美肌や健康に良いアンチエイジングな食べ物・食材・サプリのおすすめ情報を紹介しています^^
イデア アサイーレッドスムージー" ■■■■■ ダンむつと申します

アラフォーからその次の世代へ
片足突っ込んだ多感な時期を過ごしています^^;

主に食生活を通して
アンチエイジングに効果的なモノ・コトを探求してみたいと思います
どうぞよろしくお願いいたします(._.)                  ■■■■■

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タレントの磯野貴理子さんが、脳梗塞で緊急入院 (゚o゚;;

今週飛び込んできたニュースに、ちょっとビックリしましたね。

きりこさん、50歳ということで、わずかに先輩ではありますが、

まあ同世代の女性ということで、あらためて

脳梗塞、怖いなぁ

と痛感した出来事でした。



●脳梗塞の原因は?


以前にもいろいろ調べてこのブログにも書きましたが、

アラフォー・アラフィフ世代にとって、最も注意すべき病気のひとつが、

脳血管疾患なのですよね。

脳卒中の種類
↑こういう話でした。脳血管疾患(脳卒中)の中で、血管が詰まるのが脳梗塞で、7割以上はコレが占める

脳梗塞、つまり血管が詰まる主な原因は、

糖尿病(糖質過多)とコレステロール(脂質過多)の、2大生活習慣病。


例えば糖質過多には、

 ○ 炭水化物や甘い物を摂り過ぎない

 ○ 腹八分目で食事バランスを重視


脂質過多には、

 ○ 脂っこいものの摂り過ぎに注意

 ○ 良質な油(DHA・EPAなどの魚類や、オリーブオイルなど)を摂る

 ○ 食物繊維でコレステロールを排出



などが大切になってくるのですよね!あと運動とか。


でも、 「 かっちゃいるけどめられない 」 なのですョ

美味しいものはやっぱりおいしいから食べちゃうし、

いろいろ忙しいから(言い訳だけど)、食事は偏るし。

やめられないから、生活習慣病なんですよねー ^^;


でも、同世代の芸能人の方のこういうニュースが出るたびに、

「やば、気をつけなきゃ!!」

と気が引き締まるのでした。



●脳梗塞は早期発見が大切

きりこさんは、ダンナさまが異変に気づいてすぐに

病院に連れて行ってくれたので大事に至らなかったとのこと。

よかったよね~ (^-^)


ウチはダンナさまの帰り遅すぎだから、私がベッドで起き上がれなくなってても、

気づかれないよきっと・・・。

脳梗塞予防に水
お前助けに来てくれる?


脳梗塞は時間との戦いで、要するに血管が詰まったらその先の細胞が

どんどん死んでいくので、壊死が広がりきらないうちに詰まった血管を

通してあげれば、後遺症も残らず復活できる、ということなのです。


あらためて、「FASTチェック」を頭に入れておきたいデス

Face Arm Speech Time → 詳しくはこちら


●これからの季節に意外と大切な予防法


秋冬に注意したい脳梗塞対策、それは 「 」。

へ? 水? 夏じゃないのに?


そうなんです。最近、夏は熱中症とかの話題が多く、

みなさんかなり意識して水分補給をされるようになったそうなのですが、

冬は汗かかないし熱中症ないし、寒いから水飲みたくないし・・・

で、摂取量が不足しがちになるのだそうですョ


冬は汗をかかなくても尿などで水分が排泄されるので、

1日2リットルという水分の必要摂取量は夏も冬も変わらない。

もちろん食事や、温かい飲み物から水分補給することでもよいのですが、

」 がおすすめだそうです。


冬は寒いし体を動かさないので代謝も落ちて、血液はドロドロになりがち。

コタツの中で縮こまったりしてネ(*^^*)

冷え性の人は、さらに血流が滞り気味になっていることが多いので、

水をカラダの中に通すことで、排泄も促され、血管の中の血液の流れも

よくなり、むくみなどもとれて美肌になり・・・


ということで、水を飲む習慣が生きてきます。


もう、年がら年中、水飲んどけ ってことですね ^^;


おすすめの水素水です↓↓





お水は便秘解消やデトックス(毒素排出)にもなるから、

季節を問わず、「 毎朝1杯 」 の習慣をつけたいですね!

 → 水の働きに関する記事はこちら


さ、今日から(明日から)また水ちゃんと飲むゾ




●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓






関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : 脳梗塞, , 水素水,

暑いですね・・・ (*_*)

暑い夏の象徴 セミ
(暑い夏の象徴 セミくんです^^;)

日本って、昔はこんなに夏が暑くなかったですよね。

昭和な女には、本当にこたえます。

今年の夏は、久々に冷夏かも・・・?! なんて、

気象予報士の言うことは、いつものことながら、全くあてになりません。

今年の夏も、梅雨明けと同時に、暑いです。


暑すぎて、なんだか頭がぼーっとしてきちゃうし、しまいには

軽い頭痛みたいなものまで感じる始末・・・


と、いう話をお友達と話していたら、

「ねえ、それ、熱中症だし」

との指摘。


ええっ?! これ、熱中症ーーー(゚o゚;;

そうなのです。慌てて調べてみたら、どうやら、軽い熱中症の症状に

あてはまっておりました。


熱中症とは、カラダの中に熱がこもってしまうことで引き起こされる

さまざまな症状の総称なのでした。

軽い熱中症だと、めまいや立ちくらみ、頭痛、ちょっとした吐き気など。

でもちょっとした頭痛なんて、熱中症だとは思わないですよね。


逆に「冷たいクーラーに当たりすぎたかしら」なんて思ってしまうところだわ。


気づかないうちに症状がどんどん深刻になってしまうこともあるので、

注意が必要なようです。


アブナイアブナイ・・・



●熱中症予防には水分補給


熱中症の予防に何よりも大切なのは、水分補給です。

「喉が渇いたなー」と、感じたら、もうすでに軽い脱水状態にあるのだとか。

夏場は特に、喉の渇きを感じる前に、こまめに水分補給をした方がよさそうですね。


特に、中年からのエイジング世代は、「喉の渇きを感じにくい」 のだそうですよ。

ったく、ここでもアンチエイジングですか(ーー;)



そもそも私たちが10代のピチピチしてた頃は、私も部活で、

夏休みは毎日炎天下、体を酷使していましたが、そのときのルールは、

  「練習終わるまで水は1滴も飲むな!」

  「欲しがるのは甘えの証拠!水を我慢して、根性を鍛えるのだー!」


ってのが、常識だったんですけどネ

そして誰もそんな過酷な状況の中で、熱中症にかからなかったけどなー


時代は色々な意味で、変わったようです(´・_・`)



●熱中症予防に水素水がおすすめのワケ


喉が渇いたからといって、あるいは暑いからといって、

一度に大量の水分をとると、胃や腸に負担をかけてしまうので、

かえってよくありません。


コップ1杯くらいの水を、1日に6~7回にわけて、こまめに補給するのがベスト。

 ・起床時
 ・朝食の時
 ・午前中
 ・昼食の時
 ・午後3時頃
 ・夕食の時
 ・お風呂上がり
 ・寝る前

など、時間を決めて習慣化できるとよいですね。



そしてもうひとつ、水分補給には、ミネラルウォーターがおすすめ。

人間は汗をかくときに、水分だけでなく体内のナトリウム(塩分)や、

カルシウム、マグネシウムなどのミネラル成分も一緒に排出してしまいます。

なのでミネラルが不足した状態になっているのです。


この状態で水分だけを補給すると、今度は体が、ミネラル濃度を一定に保とうとして、

せっかくとった水分を必死で排出しようとするので、すぐに脱水症状に

なってしまうのだそうです。


高濃度水素水のATPウォーターは、天然のミネラル成分が70種以上と、

たっぷり含まれていて、しかも水素水だから、

「強力な抗酸化作用」

を持っています。


そう、まさにアンチエイジングなお水^^


カラダの中が、飲むほどにどんどん浄化されていきますよー


ATPウォーターおすすめです↓↓↓



(こちらをクリックすると詳しい情報へ)




●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓





関連記事

関連タグ : 熱中症, 水素水,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。