美肌や健康に良いアンチエイジングな食べ物・食材・サプリのおすすめ情報を紹介しています^^
イデア アサイーレッドスムージー" ■■■■■ ダンむつと申します

アラフォーからその次の世代へ
片足突っ込んだ多感な時期を過ごしています^^;

主に食生活を通して
アンチエイジングに効果的なモノ・コトを探求してみたいと思います
どうぞよろしくお願いいたします(._.)                  ■■■■■

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日テレビで、サバ缶を使ったレシピやサバ缶の健康効果について放映されていました。


サバ缶はこれまでも時々テレビで取り上げられ、その後数日はスーパーの店頭から

サバ缶が消えてしまうことがあるので (^^;) 、ここ数日もサバ缶争奪戦が繰り広げられて

いるかもしれませんね・・



実はだんむつ家の食品棚には、サバ缶をはじめとするお魚の缶詰が目白押しなのです(^O^)

理由は単純で、

「 おいしく 」 「 手間いらずで 」 「 生魚よりも栄養素が豊富で 」
「 保存食になり 」 「 低カロリーで 」 「 ダイエットフードにもなり 」 ・・・


と、いいことづくめだから!


サバ缶あなどれませんよっ (゚o゚;;

sabakan1.jpg


●缶詰は優秀な栄養食


缶詰って、なんだかジャンクフードで手抜き・・・

そんな印象がどことなくありますよね。


確かに手軽に手抜きで調理食材になる、という部分は当たっているかもしれませんが、

缶詰は素晴らしき保存栄養食なのです!


それは缶詰が、真空状態で高温加熱殺菌され、そのまま密閉されるため、

○豊富な栄養成分が飛ばされずに保存される
○空気や微生物等が侵入せず、無菌状態が保たれる
○保存料や殺菌剤などの添加物が一切使われない


という、いいことづくめだから。


缶詰がジャンクなんて、とんでもないお話。

多くの場合、ナマモノを自分で加熱調理するより高い栄養価が保たれているのです。



さらにサバ缶に関して言えば、

○作るよりおいしい(鯖味噌の味付けは案外難しいのです・・・)
○水煮や味噌煮などいろいろ種類があり飽きない
○骨まで柔らかく加工され、あますところなく丸ごといただける


・・・などなど、輪をかけていいことづくめ!!


「最近食事がカップ麺や缶詰ばかりでヤバい」

なんていう方は、半分ヤバく、半分はヤバくないということです^^




●サバはDHA・EPAが豊富


青魚に多く含まれると言われる不飽和脂肪酸のDHAやEPAは、

 ○頭がよくなる(記憶力や学習能力が上がる)
 ○中性脂肪・悪玉コレステロールを低下させる
 ○アトピーやアレルギーの改善効果がある

などさまざまな効果がうたわれています。


ダイエットにも生活習慣病にも、子供の生育にもいいと言われる所以ですね。

その代表格がマグロ・さば・いわしなど。

しかしその含有率を、文部科学省が公表している成分表で並べてみると、

食品DHA含有量(mg)
本マグロ(トロ)2880
サバ(生)1780
サバ(焼き)1379
サンマ(生)1400
サンマ(焼き)1140
マイワシ(生)1140
マイワシ(焼き)1060
サケ(生)820
カツオ(生)310
サバ水煮缶  2370
イワシ水煮缶949
カツオ水煮缶322
(いずれも100g中に含まれるDHAの量)


と、サバの水煮缶に含まれるDHAの量は圧倒的!

サバ缶に対する見方も、俄然変わってきますよね!



●調理が簡単、サバ缶レシピ


サバ缶レシピは、クックパッドなどの料理レシピ投稿サイトでも

たくさんアイデアがシェアされていますね。


調理が簡単で、味噌煮にしても水煮にしてもそのまま汁ごと調味料として

使ってしまえるので、ホント重宝します。


よくやるのは、パスタとか、

sabakan3.jpg

ドライカレーとか。

sabakan4.jpg


水煮にしても味噌煮にしても、醤油煮にしても、汁の部分に栄養素やダシがたっぷり

含まれていて、そのまま調味料になるので、捨てずに使ってしまいます。


例えばドライカレーなら、軽く炒めたにんにく・玉ねぎに、サバ缶とカレーパウダーを入れて炒め、

好みでしょうが・醤油・みりん・塩コショウなどを入れて味を調整するだけでOK。

ホールトマト缶を加えてもおいしいです。


とにかく調理らしい調理と言えば、玉ねぎを刻むことくらいです^^;


サラダに加えたり、お酒のおつまみのひと品にしたりする場合には、調理さえもする必要ありません。

パチンと缶を開けるだけ^^;;;


骨まで全部いただくことができて、まさにスーパーフードです。



●いざという時の常備保存食


そしてここ数年で言えば、やはり地震や非常時の際の保存食としての存在感。

美味しさも栄養価も全く損なうことなく、数年間保存でき、調理用にもそのまま食すのにも、長けています。


万能食材です!


サバ缶に限らず、いわしやサケ、まぐろ、うなぎ、サンマなど、魚の缶詰は、

だんむつ家のストック棚に20個くらいは、いつも準備されているのです。


そして、はじめは 「 いざという時のために・・・ 」 と、保存食として買い揃えた魚缶も、

最近では油断するとすぐに貯蓄棚がスカスカになっていて慌ててまた買い足す状態。



いざという時にも、いざでない時にも、サバ缶は本当に強い味方なのでした ♪

sabakan2.jpg


売り切れてないといいなぁ・・・




●●●●●


みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓






関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : DHA, EPA, 缶詰, サバ, ダイエット,

味覚の秋は、海の幸も美味しいものがいっぱい。

中でも9月のこの時期は、なんといっても、サンマとサケですね♪

サンマももちろん塩焼きが大好物なのですが、サケも負けじと

脂がのって、美味しいですよねー(*^^*)

アスタキサンチン豊富なサケ


そしてこのサケには、 「 最強の抗酸化成分 」 と言われる

アスタキサンチン が豊富に含まれているのです。



●アスタキサンチンとは?


美容・老化の大敵 「 活性酸素 」 。

活性酸素を抑えることは、アンチエイジングの最も大切な

ケアポイントと言えますが、その抗酸化作用がび抜けて強い

と言われるのが アスタキサンチン なのだそうです。


アスタキサンチンは、ヘマトコッカスと呼ばれる海の藻類に含まれる

天然の赤い色素で、それを動物プランクトンが食べ、そのプランクトンを

エビやカニなどが食べて赤くなり、そのエビやカニをサケが食べて

赤くなるのだそう。


食物連鎖とあわせて、色素連鎖も起こってるっちゅうワケです^^


実際サケは、もともと 白身魚 なのですって!



で産まれたサケの赤ちゃんはへ出て成魚となり、産卵のために、

再び生まれ育った川にってきます。

その厳しい道中(水中?)を無事に乗り切って元気な卵をたっぷり産むために、

サケはたらふくエサを食べ、それに含まれるアスタキサンチンで真っ赤に染まり、

同時にエネルギー源のをたっぷり体内にため込みます。


こうなると、味も最高ながら、アスタキの抗酸化作用と、DHA・EPAといった

お魚特有の不飽和脂肪酸がたっぷり含まれ、サケは最高の

アンチエイジング食 」 になるのでした!



ちなみに イクラ が赤いのも、このアスタキサンチンの色素によるもので、

サケの母親は、産卵の準備に入ると卵にアスタキサンチンを移行させ、

産まれた卵が浅瀬でも紫外線の影響を受けないようにするのだそうです。



しかし・・・

産卵のために必死で大海から故郷の川へ戻ってきて、

泳ぎ続けて大量に発生する体内の活性酸素を除去するために

アスタキサンチンをいっぱい摂って白身の体を真っ赤に染め、

川の上流までのぼりきるスタミナを蓄えるため脂を貯め込み、

産卵間際に卵たちへアスタキサンチンを移してバリアを作り、

そして力尽きて死んでいく・・・


サケのお母さん、スゴすぎます (゚o゚;;


なんだか、そんなお母さんをおいしく食べちゃっていいの?

なんて気分にもなりそうですが^^;

そこは美味しくいただかせていただきますね (*^^)v

アスタキサンチン豊富なサケ アスタキサンチン豊富なサケ
バターでムニエルも、シンプルに塩焼きも、何でも美味しいですよね♪


アスタキサンチン豊富なサケ
お寿司屋さんのサーモンも、美味しくていつもお皿おかわりしちゃいます^^ 炙りも生サーモンも♪
アブラのってる感が最高ですよネ




自然の恵みって、本当にありがたいですね。





●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。