美肌や健康に良いアンチエイジングな食べ物・食材・サプリのおすすめ情報を紹介しています^^
イデア アサイーレッドスムージー" ■■■■■ ダンむつと申します

アラフォーからその次の世代へ
片足突っ込んだ多感な時期を過ごしています^^;

主に食生活を通して
アンチエイジングに効果的なモノ・コトを探求してみたいと思います
どうぞよろしくお願いいたします(._.)                  ■■■■■

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋になると、なぜだか 「 美白 」 がすごく気になります。

若い頃に多少無茶な日焼けをしていたこともあって、

頬や目尻の近くにけっこう目立つシミ。

それと、40代も後半戦にさしかかって、お顔全体に漂う、くすみ感。


美白は、多くの女性にとって

美と若さの象徴 」 みたいなところがありますから ^^;

美白ケアについて、ちょっとまとめてみました。

美白ケア


●なぜか美白が気になる秋


なぜこの時期、美白のことがやたら気になっちゃうのでしょう??

秋の夜長で鏡を見る時間が増えるから?

空気が澄んで、光もほどよく、お肌の状態がよりクリアに見えちゃうから?


春から夏にかけては、「 紫外線予防しなきゃ! 」 と躍起になりながらも、

世の中が小麦色だからなのか、 「 美白でない自分 」 がそれほど

気にならないんですよね、不思議と。


また冬になると 「 乾燥や防寒 」 のことで頭がいっぱいで、

これまた 「 美白でない自分 」 に、それほど意識が届かないの。


そして夏と冬の間に、 「 美白を欲しがる自分 」 がむくむく顔を出します。



●3つに大別される美白ケア


美白ケアとひとことで言っても、大きく3つありますね。


①紫外線予防

 日焼け・シミの要因となる紫外線を防ぎましょう、ということですね。

 しかし、以前の記事にも書きましたが、過剰な日焼け止めは却って肌によくないというお話。

 紫外線を遮断する成分の影響で、肌に活性酸素が発生しやすくなり、

 別の肌ダメージが起こってしまう・・・ (´・_・`)


 人間は、日光を浴びることの健康効果も持ち合わせていますから、

 あくまで適度・適切に紫外線予防をしましょう、ということが大切。


 あと、この年になると、予防よりも、できたシミを少しでも落としたいという

 願望の方が強くなってきます^^;



②メラニン抑制


 これも予防策なので、もっと若い頃にがんばっておくべきだったナ・・・

 シミの原因は、紫外線により表皮の下部にあるメラノサイトが活性化して

 過剰なメラニンが発生し、そのメラニンが代謝しきれずに表皮に残ってしまうこと。

 では、ということでこの 「 メラニン発生を抑制する 」 美白成分が、化粧品に

 たくさんうたわれていますね。


 でもメラニンは、

 「 紫外線から細胞守るために自分の体が発する防御成分 」!

 したがって、メラニン発生を抑制することは、そもそも紫外線から身を守る

 自らの働きを衰えさせてしまうリスクがあります。

 うーん・・ メラニン抑制、なんだか危険な感じもしますね。

 あくまで、 “ 発生しすぎた ” メラニンの抑制という程度感が大切なようです。



③できたシミを薄くする

 
 そして3つめ、薄くしたり消したりする美白ケア。

 ワタシ的には、今一番の関心事です^^

 「いちどできたシミが果たして消えるの?」と疑問持ってしまいますが、

 日常ケアの中でも、消せないまでも薄くはできるようですよ (^^)v


 色素を抜いて薄くするものと、固定化したメラニンの排出を促進するもの。

 本来メラニンは、お肌のターンオーバーにのって表皮の表面に押し上げられていき

 排出されるものなので、お肌に残ってしまったシミやソバカスも、

 ターンオーバーの活性化で多少は代謝できるようです^^



他にも、広い意味で言えば

○ピーリングで肌の汚れをとってくすみをなくし、肌を明るくする

○化粧水などで保湿を強化し、お肌の透明感を増す

といったことも美白ケアのひとつに入ってくるかもしれませんね。


あと、以前流行った美白化粧品の中で、

「グリチルリチン酸2K(ジカリウム)高配合」

というものがあるそうなのですが、これは、肌の血行を抑制して

病的に白く見せる、というもの。 コワ・・・


なんでもかんでも「美白至上主義」ではなくて、

あくまでも健康的な美白美人を目指したいですね。



美白、もっと言うとシミ抜きに効果がある食べ物・成分について、

次回は書いてみたいと思います。




●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓






関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : 美肌, 紫外線, 美白,

照りつける真夏の陽射し(ーー;)

うっかり紫外線対策をせずに外出しようものなら、

もう大変なことになってしまいそうですね;;


これだけ陽射しがきついときは、ガッツリと強力UVクリームを・・・

でもちょっと待って!

日焼け止めクリームはお肌にも負担がかかってしまうのだそうです。



●SPFの高い日焼け止めには要注意!


そもそもSPFって?

SPFはサン・プロテクション・ファクター(Sun Protection Factor)の略。

シミや皮膚ガンの原因となる紫外線(UVB)をカットするパワーを表しています。

SPF値が大きいほど、紫外線防止効果も高いので、お肌には良いハズ。


ところが!

SPF値の大きさは、実はあまり意味がない、って知っていましたか?

 ○ SPF10の紫外線遮断率は90%
 ○ SPF50の紫外線遮断率は95%

つまり、あまり大差がないのです。


「いやいや、5%も違うじゃん、大きいわよこの差は!」

それも一理あります。


しかし、・・・

SPF値が高いほど、乱反射剤が多く含まれていて、肌には負担がかかってしまう。

しかもイマドキの美容製品は、成分をしっかりお肌の中へ浸透させようと、

ナノサイズ、つまり極めて小さな粒子でできています。


粒子のサイズが小さくなるほど、数は増えてしまうので、

この乱反射剤の影響で逆にお肌には

活性酸素が多く発生してしまうことになるのです。


日焼け止めで紫外線による活性酸素の発生をブロックするはずが、

逆に日焼け止めで活性酸素を誘発する結果に・・・


本末転倒 (ーー;)


肌に負担の少ないSPF10~20くらいの日焼け止めをこまめに塗る方が、

お肌には優しい紫外線ケアなのだそうです。

紫外線防止にUVクリーム

SPF50+ ちょっと肌にきついわ(´・_・`) もうちょっとやさしいのに変えよっ



●意外と知らない?PA値の意味


日焼け止めには、SPAの他にPA値というのもついていますね。

PAは、プロテクショングレイド オブ UVA (Protection Grade of UVA)の略です。

UVA(紫外線A波)は、UVB(紫外線B波)よりも、破壊力は少ないのですが、

波長が長いため、表皮を突き抜けてお肌の真皮層まで到達してしまい、

コラーゲンやエラスチンでできたお肌の土台を壊してしまうので、

シワやたるみの原因となってしまいます。


PAは防止効果の強い方から、++++、+++、++、+の4段階。


紫外線はシミや皮膚ガンなどの原因となるだけでなく、

シワやたるみの原因にもなってしまうので、上手にブロックしたいですね。



ちなみに紫外線にはもうひとつ、UVCという種類があります。

最も波長が短く、最もお肌に与えるダメージが強い紫外線なのですが、

現在のところ、地球のオゾン層に守られて、地上にまでは届いていません。


これ、とってもこわい事実。

私たちがしっかり地球環境を守り、オゾン層の破壊を防いでいかないと、

将来UVCも地上に届くことになるかも?!




日焼け止めには、化学物質のものより、植物由来の

自然なものがおすすめなのだそうです。

植物由来だと日差しの防止効果が弱そうに感じられてしまいますが、

大地に根を下ろした植物は、日差しから逃げられないので、

その分抗酸化力が高い物質で、日差しの攻撃をブロックしています。


その植物の力を借りれば、オーガニックの日焼け止めでも十分に

日差しと戦うことができるのです。


肌に優しい日焼け止めで、お肌を紫外線からも、余計な化学物質からも

守りながらこの夏を乗り切りましょう♪



日焼け止めだけに頼らず、日傘・帽子・サングラスを併用することも大切ですね。

紫外線防止にサングラス



●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓







紫外線は白肌の大敵!

太陽の紫外線


私ダンむつ、とても透き通るような白肌とは言えませんけれども、

それでも美白には励んでおります。


なにせ、年齢を重ねてくると、お肌の透明感が、それこそ

5~10歳くらい、見た目年齢を上下させてしまうんですよねー


若い頃は、日焼けやシミのこともなんとなく気にしつつ、

ついついお手入れをかまけて真っ黒になってしまうこともありましたが;汗


この年になると、とにかく紫外線カット


紫外線に当たると、日焼けでお肌が黒くなるだけでなく、

エイジングケアの一番の大敵「活性酸素」が大量発生してしまいます。


活性酸素はシミのもと「メラニン」を発生させ、

ただでさえ加齢で乱れてくるターンオーバー(お肌の再生)が狂い、

その結果メラニンがうまく剥がれ落ちずに肌表面に残ってシミになってしまいます。


さらに、紫外線は表皮の奥の真皮部分にまで到達して、

お肌のハリのもと「コラーゲン」などを破壊し、ハリの土台が崩れたお肌は

でこぼこ波をうって、シワになってしまいます。


エイジングケアを考えるなら、まず一番に対策すべきなのが、

「紫外線対策」だと言えますね。



●目から入る紫外線に要注意!


 ・外出時には日焼け止め
 ・また外出しなくても、毎日のUVケア
 ・天気の良い日の日傘
 ・曇りの日にも忘れずに日傘(案外油断しがちだけど危険です)
 ・紫外線の特に強い春夏は帽子も用意
 ・夏でも長袖の上着を常備
 ・洗濯物を干すときは手袋

さあ、これくらいしっかり対策をとればバッチリでしょ (^-^)


でも、実はもうひとつ、大切なことがあるのです。

それは、「目から入る紫外線


日本人はサングラスをかけるのが苦手な人種なので、

夏のレジャーくらいでないと、なかなかサングラスは躊躇して

かけない人が多いですよね。

でも、目から入る紫外線は、白内障などの目のトラブルを引き起こすのに加え、


なんと!!

目から入った紫外線の影響で、皮膚にメラニンが増加してしまうのです(>_<)

つまり、サングラスをしていないとシミができてしまう?!



まわりの目を気にしている場合じゃないようです。

まわりの目より、自分の目を気にしろ、ってこと^^;


私も最近は、外出時には必ずサングラスをもって出るようにしています。



サングラスは、色の濃いものを選ぶと、暗いため瞳孔が開いて、

紫外線を吸収しやすくなるので、薄いものでしっかりUV対策をした

サングラスをかけると良いですね。


一日外出して、多少なりとも紫外線攻撃を受けた日のケアは、

活性酸素に対抗する抗酸化成分「アントシアニン」をたっぷり含んだ

ブルーベリーエキスなどをサプリで摂るようにしていますよ♪



サングラスは今や、エイジングケアのマストアイテムですから、

お持ちでない方は、この夏ひとつご用意することを強くおすすめします^^




●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。