美肌や健康に良いアンチエイジングな食べ物・食材・サプリのおすすめ情報を紹介しています^^
イデア アサイーレッドスムージー" ■■■■■ ダンむつと申します

アラフォーからその次の世代へ
片足突っ込んだ多感な時期を過ごしています^^;

主に食生活を通して
アンチエイジングに効果的なモノ・コトを探求してみたいと思います
どうぞよろしくお願いいたします(._.)                  ■■■■■

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログの更新がちょっと滞ってしまいましたが、

この1週間ほど、口内炎にて 地獄の苦しみ を味わっておりました (><)

こんなにも口内炎で苦しむなんて、これも加齢のせい?・・・(ToT)


ダンナさまには、「絶対おかしい、 何かの病気のサイン だ!」

と脅され、病院に行くことを強く求められましたが、病院は何せ苦手なもので^^;

「 あ、もう痛みとれてきた 」 とウソついて、隠してひとりで苦しんでおりました。


いやあしかし口内炎あなどれないス。原因を改めて調べてみました。



●一般的な口内炎は「アフタ性口内炎」


口内炎で最も多いタイプは「アフタ性口内炎」といい、食事中や何かの拍子に

唇や舌を噛んでしまったり、硬い毛の歯ブラシで強く歯磨きをし過ぎて、

口の中の粘膜が傷つき、その傷口にに細菌が侵入して起きるのが主な原因。


他にもストレスや免疫力の低下、栄養バランスの乱れなどで、粘膜の再生機能が

衰えると、粘膜表面が荒れて傷つきやすくなり、その傷口に細菌が繁殖して口内炎に。



私の場合は、食事中 「 ガリッ 」 と唇をかんだのがきっかけだったので、これだナ。

変な病気の兆候じゃなくてよかった! ホッ (^.^;


アフタ性の 「 アフタ 」 は灰白色斑という意味で、大きさは直径2~10mmの円形、

中央がうすくくぼんだり、表面が白くなっているのが特徴。

いっこ出来ると、連鎖で同時にいくつもできることが多いのも特徴。


実はあまりに今回痛みがひどかったので、 「 キモ 」 と思いながらも

鏡で観察してたのですが、唇の裏から歯ぐきにかけて、直径10mm大の

口内炎が、折り重なるように5個ほど、できていたのでした (ーー;)


いやもう、痛いハズだわ。


でもダンナに言うと 「 そりゃ異常だ、病院! 」 となるので、ガマンガマン…

あー、辛かった。

痛みのピークが4日ほど続いて、ようやく昨日くらいから収まってきました^^



口内炎がひどいと、口がうまく開けなくて、しゃべっていても

ヨダレがでそうになるんですよね ( 汚い話でスイマセン )

集中力の低下や、食事もろくにとれないなど、本当に、大変な事態でした。



●「アフタ性口内炎」の治療方法


原因は細菌の繁殖にあるので、口の中を清潔にするのが最も大切なようです。

マウスウォッシュやうがい薬で、口の中に細菌が繁殖しにくい状態をつくること。


それから、免疫力が落ちて口の中の粘膜が弱くなる原因を排除すること。

ストレス、寝不足、食事の栄養の偏りの是正。

よく、ビタミン不足になると口内炎ができる、と言われますよね。

ビタミンBが口内の粘膜に寄与するので、それを補うのもポイント。

ということで、チョコラBBの登場です。

口内炎にチョコラBB 口内炎にチョコラBB

でも毎朝サプリでビタミンBを摂っているので、重ねてBB飲んでも・・・

とは思いますが (^^;

まあ、早く治したい一心で過剰摂取も時には辞さずです。

口内炎にチョコラBB


ちなみに病院に行くとお薬を出してくれますが、対処療法で痛みや炎症を

抑えるものなので、根本的な原因解決にはならないようです。



●他にもいろいろある口内炎


アフタ性口内炎以外にも、「 ウイルス性口内炎 」や「 アレルギー性口内炎 」、「 舌炎 」、「 歯肉炎

などなど、口内炎にはさまざまな原因や症状があるようです。

患部が赤く腫れる、喉の奥にまで口内炎ができる、高熱が出る、手足などの部位にも

水疱などの症状があらわれるなど、気になることがあればそういったものを疑った方が

よさそうですね。


アレルギー性口内炎には、食品によるアレルギーもあり、これは花粉症とも関連があるそうです。

花粉症の種類関連する食品アレルギー
スギ・ヒノキナス科(ナス・トマト・ピーマン・ジャガイモ)
バラ科(リンゴ・桃・サクランボなど)
マタタビ科(キウイなど)
ブタクサウリ科(メロン・スイカ・キュウリ・かぼちゃ)
バショウ科(バナナなど)
シラカバ・ブナバラ科(リンゴ・桃・サクランボなど)
ヨモギセリ科(セロリ・ニンジン・パセリなど)
リンゴ、キウイなど
イネ科イネ科(米・麦・トウモロコシ・サトウキビ・ヒエ)


花粉症の症状を持つ人は、関連する食品のアレルギーも出やすいことがわかっているのだとか。


マジか (゚o゚;;

スギ花粉の私は、もしかしたらここのところの ウイ食べ過ぎ

原因だったりして^^;



とにかく、口内炎がこんなにもツライものだとはじめて思い知りました。

加齢で口の中の粘膜が弱くなってきているのかもしれませんね。

気をつけます。


口内炎がなかなか治りにくかったり、頻繁に再発を繰り返す場合、

大きな病気のサインの事もあるようなので、侮らないようにしたいですね。





●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓





関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : ストレス, 口内炎, アレルギー, 花粉症,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。