美肌や健康に良いアンチエイジングな食べ物・食材・サプリのおすすめ情報を紹介しています^^
イデア アサイーレッドスムージー" ■■■■■ ダンむつと申します

アラフォーからその次の世代へ
片足突っ込んだ多感な時期を過ごしています^^;

主に食生活を通して
アンチエイジングに効果的なモノ・コトを探求してみたいと思います
どうぞよろしくお願いいたします(._.)                  ■■■■■

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そろそろ乾燥の季節、お肌のカサカサ・ゴワゴワ

かなり気になるシーズンになってきましたね・・・。


お肌の乾燥や肌荒れ対策に効果のある食べ物について

ちょっと調べてみました。



●きっつい、この時期の乾燥 (´・_・`)


「 お肌の乾燥は冬 」

若い頃は、こんな認識でしたが^^;

10月も後半になって、空気もピリッとクールで澄んでくる季節になると、

もう敏感にお肌が反応しちゃうんですよねー

これも加齢による衰えの一種なのでしょうか。


まず顔よりも手のかさつきがいち早く気になるようになり、
( 別に主婦業しっかりやってるからというワケではなさそうですが^^; )

それを追いかけるように、11月に入ったくらいから

お顔の乾燥も例年以上に気になり始めた今日この頃。


とにかく、洗顔後に ツッパリ の始まるのが早い早い。

もう速攻でローションつけなきゃ、なんだかお肌が

ヒーヒー 悲鳴 あげてるような感覚に陥ってしまいます^^;


この現象、深まる秋の風物詩、そして、ここ数年特に

切迫感を感じるのは、エイジング世代の風物詩なのでしょうね。



「肌荒れ 対策」 「肌荒れ 食事」 などで検索して調べてみても、

「あれがいい」 「これも必要」 と、おすすめの食品や栄養素が山ほど

出てきて、的が絞れずに困ってしまいました (^^ゞ


たんぱく質、ビタミンA・B・E、脂肪 etc・・・
ほとんど全部じゃんネ^^;


そこで、お肌の乾燥のメカニズムを改めて調べてみたら、

乾燥肌に良い食べ物にたどり着きましたよー♪



●乾燥肌のメカニズムと原因


乾燥肌は、お肌の表皮部分の角質層の水分量が少なくなり、あわせて

皮脂の分泌量が減って皮膚表面が乾燥した状態。

外気の湿度が30%以下になる秋冬には、肌の水分が蒸発しやすくなるため、

乾燥による肌荒れなどのトラブルが多発するのだそうです。


本来角質層では、水分を内側に溜め込んで逃さないようにし、

潤いを保つ働きがあるのですが、冬の乾燥をはじめさまざまな要因で

このバリア機能が低下すると、適切な水分が保てなくなり、

カサカサ・バリバリ・ゴワゴワの乾燥肌に (>_<)



では、この保湿機能を担っているものは・・・?

それは主に3つありました。

皮脂膜(汗や皮脂) 」 「 NMF(天然保湿成分) 」 「 細胞間脂質


特に細胞間脂質は、細胞と細胞の間に張り巡らされて細胞同士を密着させる

粘着剤のようなもので、体内の水分を外に逃さないようにしています。

細胞間脂質が不足すると、細胞の間にガタガタと隙間が出来ていまい、

からだの内部からは水分が放出されて肌の乾燥を招き、

外部からは紫外線やゴミなどの、肌によくない刺激や細菌が

侵入しやすくなってしまうというワケ。


そしてこの、脂肪間脂質の50~60%を占める主要成分が

セラミド 」 という成分なのです。


よく化粧水や保湿クリームに 「 セラミド配合 」 と記されていますが、

セラミドはお肌の保湿には欠かせない成分なのですね。



セラミドの不足してしまう原因は、ひとつにはやはり、加齢

加齢によりターンオーバーが乱れてしまうことで、セラミドやNMFが

体内で生成されにくくなっていきます。

お肌の乾燥・肌荒れも、加齢とともに深刻化するエイジングテーマのようです。


他にもセラミド不足には、

 ○生まれつきの体質(アトピー)

 ○生活習慣要因としての、食事の偏りや間違った洗顔方法

 ○外的要因としての空気乾燥(冬場の乾燥・エアコンなどの影響)


などが挙げられます。




●セラミドを補うのはこんにゃくだった!


保湿に欠かせない主要成分のセラミド、

食品で補うには一体何から摂取すればいいの?


セラミドを多く含む食品には、

米・小麦・大豆・ほうれんそう・こんにゃく芋 などがあるようです。


なかでも、こんにゃく芋の含有量が 圧倒的 に高い!

表にして比較するとこんな感じ↓


■1日に必要なセラミド摂取量600μgを摂るには
生芋こんにゃく100g(半丁)
白米お茶碗25杯
玄米お茶碗10杯
パスタ3~4人前

 
すご! こんにゃく凄いゾ!!


こんにゃくは食物繊維が豊富で、腸内環境を整えて免疫機能を強化するとか、

ほとんど水分で低カロリーで満腹感が得られるためダイエットにおすすめとか、

カルシウムが豊富で骨や歯の強化によいとか、

健康フードとして注目されることの多い食品ですよね。


でもこんにゃくは健康だけではなく、乾燥肌や肌荒れにもイチオシの

美容食品でもあったようです!



他にもセラミドは、色素成分を含有する食材、特に黒色の食品に

多く含まれるそうです。具体的には

黒ごま、黒豆、ひじき、ゴボウ、黒胡椒、あずき、ワカメ、コーヒー、紅茶・・・


ふーん、色素成分って、以前取り上げた、

抗酸化に赤い色素のアスタキサンチン

のように、美容や健康に深く関連する作用を持ち合わせているのですね。

ただの色だと思ったら、もっと奥深いものが ^^



ささ、ということで・・・

寒い夜には、こんにゃくたっぷりの

セラミドたっぷりこんにゃく


おでん!

これで決まりですよね^^

おでんには、肌の潤いに欠かせないビタミンA,Bやタンパク質などを

たっぷり含む卵や、ビタミン・セラミドなどを含む大豆食品の豆腐、

昆布なども含まれるので、冬のいたんだ肌ケアにはうってつけの

食べ物だと言えそうですよ♪



こんにゃくたっぷりいただいたら、お肌のかさつきもなくなり、

明日の朝には肌荒れが嘘のように解消してつるんとなってるかしら(*^^*)






●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓







関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : 肌荒れ, 乾燥肌, こんにゃく, セラミド,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。