美肌や健康に良いアンチエイジングな食べ物・食材・サプリのおすすめ情報を紹介しています^^
イデア アサイーレッドスムージー" ■■■■■ ダンむつと申します

アラフォーからその次の世代へ
片足突っ込んだ多感な時期を過ごしています^^;

主に食生活を通して
アンチエイジングに効果的なモノ・コトを探求してみたいと思います
どうぞよろしくお願いいたします(._.)                  ■■■■■

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早春のフルーツといえば、なんといっても「いちご」ですね!
ichigo8.jpg

甘酸っぱいジューシーな味わい
ほんのり香るふわっと甘~い香り
しゃらりと爽やかで軽やかな食感
見た目にも元気印全開のビビッドな色合い



いちごをいただくと、 がお口の中にやってきます♪


本来はいちごの旬は4~5月くらいだそうで、やや春も後半のフルーツなのです。

1~2月にいちごが最盛になるのは、きっと暖かい春を待ちわびる人々の想いが、

そうさせているのでしょうね^^


いちごを食べて春を感じたい

いちごは「望春」のフルーツなのです。



●いちごはビタミンCたっぷり


いちごはその小さいからだに栄養分がたっぷり詰まっています!

なかでもアンチエイジングに欠かせないビタミンCが豊富。

こちらの記事でビタミンCの含有量が多い食べ物についてまとめましたが、

 → ビタミンCが豊富な食べ物

ビタミンCは、野菜や果物から多く摂ることができます。

中でもいちごはトップクラスの含有量と言えます。


しかも、例えばいちごよりも含有量の多いピーマンパセリレモンゆずなどは、

いくら含有量が多いとはいっても、そんなにたくさんいただけませんから^^;


いちごなら、1日に必要なビタミンC量を、5~7粒 程度で摂取できるので、

大変お手軽ですよね?!


ビタミンCは、シミのもとになるメラニンの生成を抑えたり、

メラニン色素自体の色を漂白する美白効果が期待できたり、

肌のハリをたもつコラーゲンを生成する役割を果たしたりと、

女性の美容にとって欠かすことのできないキラー・アイテム。


毎日の食生活の中で、苦にならずにしっかりと摂っていくためには、

「フルーツ生活」がオススメなのです。


季節ごとの旬のフルーツを、おいしくたっぷりいただく。


立春が過ぎて、それでもまだまだ寒い日が続き、春が待ち遠しいこの季節には、

春の香りをたっぷりお口に運んできてくれる「いちご」をいただきましょう♪



●いちごに含まれる豊富な抗酸化成分


ビタミンCの他にも、いちごには高い抗酸化作用を持つポリフェノール類が

豊富に含まれています。

例えば赤い実の色素であるアントシアニンや、抗酸化力が非常に高いエラグ酸など。

いちごの抗酸化作用は、いわゆる悪玉と言われるLDLコレステロールの酸化を抑える働きがあり、

成人病予防にも役立ちます。


また、「造血のビタミン」と言われる葉酸も、いちごは豊富に含んでいます。

赤血球を作り出し、貧血症状を抑えてくれ、細胞生成に寄与する葉酸。

葉酸は体内において、ビタミンCの働きで活性化するため、

ビタミンCと一緒に摂ることが大切。


まさにいちごなら、ビタミンCと葉酸をともに豊富に含んでいるので、

その働きを最大化してくれるのですね!



●いちごの実はタネの部分?!


こんなにもいちご好きのくせに、このトシまで知らなかった事実・・・

なんといちごの果実は、一見種子にしか見えない(少なくとも私には)、ゴマのようなつぶつぶの部分。

いちごの表面にたくさんくっついている、あの一粒一粒が果実なのだそうです (゚o゚;;

ichigo6.jpg


ちょっとビックリ!

無知な自分がかなり恥ずかしいワ


甘くておいしい、赤いジューシーな部分は、花托(かたく)なのだそうです。

花托と言われても、またそれがわからないのが二重にお恥ずかしい話なのですが^^;

被子植物において茎が厚くなった部分で、そこから花が育つのだそうです。


植物の世界って、ホントに奥深いですね。

ちなみにいちごはバラ科の多年草で、植物学的には野菜のカテゴリーなのだそうです。

甘みがあって食卓でのシーンもフルーツに近いことから、果物とみられることが多いけれど。



●春を見つけに行く「いちご狩り」


「春待ちフルーツ」のいちご。

スーパーに並んだパックを買ってくるのもいいのですが、

シーズンに一度は経験したいもの、それは 「 いちご狩り 」 ですっ ^^


いちご狩りのシーズンは、年が明けたお正月から、GWくらいまでですが、

1~2月の寒いこの時期に、春を感じ にお出かけするのが超オススメ!


寒い北風にも負けず元気に実をつけ(ホントはビニールハウスでポカポカですけど^^;

真っ赤に染まってたわわに実ったいちごを、思う存分いただく。

土の匂いやおひさまの光を感じながら、ほとんど無心で貪ります(^O^)


伊豆や静岡など、いちご狩りのスポットには海を望む場所が多いので、

海を見ながらドライブがてら、お出かけするのも楽しいですね♪


ちなににだんむつが、ほぼ毎年お正月すぎに訪れているいちご狩りの観光農園は

横須賀市三浦半島の津久井浜観光農園




東京からたった1時間くらいで行くことができ、

ビニールハウスが山の丘陵に20箇所くらい点在してるかしら。

とにかく広いので、混んでて入れない、ということがまずありません。

ichigo5.jpg

早春の三浦半島を、海を見ながらいちごめがけてドライブ♪

首都圏在住の方にはオススメのスポットです。

ichigo7.jpg



●いちごケーキを我慢できない


いちごは、もちろんそのまま食べても美味しいのだけれど、

スイーツの素材としても最高ですよね。

ケーキ大福 という、和洋を代表するスイーツで、ともに最高のフルーツ食材、

それがいちご!!


だから、この季節は「甘いものを控える」モチベーションが、

いちごスイーツの魅力に簡単に負けてしまうのです^^;


だんむつの大好きな、「 HARB'S(ハーブス) 」 のいちごのケーキ。

ichigo1.jpg

ノーマルないちごショートも絶品ですが、こちらのいちごチョコは

いちごの甘酸っぱい酸味と甘みに、ふわっふわの生クリーム、

ほろ苦がちょっとだけ香るチョコレートのやわらかスポンジ。

ichigo4.jpg ichigo3.jpg ichigo2.jpg

もう、いちごを美味しくいただくために作りこまれたようなチョコケーキの魅力に、

メロメロです(*≧∀≦*)


ちなみに季節限定です。いちごの美味しい季節にしか登場しません。


甘いものはダメだって、

アンチエイジングの敵だって、

あれほど自分に言い聞かせていても、

勝てないものが世の中にはあるのです・・・ (>_<)



まぁいっか・・・ いちごちゃんだし。

知ってました? 2015年は、100年に一度の「イチゴ年」なんですよ^^





●●●●●


みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓







関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : 抗酸化, ポリフェノール, いちご, ビタミンC, 葉酸,

美白ケアの基礎知識 」 について昨日書きましたが、

今日はその中でも、シミをなくす美白有効成分について

書いてみたいと思います。


●美肌の万能選手「ビタミンC」


まずなんといってもビタミンC

ビタミンCは、アンチエイジングに大敵の「活性酸素」を抑えたり、

ハリのある潤い肌に欠かせないコラーゲンやヒアルロン酸を作るエンジンに

なったりと、さまざまな美肌の働きを持つ万能成分ですね♪


このビタミンCは、色素沈着して黒ずんたメラニンを、

還元作用で薄くする作用があります。

ビタミンCが豊富に含まれる食べ物はこちらで書きました

赤ピーマンやレモン、それに当ブログでおすすめしている サジー なども。


野菜や果物をはじめ、さまざまな食材から摂れるので、

積極的にとりこみたいですね^^


ビタミンCは、経口摂取以外にも、スキンケアアイテムで

肌から吸収させるものがたくさん出ています。


ビタミンC誘導体配合 」 などとよくパッケージに書かれていますが、これは

通常吸収されにくい構造を、誘導体にすることで、皮膚内部への

浸透度を上げるというもの。


ビタミンCは水溶性で、体内に吸収される前に排泄物とともに

排出される量が多いので、一度に大量摂取するよりも、

こまめに補うことを心がけることが大切だそうですよ(^O^)

レモン スーパーフルーツ サジージュース



●L-システインは「卵」から


もう一つ、美白に効果的な成分として 「 L-システイン 」 が

挙げられます。(ハイチオールとかですね)


L-システインは皮膚や髪の毛、爪などに多く存在するアミノ酸の一種で、

ビタミンCと協力して、シミの原因となる過剰なメラニンの発生を抑えたり、

メラニンが表皮にとどまってシミ化したものを、無色化してくれる働きが!


さらに、肌の代謝(ターンオーバー)を正常化して角質に沈着したメラニンを

排出する働きも持っています。 おぉーっ、カンペキ♪


 ○過剰なメラニン発生を抑制

 ○沈着したメラニン色素の黒ずみを無色化

 ○代謝促進でメラニンの排出を促す



ちなみにこのL-システイン、強力なデトックス作用も持ち、

お酒を飲んだ時のアセトアルデヒド(=酔いの原因の毒素)を

分解してくれるので、二日酔い対策にも威力を発揮するそうです^^


L-システインは食品にほとんど含まれず、不足しがちな成分と言われる

そうですが、必須アミノ酸の 「 メチオニン 」 を材料に体内で合成されるため、

メチオニンを多く含む食べ物を食べるのが良いようです。


含有量ベスト3は以下↓ (100gあたり比較)
272mg
豚肉(赤身)240mg
しゃけ220mg


なんと卵でした!

卵も豚肉も、なんとなく高タンパクで敬遠されがちな風潮もありますが、

美肌のためには欠かせない食材なのですネ!

卵 豚肉
さぁて、シミ、薄くなってくれないかなぁ・・・




●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓






美肌をはじめ、女性の美と健康すべてにおいて

要(かなめ)となる万能成分と言えば、 「 ビタミンC 」 。

様々な働きを持つビタミンCは、毎日しっかりと摂りたいものです。

レモン


ビタミンCが豊富に含まれる食品をピックアップしてみました。


●ビタミンCは野菜と果物に豊富


100gあたりに含まれるビタミンCの量で比較すると、以下のようになりました。

やはり野菜と果物ですね^^ (単位はmg)

[ 野菜 ]
赤ピーマン170
パセリ120
芽キャベツ110
にがうり76
ピーマン76
レッドキャベツ68
モロヘイヤ65
ししとうがらし57
ブロッコリー54
カリフラワー53


[ 果物 ]
ゆず(果皮)150
レモン(全果)100
70
キウイ69
いちご62
パパイヤ50
きんかん49
かぼす42
オレンジ40
グレープフルーツ36


[ 漬物 ]
ナスの辛子漬け87 
からし菜漬け80
カブのぬか漬け49
べったら漬け45
高菜漬け30
野沢菜27
白菜漬け27
キムチ24
きゅうりのぬか漬け22
オリーブのピクルス12


[ 肉・卵類 ]
ロースハム50
ベーコン50
牛レバー30
豚レバー20
鶏レバー20
焼豚20
生ハム18
牛肉(小腸)15
ウインナー10
フォアグラ7


[ 魚介類 ]
めんたいこ76
たらこ21
すじこ9
いくら6
ほたるいか5
しらうお4
まぐろ4
うに3
かき3
ほたて3


[ その他 ]
さつまいも23
じゃがいも21
ぎんなん20
しいたけ10
しめじ7
長芋6
里芋5
大和芋5
豆板醤3
はちみつ3


漬物類も結構多いですが、これも元は野菜ですから^^;

他に、焼き海苔や味付け海苔も200mgと、とてもビタミンCが豊富なのですが、

あくまで「100gあたり」の含有量なので、相当食べる必要がありますね。


フルーツで言えばこちらも  → 奇跡のスーパーフルーツ

サジーというスーパーフルーツは、どの食べ物にも増して、

飛び抜けてビタミンCが豊富なのです!

サジージュースは 「 体験レポ 」 も書きましたよー


また、葉物とかはたくさん食べないとなかなか摂取量も増えませんが、

 や キウイ フルーツ は、実がしっかりとつまり、含有量も多いので、

ビタミンCをしっかり摂る食べ物として大変おすすめ!

( → キウイの記事



●ビタミンCの働き


さまざまな美容効果があると言われるビタミンCですが、中でも代表的なのは

 ○ハリのもととなるコラーゲン合成に欠かせない

 ○抗酸化作用でシミのもととなるメラニン色素を抑える

 ○美白(漂白)作用で肌の透明感を保つ


などが挙げられます。


また美容効果だけでなく、血管の老化・硬化を防いで動脈硬化症の

予防・改善に寄与したり、糖尿病や心不全の予防にも役立つなど、

ビタミンCの働きを挙げればきりがないほど (゚o゚;;


ビタミンCは2~3時間で排泄されるため、一度に大量に摂っても

多くは吸収されずに出ていってしまいます。

3食の食事の中で、こまめに摂れるようにしておきましょう。

(サプリを毎食に分けて摂取するのもよいですね^^)




●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。