美肌や健康に良いアンチエイジングな食べ物・食材・サプリのおすすめ情報を紹介しています^^
イデア アサイーレッドスムージー" ■■■■■ ダンむつと申します

アラフォーからその次の世代へ
片足突っ込んだ多感な時期を過ごしています^^;

主に食生活を通して
アンチエイジングに効果的なモノ・コトを探求してみたいと思います
どうぞよろしくお願いいたします(._.)                  ■■■■■

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日7月29日は何の日?

・・・そうです! 土用の丑の日^^

アンチエイジングにウナギ
ジャジャーン! ウ・ナ・ギ! ウ・ナ・ギ!


子供の頃、母親に「今日は土用の丑の日だからね♪」

と言われて出されたうな丼を前に、

「これ、牛? ウシ?…」

と、混乱してましたが、これは誰でも通る道でしょうか^^;



●土用の丑の日の由来?!


そもそも土用の丑って、何?

というお話ですが、これは単純に暦です。

「土用」というのが、立春・立夏・立秋・立冬それぞれの直前に

あたる約18日間の期間を指し、その中で十二支の丑(ウシ)に

当たる日が土用の丑。



つまり土用の丑は、年に4回あるのだそうです。


このうち立秋前の7月終わり頃にやってくる土用の丑の日が、

1年でも最も暑く、夏バテになる時期であることから、

栄養たっぷりのウナギを食べてスタミナをつけ、夏を乗り切ろう!

ということで「ウナギを食べる土用の丑の日」になったのです。


ではなぜウナギか・・・という話。

「土用の丑の日にウナギ」の由来には諸説あるそうですが、

よく知られているのは、

 お客がつかず、商売に困っていたうなぎ店が、平賀源内に相談したところ、

 「“本日丑の日”と貼り紙を出してみるがよい」

 とアドバイスをもらい、その通りにしてみたところ、

 その貼り紙のおかげでお店が大繁盛した-

というものらしいです^^


昔から日本人は、この手のPRに弱かったのでしょうね。




●ウナギは滋養強壮の源


もちろん、土用の丑にウナギが定着したのは、

ウナギが抜群の滋養強壮力を持った、栄養豊かな食材で、

暑い夏を乗り切るのにふさわしい食べ物だったから!


 ・豊富なタンパク質
 ・100グラムの蒲焼きで2日分が摂れるというビタミンA
 ・疲労回復に寄与するビタミンB1
 ・お肌の細胞再生に効果があるビタミンB2
 ・骨や血液など体の主要部分をつくるカルシウム、鉄分
 ・カルシウム吸収力を20倍に高めて骨粗鬆症を防ぐビタミンD
 ・抗酸化と老化防止で美容には欠かせないビタミンE
 ・お肌をプルプルにハリを出すコラーゲン ・・・


体に必要な栄養素が、これでもかというほど豊富に含まれているのです。


エイジングケア世代にはもってこいの食材ですネ♪

(価格が安ければ、もっと高頻度で食べたい食物です)


ウナギは脂っこいイメージがあり、その脂が逆に太る原因に

なったり体に良くない部分もあるのではないか、と思われそうですが、

その多くは不飽和脂肪酸のEPAやDHA

つまり、肉類の脂質とは違い、体によい脂分なのです。


スーパー食材のウナギ。

これはもう、少々高くても、食べなきゃ!!




●ウナギが早晩食べられなくなる?


ニホンウナギ (※) の絶滅危惧種指定の話題が世間をにぎわせていますね。

私たちがこよなく愛するニホンウナギが、厳しく輸出入規制されて、

もう一般家庭では食べられなくなるかも・・・


ウナギはそんなにお安くないし、食べるのはせいぜい年に2~3回(?)

くらいのものだけれど、いざこういう「ウナギピンチ!」の

ニュースを聞くと、「えーーっ」なんて衝撃が走ってしまいます。


やっぱりこの時期、土用の丑の日のあたりになると、

ウナギを食べないと夏が始まらない気がしますから(*^^*)




●なぜウナギはいなくなってしまったの?


以前から「ウナギは貴重な資源」と言われていたような気がするのですが、

なぜここへきて絶滅が騒がれるようになったのでしょうか。



答えは、単純に「獲り過ぎ」

…うーん、ちょっと残念な事実ですね。

川の汚染などの問題もあるようですが、それにも増して、

無計画に獲り過ぎてきたことが大きい (ーー;)


今から50年前には、年間200トン以上あった稚魚のシラスウナギの漁獲量が、

今ではなんと10トン前後にまで激減しているのだとか。

価格も高騰するはずですね。



成魚(親ウナギ)の乱獲に加え、養殖用の貴重な資源となる

稚魚のシラスウナギを無計画に獲り続けたことで、

気がついたら絶滅寸前まできていた・・


なんだか、何とかならなかったのかなー、と、悲しくなります。



ウナギの生態は未だに謎で、秋から冬にかけて

日本の川を出発したウナギは、2000キロも海を南に下った

マリアナ海溝付近で産卵をします。

そして生まれた稚魚は、黒潮の海流に乗って日本の海岸・そして川に、

正確に戻ってくるのだそうです。


この生態の謎も、資源保護になかなか踏み込めなかった理由だとか。


2000キロもの長旅を経てちゃんと日本に戻ってきてくれた

シラスウナギを乱獲して、絶滅に追い込んでしまうなんて、

何としてでも避けたいな。



日本は、世界のウナギ消費量の7割を占め、また最近では

「中国からの条約違反のウナギ輸入」

の話題も盛んにニュースで取り上げられていますから、

今後ますます世界の中で風当たりが強くなっていきそうです。


日本の食文化の代表格とも言えるウナギを、

子供や孫・その次の世代まで残してあげられるように、

大切に育て、味わって行きたいですね。

アンチエイジングにウナギ



ニホンウナギは、世界に19種いるウナギのひとつです。
日本人がうなぎ料理として食べている種は、このニホンウナギ。
国内で消費されるニホンウナギの99%以上は養殖もの。
その産地は、国内養殖が約40%強、残りは中国・台湾からの輸入です。





●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓





関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : ウナギ, DHA・EPA,

なんだか最近、物忘れが顕著になってきたような気がします(ーー;)


物忘れというか、特に名前が出てこないことが、すごく多い・・・

「えーっと、誰だっけ?あの、・・・」

有名人・芸能人の名前がとにかく出てこない。

あとご近所さんの名前、昔仲がよかったはずの友人の名前、

挙げ句の果ては親戚さん、身内系の名前。


なにこれ一体?


2~3年くらい前までは、「やだ、もうボケちゃって(^^ゞ」とか

「脳の老化が始まっちゃったわよ^^;」と、笑って済ませていられたのですが、

最近「マジこれ老化??」・・・と、密かに急激に心配になってきました。


もちろん名前だけじゃなくて、ふと、何をやろうとしていたのかが飛んでしまったり、

言葉がすぐに出なくなること、よく感じるのですよねー。


いよいよ笑えなくなってきた。これ、脳の老化?



●脳の老化は40歳から始まる?!


人間の脳細胞は、140億個もあり、この脳細胞は1日に10~20万個のペースで

死んでいくのだそうです。そして死んだら二度と再生されない。


なんだか、桁が大きくてピンと来ないですが(^^;


ちなみに、このペースで脳細胞が死んでいったとしても、

90歳のときの脳細胞は約100億個。


90歳になっても、140億個中100億も残っているので、

脳細胞の死滅が老化に直結するわけではないようですね。

(そもそも人間は4分の1の脳細胞も使っていない、と言われているし)



ただ、脳の中でも前頭葉は、40歳から縮み始めるのだそうです。

そしてこれは、

「使っていれば保てるけど、使わないとどんどん劣化するよ」

という、「廃用」という特性があるのだそうです。

 ○前頭葉は40歳から縮み出す老化が始まる
 ○日頃から使っていれば、たとえ縮んでも使い物になる
 ○使っていなければ、加速度的に機能が劣化して使い物にならなくなる


簡単に言うと、こういうことらしいのです。

うーむ、脳トレ、大事かも。



●脳が喜ぶ健康習慣


脳が老化するのは、生活習慣とも関係が深いようですね。

よく言われることですが、日常生活の繰り返しの中に、刺激を

織り交ぜることが大切。

簡単にできて効果的なものとして、

 ○文字を書く(特に日記など効果的)
 ○暗算をする(買い物時のつり銭の額を計算する習慣とか)
 ○音読をする(読書でも、新聞を読むのでも)
 ○指を動かす(料理・裁縫など何でも)

などが挙げられます。

わざわざ脳トレ用に雑誌を買ったりアプリを仕入れたりすることをしなくても、

普段の生活習慣に少し工夫を加えることで、多少なりとも劣化は防げそうですね。


でも・・・


本当にいちばん効果があるのは、

「恋愛」

だそうです!

恋愛で老化防止
(あこがれの壁ドン)


なるほどー、そうかもねー。わかる気が・・・

脳にとっては、予測がつかない・ハラハラドキドキ・展開が読めない

といった刺激を与えることが良いようで、これはまさに恋愛のなせる技♡♡♡


できる人は、恋愛したほうがいいですね!

できない人は、韓流スターと擬似恋愛?



●脳細胞の働きをよくするDHA


脳を活性化し、集中力を高め、脳細胞の働きを助ける栄養素に、

DHAが挙げられます。

サバやイワシなどの青魚に多く含まれるといわれる成分。

記憶力が高まって、子供の頭をよくする栄養素、なんて言われたりしますよね。

これ、中高年の脳の老化防止にも、一定の効果がありそうですね。


実は「脳の働きをよくする栄養素」って、少ないのですが、その理由は、

脳はとても繊細で、生命活動の中枢となる部分なので、多くの物質を

簡単に通さないように、入口でブロックしてしまうのです。


関所があって、そこでみんな止められてしまうのですね。

でもDHAは、脳が入ることを許した、数少ない成分。


DHAによって、記憶力や学習能力などの脳の働きが活性化され、

スムーズな情報伝達が行われるようになる。


お魚、食べなきゃ!



今日の教訓は、

「お魚をいっぱい食べて、恋をする」


こういうことですね^^


アラフィフ世代のダンナ持ちで「恋しよ!」なんてのもややハズですが・・・




●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓






イタリア料理やスペイン料理、もう「超」が10こくらい

つくほどの大好物なのですが^^;

これらを総称して、「地中海食」という言い方があるのですね。

イタリア・スペイン・ギリシアなどの、地中海沿岸諸国の料理。


これらには共通項があって、

 ○旬の野菜や豆類・ナッツ・果物・そして魚介類が豊富
 ○n-3系不飽和脂肪酸であるオリーブオイルをたっぷりつかう
 ○乳製品や獣肉は少なめ
 ○適量の赤ワインとともに食事を楽しむ

地中海食


これが地中海食♪

うーん、たまりませんねー^^


この地中海食、生活習慣病の予防や、健康的なダイエットに効果的だと

言われ、美容やアンチエイジングの観点でも人気になっているのです。



●オリーブオイルのパワー

まずはなんといってもオリーブオイルですよね。

オレイン酸と呼ばれる良質な脂肪酸がたっぷり含まれ、

血液中の善玉コレステロール(HDL)は減らさずに、

悪玉コレステロール(LDL)のみを抑制してくれます。


健康診断で「LDL高め、要注意」と指摘された我が身には、とてもありがたい存在!

ビタミンやポリフェノールなども豊富に含むので、オリーブオイルは欠かせません。

(我が家では地中海食に限らず、すべての料理でオリーブオイルです^^v)



●魚介類で血液サラサラ

お魚の脂には、不飽和脂肪酸であるDHA・EPAがたっぷり。

血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールを抑制し、血液をサラサラにしてくれる

働きがあります。

DHAは脳の発達にも寄与する物質で、記憶力や集中力を高める効果もあるのだとか!


サプリなどでも人気になっている成分ですが、これが通常の食事から

摂れるに越したことはないですよね?!



●ポリフェノールたっぷりの赤ワイン

赤ワインも、抗酸化作用をもつポリフェノールをたっぷり含み、

ヨーロッパでは長寿の薬なんて言われることもあるほど。


活性酸素は、美容面ではお肌の老化を招き、シワやたるみの他、さまざまな

肌トラブルを引き起こします。

また体の中を錆びつかせてしまい、生活習慣病や体調のトラブルのもとに。



 芳醇なワインをいただきつつ、
 おいしい地中海料理に舌づつみをうちながら、
 アンチエイジング。

これ、いいことずくめ♪

ますます地中海食にハマってしまいそうです^^



●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。