルを、

植物由来のカプセルで包んだ、それはもう 宝石 のようなオイルカプセル (*^ ^*)


ってことで、飲みまぁす。


サジーのオイルカプセル2
 キレイ♪ やや粒が大きめでしょうか

サジーのオイルカプセル3
 一日に4~6粒を、お水と一緒に・・・

サジーのオイルカプセル4
 全くクセがなく、飲みやすいです ^^


もうね、とにかく、

 ○β-カロテンがあのニンジンの 18

 ○ビタミンEがあのアーモンドの 3

 ○不飽和脂肪酸があのゴマ油の 2


などなど、挙げればきりがないくらいスゴイ栄養素を

たっぷり持っていますから、カラダに悪いワケがないのですよ (^O^)


気温差が最大 95℃ 以上、平均標高 1500~2000m の高緯度高原で、

紫外線は日本の 2倍 もの量が降り注ぎ,

年間降雨量 300ml ちょっとという乾燥地帯。


そんな過酷な環境下で、7000万年 以上も生き続けてきた

奇跡のフルーツですから (゚o゚;;


そのパワーを存分にカラダにとりこめば、もう

これ以上ないアンチエイジング対策となりますね ♪

サジーのオイルカプセル1



サジージュース、サジーのオイルカプセルは、

こちらのサイトから購入できます↓↓↓
  







●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓







「 生物はがなくてもだけで生きられる - 」


こんな話を聞いたことがありますか?

ベストセラー「腸内革命」他、腸に関するたくさんの著書をお持ちの

医学博士・藤田紘一郎先生の言葉なのですが、

先日藤田先生のインタビュー記事を読んでいて、ビックリ (゚o゚;;


腸は、単に食べたものを消化吸収するだけの臓器ではなかったのです・・・

腸と腸内細菌の働き



●腸が果たす3つの役割


腸の中には、ビフィズス菌や大腸菌などの腸内細菌が、

一千兆個 も存在しています!

 一千兆って・・・ 重さにして約1.5kg、スゴすぎ (@@;)


この、腸と腸内細菌のタッグが、

 ○ ビタミンをつくる

 ○ 免疫力を高める

 ○ 幸せ物質をつくる



という大仕事をやってのけるのだそうです。


「えっ?ちょっと大げさでしょ?!」 と思いきや、

46億年前に生物が誕生して以来、そのほとんどの期間、

生物は腸だけで生きてきて、脳の働きも腸が担っていたのだそうですよ。

 ミミズは今でも腸だけで生きてるらしい・・・



●ビタミンをつくり、活性酸素を抑える


ビタミンは肌をキレイで丈夫に保つ、エイジングケアの基本。

・コラーゲンの材料となって肌にハリをもたらしたり、抗酸化作用で老化を防止するビタミンC

・新陳代謝を促すビタミンB群


ビタミンは体内ではつくられないものですが、腸内細菌はそれを合成してくれます!

体内で合成されたビタミンは、外から食べ物やサプリで摂取したものより、

吸収されやすいという特徴も。


また腸内細菌は放射能にも強い物質なので、人間のカラダを放射能活性酸素から

守り、細胞の老化やがん化の原因を抑えてくれるというワケ (^-^)


腸内細菌のパワー、スゴイです!



●人間の免疫力の70%を担う腸


病気予防には欠かせない免疫力。

腸粘膜には、全身の免疫細胞の 70% が集中しているそうです。

腸内細菌が十分なら、たとえO157が入ってきても、菌を追い出して

感染を防ぐ力が備わっている!

アレルギーに対する自然治癒力も高まるそうですよ。


また腸内細菌は、がん細胞を攻撃するNK細胞をつくりだし、さらには

NK細胞を活性化させるインターフェロンαも出して、がんリスクを

抑えてくれるのです (^-^)



●ドーパミンもセロトニンも腸がつくる


人間はドーパミンが出ると快感ややる気が沸き起こり、また

セロトニンが出ると心が落ち着いてリラックスし、心のバランスが保たれます。


この、ドーパミンとセロトニンの2つの脳内物質は 「 幸せ物質 」 と呼ばれますが、

んと!

この幸せ物質も、腸と腸内細菌がつくっているのだそうです (゚o゚;;


セロトニン不足はうつ病の発症原因と言われているので、

腸内細菌はうつ病抑制にもひと役買っているわけですネ


さらに、腸内細菌にはストレス反応を抑える作用もあり、腸内細菌の

働きによってストレスホルモンの分泌が減ることが実証されているそうです。



るべし、腸と腸内細菌の大車輪の活躍!!



「 腸をキレイにしたら便秘も治ってダイエットにも・・ 」

くらいにしか考えてなかった浅はかさを、反省 - m(_ _)m



腸内細菌に元気に働いてもらうためには、

なんといっても、「 物繊維 」 と 「 ーグルト 」 でしょう ^^

mugi4.jpg 抗酸化にバナナ その4 抗酸化にバナナ ヨーグルトやブルベリーソースと


細菌が腸内に一千兆個・1.5kgと聞くと、ちょっときもちわるい気もしますが ^^;

腸の働きっぷりを、しっかり応援していこうと思いました (^O^)

 → 食物繊維には麦ご飯がおすすめ



●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓






やっぱりね、おいしいものを食べる幸せ って、あるじゃないですか^^

軽井沢のおいしい和食

ダイエットだからカロリーを○kcalに制限しなきゃ・・」とか

炭水化物はやめといて・・」とか

油ものは控えめに・・」とか

食後にこのサプリ摂らなきゃ・・」とか


あれこれあれこれ考えながら食事したり、食事我慢したり。


これ、やりすぎると精神的に良くないし、

精神的に良くないものはカラダにも良くないし、

エイジングケアやってるはずが、逆に気持ちを落としてしまって

老いめて しまったりするのでは?


なんて思うわけです。



なので、いつもカタく生き過ぎず、たまには、

例えば旅行行ったりとかしたときとか、

「 おいしい-♪ 」 と思えるものをお腹いっぱい食べることも、

とても大事なエイジングケアだと思うのです^^


(だって生きてるうちにあと何回美味しいものを食べられるかわかんないんだし^^;)


ってことで-

軽井沢でアンチエイジング

ふらりと訪れた 「 井沢の 」 は、

おいしいものばっかりでした (*^_^*)




↓旬のものや地のものがてんこ盛りの、コテージの和朝食

軽井沢のおいしい和食


ホントおいしくて、ゴハンおかわりしちゃうほど (^p^)

軽井沢のおいしい和食


翌朝は気分を変えて洋風ブレックファースト^^
ヨーグルトもブルーベリーも、なんと自家製♪

軽井沢のおいしいモーニング
                          ・・・食べかけゴメン


お昼はなんといっても、おそばでしょ?!
                              ↓我が家の女王様もクギづけ
軽井沢のおそば


美味しいものを思いっきり食べて、カラダ動かす!

そして夜はぐっすり寝る (- -)゜zzz…


これが大切ですよね^^


ちなみに夜のごちそうは、 イン で酔っ払ってしまって

写真に収めるのを忘れてしまいました^^;



また行こうね♪

軽井沢でデトックス 軽井沢でデトックス






●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓






夏、食欲がない・・・ (;´д`)

そんなときにピッタリなのが干し^^

梅干しでアンチエイジング

うわぁー、だ液でるぅ~ (><)

私はおにぎりが好きで、よくつくったり、お店で買って食べたり

するのですが、夏になるともっぱら 梅干しのおにぎり なのです^^

梅干しのおにぎり


あの、思い浮かべただけで口の中がキュンっとっぱくなる

梅干の威力!


「梅干しは食欲増進効果があるのよ」

なんてわざわざ言われなくても、

おにぎりムシャムシャいけちゃいます^^;


梅干以外だと、おコメがモサついて全然のどを通ってくれないのに、ホント不思議~


おにぎりキツいよ、という方は、 梅のお茶漬 (^O^)

これなら、サラサライケルしょ?!



梅干しの酸っぱさが舌にわると、それが消化器官にわり、

消化液が分泌され、胃や腸が活発に働き出すので、食欲

わいてくるのだそうです。


なんだか、わかるぅ~

酸っぱさに刺激されて消化液が出てくる感じ (^p^)

梅干しでアンチエイジング


●梅干は立派なアンチエイジング・フード


でも、梅干には他にもたくさんの美容健康効果があるようです。

例えば、あの酸っぱさの源泉 「 クエン酸 」 。

クエン酸には血流改善効果があり、細胞の新陳代謝

促してくれます。また血管の老化を防ぎ、動脈硬化などの

生活習慣病の予防にも役立ちます。



そしてもう一つ、アンチエイジングの最大のテーマである

抗酸化 」 にも威力を発揮。

マグネシウムや鉄分、カルシウムなどのミネラル類

豊富で、酸性に傾きがちな体内をアルカリ性に引き戻してくれるのです!





他にも、免疫細胞を増やしてカラダの免疫力を高めたり、

紫外線に対する免疫強化作用で紫外線から血管を守ったり、

抗菌作用で病原菌をシャットアウトしたり、

肝臓の働きを高めて二日酔いを防止したり、

唾液がエネルギー代謝をスムーズにして疲労回復に寄与したりと、

さまざまな「梅干効果」がうたわれているのですよ♪


梅干が昔から 「 医者いらず 」 と言われてきた理由がよくわかりました。

お医者さん


それにしても、昔の人の生活の知恵って、スゴイですね!



梅干し食べて、元気に夏を乗り切らなきゃ♪

梅干しのおにぎり


(でも塩分多いので食べ過ぎ注意!)




●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓






関連タグ : 抗酸化, ,

8月11日はスーパームーンですね 

スーパームーンのアンチエイジング3


スーパームーンとは、月が地球に最も接近した時に

満月(もしくは新月)になる状態のこと。



つまり、満月が、普通よりもきくるいんです!

大きさにして14%、明るさにして30%も明るくみえるそう (゚o゚;;


今年はスーパームーンが3回もあるそうですが、今回は

その中でも最大の、「エクストラスーパームーン」 


そのビンゴの時間は、「8月11日午前2時43分」

つまり、明日10日(日曜)の夜中、ってことですね。


今年8月11日のスーパームーンは、午前2時43分に、月が地球と356896kmに
最接近し、その26分後の午前3時9分に満月を迎えるそうです。




台風の接近で、この素敵なお月さまとの出会いが

阻まれてしまうかもしれませんが・・・

てるてる坊主下げて、幸運を待ちましょう^^

てるてる坊主

ワクワク ワクワク ・・・




●最大のエネルギーが地球に降り注ぐとき

スーパームーンのアンチエイジング4


満月には大きなエネルギーが宿ると言われますよね。

実際海や大地は、1ヶ月の中でも満月の日に、

最も月と太陽の引力に引っ張られ、

動物の体内の血液リンパ液も、あるいは人間に宿るオーラまでも、

月と太陽に引っ張られるのだそうです。


狼男が狼になるのも満月の夜^^

スーパームーンのアンチエイジング5



人間の体内器官には、脳・胃・腸・肝臓・胆嚢・膵臓・・・

すべて「月」という字ががついてます。

また腕・肘・脇・膝… などにも。

それほど、月のエネルギーとカラダのリズムは

関係が深いということなんですね。



ムーンパワーMAXの満月の日は、食べた物が全部身につく 「 吸収の日 」 。

(逆にその日以降新月までは、浄化の期間にあたりダイエットやデトックスにおすすめな期間)


だから満月の日、特にスーパームーンの日には、

最高の パワーフード で体内にエネルギーをチャージし、

疲れたカラダを一気に若返らせるチャンス!!



各部位の凝りや痛みを吹き飛ばすのにも、

くすんだりシワったりした残念なお肌を美肌に切り替えるのにも、

なんとなくダルくて疲れの取れない状態をピリッとさせるのにも、



ガッツリとパワーフードでアンチエイジング!


でっかくまあるいお月さまを見ながら、

エネルギーチャージしましょう!

(がんばれ、テル子♪)

てるてる坊主



おすすめはやはり、ニンニクっしょ(^q^)

生姜料理もイイネ(^q^) 豚の生姜焼きとか・・

この時期おいしいウナギもいいですね(^q^)


スーパームーンにパワーフードのにんにく スーパームーンにパワーフードの生姜 スーパームーンにパワーフードのうなぎ




ダイエット中の人も、スーパームーンには

パワーフードをガッツリいっといた方がいいですよ!

きっと体内にチャージしたエネルギーで、やる気や躍動感が

みなぎってきて、その後のダイエットワークも、スムーズになるハズ♪


お水も、おいしくて清らかなピュア・ウォーターを

たっぷり体内に送り込みたいですね^^

 ( → おすすめ ATP水素水の記事



ちなみに易学的には、水晶満月にかざしてこの天然水の中に

入れて洗うと、水晶が満月のエネルギーで浄化されて光り輝き、

プラスのパワーをもたらしてくれるらしいですよ(*^^*)

水晶をつけた浄化水をいただくのも、またよし。



スーパームーン、出てくれるといいな♪

スーパームーンのアンチエイジング1
都会にのぼるスーパームーンは、こんな感じでしょうか^^

スーパームーンのアンチエイジング2
のぼってくるときの地平線上の月は、とりわけ大きく見えるよね^^

スーパームーンのアンチエイジング4
晴れてほしいなぁ 台風かなぁ





●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓






話題のサジー、購入して試してみましたよ^^

サジーはモンゴルになんと7000万年前から自生するフルーツ。

奇跡のフルーツ サジーの実

枯れた大地で、気温差90℃以上と言われる過酷な環境の中で生き抜くために、

サジーはとんでもないレベルの豊富な有用成分を持っているのです!


私が購入したのはこちら ↓

スーパーフルーツ サジージュース

イエロードクタージャパンの「チャチャルジュース」

  → しい製品情報はこちら


ちなみに「サジー」というのは中国名で、モンゴルでの呼び名は「チャチャルガン」、

ヨーロッパ名は「シーベリー」、英名では「シーバックソーン」・・・

と、さまざまな呼び名があるようです^^;


チャチャルジュースは、最も過酷なモンゴルの環境下で育つ天然サジーを

使用しているので、モンゴル名からとった名前ですね。


スーパーフルーツ サジージュース 成分
(ちなみに品名には英名「シーバックソーン」が使われています)



さてさて箱を開けてみると・・・
(通販はハコを開けるときのワクワク♪がたまりませんネ^^)

スーパーフルーツ サジー(チャチャル)通販 スーパーフルーツ サジー(チャチャル)通販

いろいろ、リーフやらレシピやらが同封されています。



スーパーフルーツ サジージュース

お礼のお手紙も入ってます^^



私が購入したのは、ジュースとオイルのお試しセット。

スーパーフルーツ サジージュース スーパーフルーツ サジー オイル


サジーには、-40℃の厳しい環境下でも育つために

上質で凍らないオイルも含まれているのです。

原料1トンから2kgしかとれない貴重なオイルのカプセル(^O^)

ジュースを試したら、オイルもその後、試してみたいと思います。
(分けて試さないと、効果が混ざっちゃってわからなくなるからね)



それにしてもサジー(チャチャル)ジュース、見た目から 濃厚 です (゚o゚;;

スーパーフルーツ サジージュース アップ
(スゴーイ、こんななってマス)


そして蓋を開けてグラスに注いでみます。


ん? 独特の匂いが・・・

なんというか、見た目のイメージに近い、ニオイ^^;

見た目ちょっと、ウニのソースを彷彿しましたが、匂いもちょっと

ウニクリームのようなニオイといいましょうか^^;;


私は嫌いじゃないです。新鮮でたくましい雰囲気満載で♪

青汁とかもそうですが、ニオイによって、

ウオォォー、めちゃ健康に良さそう-★

と思い込むタイプです。

(苦手な人もいるかもしれませんね)



グラスに注ぐと・・・

スーパーフルーツ サジージュース 体験 スーパーフルーツ サジージュース 体験


イイネー イイネー ♪


ラベルにも飲み方が書かれていますが、

スーパーフルーツ サジージュース 飲み方

1日に50~100mlくらいを、そのままでもよし。

ストレートがきつい人は、お水や、いろいろなアレンジレシピでいただくのもよし。



ということですが、やっぱりそのままで試したいですよね!

こういう健康ものって、濃厚な現品を、ちょっと眉間にシワでもよせながら、

グイっと飲むのがオススメです。

その方が 「 効いてる 」 感じがするから (*^_^*)



さてさてそのお味は・・・


ん? やっぱり見た目のイメージに近い、ウニの風味がなんとなく^^;


 ○濃厚な甘酸っぱさで

 ○オーガニックな土臭さもあり

 ○モンゴルの大地をおもわせる重厚感



そんな味でしょうか。

好き嫌いはありそうですが、私大好きこういうの!!


飽きたら、何かアレンジしていただくかもしれませんが、

しばらく原液のまま続けてみます ♪


スーパーフルーツ サジージュース



サジーは「奇跡の果実」「スーパーフルーツ」などと呼ばれる、
驚くほど栄養成分の豊富なフルーツです。

アンチエイジング世代のパワー注入にはピッタリ!
 



(気になる方はコチラ↑をクリック)






●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓







最近気になっている美容フードのひとつに、

「 サジージュース 」

があります。

スーパーフルーツ サジージュース



雑誌でも取り上げられたり、モデルやビューティ系の

タレントさんのブログでも紹介されたりして、

巷でちょっとした話題にもなっているようです。

(平子理沙さん、AKB川栄李奈さん、川島なお美さんなどなど…)


このサジーというのは、モンゴルに原生するフルーツで

別名チャチャルなどとも呼ぶそうですが、このサジーに

含まれる成分が、とにかくスゴイ… (゚o゚;;



スーパーフルーツ・サジーは、美容に大変効果を

発揮してくれるようです^^


 → 理人イチオシのサジージュース





●奇跡のスーパーフルーツ「サジー」


サジー(チャチャル)は、モンゴルやチベットなどの、

標高2000mを数える、自然環境の大変厳しい土地に自生する植物。


枯れた土地、夏冬の気温差が90℃以上となる気候など、

決して植物が育つのに適した環境とは言えない土地で

自生するサジーは、その厳しい環境で生き抜くために、

自らの中に豊富な栄養素をたっぷりと内包し、

自らの力だけで生きていくたくましい生命力を培ったと言えます!


サジーは7000万年以上も前から生育してきた、

太古からの生存植物なのです。

奇跡のフルーツ サジーの実
(こんな感じのオレンジの実)


サジーの実の成分の一例を挙げると-


ビタミンCイチゴ・キウイの5倍、レモンの3倍
ビタミンEアボガドの33倍、ほうれん草の52倍、ニラの44倍
鉄分プルーンの15倍、ほうれん草の3倍
不飽和脂肪酸胡麻の3倍、アボガドの7倍


という凄まじさ!


サジーには他にも、200種以上の有用成分が含まれていて、

日常生活で不足しがちな栄養成分を、サジージュースが

たっぷり補ってくれるというワケ(^O^)


まさに奇跡の果実と呼ばれるにふさわしいスーパーフルーツですネ


いやはや、こんなにもスゴいフルーツがこの世にあったなんて…

世界はひろいなぁ




●美容にも健康にもおすすめのサジージュース


スーパーフルーツ「サジー」は、スーパー過ぎて^^;

いったいどこをイチオシしたらよいのかわかりませんが^^;;

高い抗酸化作用、免疫機能の強化など、

美容にも健康にもいいことずくめ!


アンチエイジング世代には、失われた若さや元気を取り戻し、

これ以上老化が進んでしまうのをグイっと引き止める、

強力な助っ人になってくれるかもしれません。



ということで、

「気になるなら、試せよ」

という内なる声に従い、購入してみましたよ♪


「イエロードクタージャパン」の「チャチャルジュース」


ちなみにサジー(チャチャル)は、原産地モンゴルでは

「Yellow Doctor」 とも呼ばれているのだそうです。

体の不調に抜群の効果を発揮してくれる黄色い果実の野生の薬、

という意味ですね。



さーて、サジージュースの効き目やいかに?!


フフッ・・


続きは今度また、レビューさせていただきます^^



↓↓気になる方はこちらをチェック↓↓
 









●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓








関連タグ : 抗酸化, サジー,

暑いですねぇ

最近こればっかり言ってる気がしますが^^;

今朝は熱いお茶を一杯いただいて、気分がスッキリしました。

美容に良いお茶



最近お茶を見直す機会が多くなった気がします。

以前は「Tea or Coffee?」と問われれば

100%コーヒーでしたし、

朝の一杯もコーヒー

「お茶行こー」と友達とお店入るのも、コーヒー

食後も(洋食系の食事内容のせいか)ほとんどコーヒー

夜のリラックスもコーヒー


・・・と、日本人ながら、緑茶をいただく機会はもしかして

コーヒー以下?? という時期もありましたが^^;



最近は「まず緑茶!」そしてティータイムや食後には「紅茶」

アブラっこいものには時々烏龍茶、

そして空いた隙間にコーヒー、という具合。

 (飲み過ぎでね?)


とにかく、お茶を飲む機会が増えました。


でもこれは決して、トシとった証拠ではありません!

きっと、お茶の持つ美容健康の効能に、カラダが目覚めたのだと思います。

だって、お茶にはカラダによい成分がいっぱいなのですから♪



○カテキン

 お茶の持つ渋み成分で、コレステロールや体脂肪を低下させる
 働きがあったり、抗酸化や抗菌作用があります。

○テアニン

 お茶の持つ旨み成分で、血圧低下や神経細胞保護、それに
 リラックス作用などがあります。

○カフェイン

 覚醒作用(疲れや眠気をとる)の他、持久力増加や二日酔い防止
 の効果もあります。

○各種ビタミン

 美容には欠かせないビタミンB2・C・Eなどの他、βカロテン・葉酸
 なども含み、美白にも抗酸化にも、老化肌の再生サポートにも効果的。



他にもミネラル、フッ素、サポニンなどなど、数多くの
健康成分が緑茶にはあるのです。 


これは・・・

「もっとガンガン飲まなきゃ!」


きっと私のカラダが緑茶を欲しているのです。


(ん?結局やっぱり、トシとった証拠ってことかな? ^^;)




●お茶も紅茶も烏龍茶も、出身は同じ?!


お茶は、茶樹(ちゃのき)というツバキ科常緑樹の葉を

摘み取って乾燥させたもの。

茶畑
(茶畑↑ 小さい頃、おばあちゃんの家の近くの茶畑でよく遊んでました)

お茶の葉の、香ばしくかぐわしい香りは、癒し効果もあり、

また食欲もそそる、何とも言えないいい香りです♪

やっぱり日本人の食生活には、絶対に欠かせないアイテムですよね。

では同じ茶でも、紅茶や烏龍茶などは、どのような生い立ちなのでしょうか。


実は、すべて同じ、茶樹の葉を摘み取って作ったものなのです!

(今まで知らなかった・・・ ちょっ、恥ずかし(>_<)


ではいったいなぜ、あんなに味も色も違ってくるのでしょう?

それは、茶葉を摘み取ったあとの発酵のさせ方によるものだそうです。

 完全に発酵させて作られるのが紅茶、
 烏龍茶は半分だけ発酵させ、
 緑茶の場合、まったく発酵させていません。


この違いだけで、あんなにも違った味わいの茶が生まれるのは、

ちょっと驚きですね。


茶樹の原産地は中国南部。

中国で「チャ」や「テェ」と発音されるお茶は、日本語の「ちゃ」、

英語の「ティー」と、すべて同じ語源から来ているのです。


お茶は中国から世界中に広がり、その土地の食習慣や

文化に馴染んで独自の発展を遂げ、世界中の人々の

美容と健康をサポートする飲み物に進化したようです。


ちなみに日本でのお茶の始まりは、奈良・平安時代に

僧侶が唐(中国)から茶樹の種子を持ち帰ったのが始まりだそう。


意外と、新しい気もしますね;

(もっと、ずっと昔からある文化かと思っていましたが)



●お茶を楽しむ贅沢な時間


日本では昔から、朝一番にお茶を飲むと良い、と言われてきたそうです。

確かに私の父母・祖父母のライフスタイルには、その習慣が

身についていたように記憶しています。

朝一番のお茶


「朝茶はその日の難逃れ」と言われ、

朝お茶を飲むと、カラダによいのはもちろん、気分も

落ち着いてリラックスでき、一日のスタートを気持ちよく切れる

ことから、災いが起きにくい、という格言です。


確かに、朝、一日の始まりに熱いお茶をいただくのは、

リラックス効果が高い気がしますね♪


習慣になっていると、なんだかそのありがたみを忘れがちに

なってしまいますが、夏になって暑いので、冷たいペットボトル

ばかり飲んでしまいがちな日々が続くと、ふと、


「この暑ーい一日のはじまりに、熱ーいお茶をゴクリといただく」


この快感に、気持ちが戻ってくるのでした(^-^)


紅茶の国イギリスでも、「アフタヌーンティー」の優雅なティータイムばかりが

連想されますが、実は「アーリーモーニングティー」という言葉があり、

目覚めの紅茶が、寝起きのカラダにカフェインやカテキン、ビタミン類

などを補給し、気分を活動モードに切り替えるスイッチの役割を

果たすとされてきたのですよ。


朝、一日の始まりに
午後、リラックスした優雅な休憩のひとときに
夜、一日の疲れを癒すクールダウンに


お茶時間をたのしみたいですね^^


楽しむといえば、茶柱が立つのも、

「ラッキー感満載♪」

で、楽しいですよね。


茶葉に紛れ込んだ茎が、急須をすり抜けて茶碗に入り、

さらにその茶の海の中で浮いて立つ、という、偶然の重なり。

極めて珍しいことから、縁起がいい、運がいいと言われます。

茶柱の立つ姿は、見た目にもワクワクさせてくれるので大好き!

小さい頃、家族の中で私がいちばん茶柱を立てるのが

上手だというのでいつも自慢してたのを思い出しました^-^



そしてこの茶柱伝説も、日本だけではありませんでした。

紅茶の本場イギリスでは、

「紅茶の表面に茶の茎が浮かんだら、ハンサムな男性にめぐりあえる」

というロマンティックな言い伝えが。

茶の茎が浮かんだら…なので、茶柱を立てるよりハードルは低いかしら。


現代人って、ホント忙しいから、お茶の時間で

ゆったりくつろいで、気分をリフレッシュすることが

とても貴重なのかもしれませんね。





●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓









関連タグ : お茶,

本日7月29日は何の日?

・・・そうです! 土用の丑の日^^

アンチエイジングにウナギ
ジャジャーン! ウ・ナ・ギ! ウ・ナ・ギ!


子供の頃、母親に「今日は土用の丑の日だからね♪」

と言われて出されたうな丼を前に、

「これ、牛? ウシ?…」

と、混乱してましたが、これは誰でも通る道でしょうか^^;



●土用の丑の日の由来?!


そもそも土用の丑って、何?

というお話ですが、これは単純に暦です。

「土用」というのが、立春・立夏・立秋・立冬それぞれの直前に

あたる約18日間の期間を指し、その中で十二支の丑(ウシ)に

当たる日が土用の丑。



つまり土用の丑は、年に4回あるのだそうです。


このうち立秋前の7月終わり頃にやってくる土用の丑の日が、

1年でも最も暑く、夏バテになる時期であることから、

栄養たっぷりのウナギを食べてスタミナをつけ、夏を乗り切ろう!

ということで「ウナギを食べる土用の丑の日」になったのです。


ではなぜウナギか・・・という話。

「土用の丑の日にウナギ」の由来には諸説あるそうですが、

よく知られているのは、

 お客がつかず、商売に困っていたうなぎ店が、平賀源内に相談したところ、

 「“本日丑の日”と貼り紙を出してみるがよい」

 とアドバイスをもらい、その通りにしてみたところ、

 その貼り紙のおかげでお店が大繁盛した-

というものらしいです^^


昔から日本人は、この手のPRに弱かったのでしょうね。




●ウナギは滋養強壮の源


もちろん、土用の丑にウナギが定着したのは、

ウナギが抜群の滋養強壮力を持った、栄養豊かな食材で、

暑い夏を乗り切るのにふさわしい食べ物だったから!


 ・豊富なタンパク質
 ・100グラムの蒲焼きで2日分が摂れるというビタミンA
 ・疲労回復に寄与するビタミンB1
 ・お肌の細胞再生に効果があるビタミンB2
 ・骨や血液など体の主要部分をつくるカルシウム、鉄分
 ・カルシウム吸収力を20倍に高めて骨粗鬆症を防ぐビタミンD
 ・抗酸化と老化防止で美容には欠かせないビタミンE
 ・お肌をプルプルにハリを出すコラーゲン ・・・


体に必要な栄養素が、これでもかというほど豊富に含まれているのです。


エイジングケア世代にはもってこいの食材ですネ♪

(価格が安ければ、もっと高頻度で食べたい食物です)


ウナギは脂っこいイメージがあり、その脂が逆に太る原因に

なったり体に良くない部分もあるのではないか、と思われそうですが、

その多くは不飽和脂肪酸のEPAやDHA

つまり、肉類の脂質とは違い、体によい脂分なのです。


スーパー食材のウナギ。

これはもう、少々高くても、食べなきゃ!!




●ウナギが早晩食べられなくなる?


ニホンウナギ (※) の絶滅危惧種指定の話題が世間をにぎわせていますね。

私たちがこよなく愛するニホンウナギが、厳しく輸出入規制されて、

もう一般家庭では食べられなくなるかも・・・


ウナギはそんなにお安くないし、食べるのはせいぜい年に2~3回(?)

くらいのものだけれど、いざこういう「ウナギピンチ!」の

ニュースを聞くと、「えーーっ」なんて衝撃が走ってしまいます。


やっぱりこの時期、土用の丑の日のあたりになると、

ウナギを食べないと夏が始まらない気がしますから(*^^*)




●なぜウナギはいなくなってしまったの?


以前から「ウナギは貴重な資源」と言われていたような気がするのですが、

なぜここへきて絶滅が騒がれるようになったのでしょうか。



答えは、単純に「獲り過ぎ」

…うーん、ちょっと残念な事実ですね。

川の汚染などの問題もあるようですが、それにも増して、

無計画に獲り過ぎてきたことが大きい (ーー;)


今から50年前には、年間200トン以上あった稚魚のシラスウナギの漁獲量が、

今ではなんと10トン前後にまで激減しているのだとか。

価格も高騰するはずですね。



成魚(親ウナギ)の乱獲に加え、養殖用の貴重な資源となる

稚魚のシラスウナギを無計画に獲り続けたことで、

気がついたら絶滅寸前まできていた・・


なんだか、何とかならなかったのかなー、と、悲しくなります。



ウナギの生態は未だに謎で、秋から冬にかけて

日本の川を出発したウナギは、2000キロも海を南に下った

マリアナ海溝付近で産卵をします。

そして生まれた稚魚は、黒潮の海流に乗って日本の海岸・そして川に、

正確に戻ってくるのだそうです。


この生態の謎も、資源保護になかなか踏み込めなかった理由だとか。


2000キロもの長旅を経てちゃんと日本に戻ってきてくれた

シラスウナギを乱獲して、絶滅に追い込んでしまうなんて、

何としてでも避けたいな。



日本は、世界のウナギ消費量の7割を占め、また最近では

「中国からの条約違反のウナギ輸入」

の話題も盛んにニュースで取り上げられていますから、

今後ますます世界の中で風当たりが強くなっていきそうです。


日本の食文化の代表格とも言えるウナギを、

子供や孫・その次の世代まで残してあげられるように、

大切に育て、味わって行きたいですね。

アンチエイジングにウナギ



ニホンウナギは、世界に19種いるウナギのひとつです。
日本人がうなぎ料理として食べている種は、このニホンウナギ。
国内で消費されるニホンウナギの99%以上は養殖もの。
その産地は、国内養殖が約40%強、残りは中国・台湾からの輸入です。





●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓





関連タグ : ウナギ, DHA・EPA,

アラフォー(ホントはアラフィフ^^;)世代にとっての憧れの女性って、

誰でしょう?


最近輝きまくってる女性と言ったら、やっぱり小泉今日子さんですね。

キョンキョン、同世代(ちょい上)ですけど、キラキラしてて眩しいなぁ。



10代の若い時も、もちろん キラッキラ☆ に輝いていて、

常にトップアイドルで、

それはそれで素敵でしたが
(そして女性からはどちらかというと嫌われる存在でしたが ^^;)


大人になって、その自然体の佇まいが、ホントに素敵-


ヤレ美魔女だとか「美しすぎる40代」だとか、サプライズな外見を競う

ブームもありますが、キョンキョンの場合、そんな次元を通り越して、

「四十肩」だの「老眼で見えねえ」だののありのままを素で出しながら、

年齢相応の女性の輝きを放ちまくってる感じ..・..・。..・°


いやあ、素敵だなー



●「最後から二番目の恋」はビタミン剤


小泉今日子さんの最近の活躍といえば、「あまちゃん」、そして、

「最後から二番目の恋」ですよね♪


2年前に放送されて、その後まさかの「スペシャル」があって、この4~6月に

「続・最後~」がめでたく放送されましたが、もうこれが先日終わっちゃったのが、

寂しくて寂しくて・・・


最恋ロス?


千明(キョンキョン)と和平(中井貴一さん)の絶妙な掛け合いと、

微妙な距離感の愛情・・・ というより「恋心」の表現が、もうホント最高でした。

最後から二番目の恋 小泉今日子さん
(これはオトナ花火のシーン よくないですかー?)


大人の恋愛というか、
大人でもこういう恋をしていいんだ、というか、
こんな「友達以上」の心地よい異性の友達が、いたらいいな、とか、

二人合わせて100歳という、千明と和平の関係が、

本当に楽しくて、幸せなのに涙がうるっとこみ上げてくるような、

極上のホーム・恋愛ドラマでしたね。


ああー、終わっちゃってさびしー

(ていうか、録画したのを、もう何度も何度も繰り返し見てます^^;)



40代に、あこがれの壁ドンの恋愛は難しいかもしれませんが(汗)
恋愛で老化防止
(ちなみに私にはダンナさまもおりますし;;)


でもこんな大人の恋愛は、してみたいなー

と思わせてくれるドラマでしたね。



でもこれ、キョンキョンだからできた自然体の表現だったと思うのです。

あまちゃん観てても、キョンキョンのあの自然体な「天野春子」がいたから、

あのドラマがあれだけ面白くなったのだと思うし。


なんだか最近すっかり、小泉今日子さんの魅力にハマってしまっております。


最恋、さらなる続編を、いつの日かやってくれないかなぁ・・・



今回すごく感じたのですが、ドラマや映画って、

自分の脳内を刺激する、 最高のビタミン剤 になりますよね?!

ピリピリ・ちくちく・ときにキュンキュン -

トシを重ねれば重ねるほど、遠くなっていた感覚、
フタをしていた感覚みたいなものを、きちんと掘り起こしてくれるような、
ジューシーな心のビタミン剤みたいな。



私には立派な(?)ダンナさまがいて、いわゆる普通の幸せな家庭を

築いているのですが、お友達には、ドラマの千明のように、

結婚せずバリバリ働いてきて、それはそれで充実したキャリアを積んで

満足や納得のいく人生を送っているのだけれど、やはり女性として

結婚や出産、そこにつながる恋愛というものに、いろいろ

悩みや葛藤を抱えながら生きている女性も何人もいて、

そんなアラフォー・アラフィフ世代の女性心理を、見事に切り取ってもいたと思います。



まあ、そんな重い捉え方でなくても、単純に

中井貴一さんと小泉今日子さんの酒酔いでの掛け合いシーンは、

「絶対これ100%アドリブでしょ?!」

と思わせるおもしろさを、大笑いできて、きもちいードラマ♪


うん、ホント、心のビタミン剤になるよ^^



この「最後から二番目の恋」、鎌倉が舞台で、その鎌倉の魅力が

存分に描かれていたのも、おすすめのポイントでした。


実は私も、鎌倉~藤沢あたりに長らく住んでいた「湘南っ子」だったので、

見慣れた風景や、よく行ったお店などがロケ地になっていたことも、

気分がアガって楽しかったです♪

最後から二番目の恋 鎌倉由比ガ浜 最後から二番目の恋 鎌倉アマルフィイ


鎌倉いいところだよなー

(ちなみに写真は、由比ガ浜と、イタリアンのアマルフィイ・デラ・セーラですね)


江ノ電使って通勤していたOLの頃が、とても懐かしいです(*^^*)

(終電めちゃ早くて、帰りはいつもタクシーでした)




●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓




関連タグ : , 芸能人,

老化のサイン、気になりますね。

いつも気にして鏡の前でにらめっこしているお顔などは、まだ
自覚があるものの、全然自分自身が気づいていないところで
老化のサインが出ていたら・・・

ひとは自分のどんなところを見て、「あ、トシとってる」と感じてしまう
ものなのでしょうか。

知っておくに越したことはありませんね。

チェックしてみましょう。



●やっぱり気になるお肌

お肌には、4つの老化のサインがあるそうです。

 ①シワ(眉間や目尻のシワ)
 ②ほうれい線
 ③くすみ(まぶたや目の下)
 ④たるみ


今さら言われなくても・・・、といった感じでしょうか。

どれも、恐怖のエイジングサインですよね。

目元は皮膚が薄くとてもデリケートで、老化以外でも、乾燥肌や
アレルギー、コンタクトの使用などでシワが出やすくなるのだそうです。

目は口ほどにモノを言う場所ですから、できるだけ目立たなくしたいところ。
でも厚塗りメークは却って目元に負担をかけてしまい、シワを深くして
しまうことにつながるので要注意!


たるみやほうれい線は、お肌に柔軟性・弾力性がなくなった証拠。
重力に負けてしまって、下がる一方に・・・

もともと肥満気味(失礼;ふくよか)なお顔の人は、特に気をつけたほうが
いいですね。ある日ふと鏡を覗き込むと、

「顔がブルドックみたい(ToT)」

と、立ち直れなくなることも。
どちらかというとやせ型の私でも、

「えーーっ、やせ型のブルドックみたい」

と、衝撃を受けましたから。



●老化の症状

お肌以外のエイジングサインにはどのようなものがあるでしょうか。


①白髪(・薄毛)

 髪の毛の変化も、トシを感じさせますよね。
 すごくきれいに身だしなみを整えていても、白髪がはらりと目についてしまうと、
 一挙に老け込んだ印象になってしまいます。

 私の場合はストレスと寝不足からか、30代前半くらいからチラホラと白髪が
 出てきたので、こまめにカラーでお手入れしています。


②イボ・ぽつぽつ

 イボも、「ガックリ」と脱力を誘うエイジングサインですね;汗

 40代以降にみられるホクロらしきもの、「イボ」です。
 色素過剰沈着、つまりは新陳代謝が衰えて、お肌がきれいに生まれ変われなく
 なってきた証。

 また首のまわりにできるぽつぽつ。これも、本当にトシを感じて悲しくなってきます。


③体重の増加

 体重も、単に加齢による影響だけで増加してしまうのだそう。
 新陳代謝が低下し、また筋肉の減少に伴って脂肪を燃やす機能が低下するため。

 継続的に運動をして体を鍛えることが、ここでも大切になりますね。
 何もしないと、例えば50代では、年に1.5キロも体重が増加してしまうそうです。


④声の変化

 ありますねこれ確かに。
 女性は声が低くなり、逆に男性は声が高くなる。
 加齢で声帯が弱くなってしまうため、起こるのだそうです。


⑤歯が長くなる

 これ、かかりつけの歯医者さんでも言われました。
 加齢により歯肉の弾力性が低下するため、歯が長く見えてしまいます。
 こうした歯茎の老化は、一般的に40代から。(これも40代か・・・)

 日頃からの歯磨き(歯茎のブラッシング)でかなり防げるそうです。
 体を鍛えて筋肉を維持するのとおなじですね。


⑥耳と鼻が大きくなる

 なんと、耳と鼻も?
 耳の軟骨は、加齢により薄くなると皮膚を支える力が衰え、その結果
 皮膚が垂れて耳が下に長くなるのだそうです。

 すると、耳とつながった鼻も、つられて下に長く伸びるのだそうです。


トシをとるとなんとなく、顔が大きくなるような気がしていましたが、
これは気のせいではなく、歯も耳も鼻も伸び、ついでに男性は額も後退し、
頬の肉もたるんで垂れ、顔が大きくなってしまうようです。


それにしても多くのエイジングサインがありますね。

他にも例えば、くしゃみが増える・よく泣く(涙目)・酔いやすくなるなどの現象も
エイジングサインとして挙げられています。

(もちろん、エイジングといっても年代の幅がそれぞれありますけれどね)


全部に神経質になってもきりがありませんが、やはり「ストップ・エイジング」!
ケアすることで少しでもエイジングサインが消せるなら、やっぱり努力して
いきたいと思うのでした。




●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓





「アンチエイジングに効果的な食材って?」

雑誌やTVでさまざまなものが取り上げられていますね。

その中で「まごわやさしい(孫は優しい)」という言葉があるのをご存知でしょうか?


 ○ま →まめ
 ○ご →ごま
 ○わ →わかめ(海藻類)
 ○や →やさい(緑黄色野菜、淡色野菜、根菜)
 ○さ →さかな(魚介類)
 ○し →しいたけ(きのこ類)
 ○い →いも類


この7種の食材を、1日のうちのどこかで必ず摂るようにするというもの。

専門の医学博士の先生が提唱されている食事法ですが、
昔の日本ではこれが自然に実践できていたのだとか。

長寿世界一の秘密も、このあたりにありそうですね。

エイジングケアだけでなく、生活習慣病の予防や、コレステロール・肥満の抑制、
皮膚や粘膜の抵抗力の強化、疲労回復など、さまざまな効果が期待できるとのこと!


「○○がいいよ」と言われても、なかなか食事に取り入れにくいことがよくありますが、

「まごはやさしい、まごはやさしい、・・・」と覚えておくと、

会社や外出先でランチなどの場面でも、

「あ、しいたけ食べてないからきのこパスタにしよう!」

みたいに、いつも大事な食材が意識できて、摂り漏れがなくせそうですよね。


抗加齢医学を専門に研究されている青木先生という方は、
さらにこれに加えて「孫子は優しいよ(まごこはやさしいよ)」というものを
提唱されているそうです。

 ○ま →まめ
 ○ご →ごま

 ○こ →米(玄米が理想)
 ○わ →わかめ(海藻類)
 ○や →やさい(緑黄色野菜、淡色野菜、根菜)
 ○さ →さかな(魚介類)
 ○し →しいたけ(きのこ類)
 ○い →いも類

 ○よ →ヨーグルト(発酵食品)


なるほどなるほど。


ちなみに現在の食生活と照らしてみると・・・


「まめ」
 これはバッチリ!納豆と豆腐を必ず毎日食べるようにしています。
 良質なタンパク質やミネラルが豊富な他、大豆イソフラボンが
 女性ホルモンの働きを助けるので、更年期にもいいと言われますよね。

「こめ」
 もちろんお米は食べていますが、玄米は時々食べたりしたことも
 あったけれど、ちょっと高いのと、ちょっと味が馴染めずに、最近ご無沙汰・・・
 玄米は「ガンが治った!」なんていう逸話もいろいろありますよねー
 あ、でも今は「麦ご飯」に少し凝っています。

「やさい」
 最近かなり意識してサラダをたっぷり食べるようになりました!
 基本はレタスやキャベツなどの葉物にトマト。材料に凝り過ぎると長続きしないので、
 わりとシンプルです。(飽きたらドレッシングなどで工夫)
 食物繊維やビタミンをしっかり補給。

「ヨーグルト」
 これも、必ず毎朝食べるようにしています。
 一時期、便秘がひどかったので、ビフィズス菌で整腸作用を- と思い
 食べ始めたのですが、これが見事に効きました^^
 りんごと一緒に摂っていると、ちょっと出すぎるくらいに;汗

「わかめ」「さかな」「しいたけ」「いも」
 ちょっと弱いな・・・
 週に2~3度レベル?季節によってはもっと頻度が上がりそうですが。
 いずれにしても「毎日必ず」とは程遠い現状。
 おさかな、特に青魚系は、DHA・EPAが豊富で不飽和脂肪酸が体にいい、と
 散々言われていますね。わかっちゃいるけど・・・

「ごま」
 これがいちばん厳しいかな。ごま、食べてない;汗
 ごまは抗酸化成分を豊富に含むので、お肌にも、内蔵のサビツキにも大変効果的。
 ピーナッツなど、ナッツ類でも良いのだそう。
 ごまのふりかけでも買って、毎食ご飯にかけて食べましょうか。


大切なのは、何かに偏るのではなく、バランスよく食べること。
でも現代の食生活でこれを実現するのって、あらためて、大変なことですね。




●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓



関連タグ : 和食,

はじめまして^^


アラフォー真っ只中の主婦です。

真っ只中と言ってみたものの、四捨五入するとそろそろアラフィフ;汗

いよいよヤバイ気配の漂ってくる、今日この頃なのです。

ヤバイ、つまりそれは、美容と健康両面における、老化(ーー;)

・・・老化、という言葉はよくありませんね。


美容と健康両面における、「劣化」


うーん、劣化か・・・ きついことば。

・化粧やファッションでごまかしごまかし
・忙しさにかまけてたいした体のメンテナンスもせず
・見た目太ってないのをいいことに刹那的に暴飲暴食を重ね

ここまで突っ走ってきてしまいましたが、
40代も折り返し地点を迎えると、本当に急激に、
いろいろな部分の劣化を感じ始めるようになるんですよね・・・

お友達に言わせれば、「遅いよ気づくの」ということなのですが;

遅まきながら、かなり焦りながら、いろいろ対策を始めた次第です。



●アンチエイジングに必要不可欠な3つのこと?


アンチエイジング、わかりやすくいうと「加齢に抵抗する」ということですね。

お肌を若く保ちたい、体のたるみをなくしたい、といった美容的な観点だけでなく、
体の内部の加齢・老化による不調や病気を抑える意味合いもあります。

抗加齢医学といって、専門家の先生もいらっしゃる分野なのです。

そんな専門的な見地からいうと、アンチエイジングに必要な大切なことは、
大きくいって3つあるそうです。


①食
②運動
③生きがい


これに加えて言うなら、

④睡眠


・・・ということです。


なるほど、当たり前と言えば、当たり前かもしれませんが、どれも大切ですね。



●毎日3回、だから大切にしたい「食」


なかでも食事は、毎日毎日、3回も訪れるイベント。

お肌も、体の中も、全てを形作る基本となる栄養摂取の機会。

そして、「人生の大きな楽しみ」のひとつ^^;


だから、食には気をつけていきたいですよね!



このブログでは、アンチエイジングに効果的な対策を、食事やサプリメント、
日々の食生活に取り入れる食材などを中心に、体験談を交えて
綴っていきたいと思っています。



さあて、「ストップ・エイジング」は成るか?!




●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。