美肌や健康に良いアンチエイジングな食べ物・食材・サプリのおすすめ情報を紹介しています^^
イデア アサイーレッドスムージー" ■■■■■ ダンむつと申します

アラフォーからその次の世代へ
片足突っ込んだ多感な時期を過ごしています^^;

主に食生活を通して
アンチエイジングに効果的なモノ・コトを探求してみたいと思います
どうぞよろしくお願いいたします(._.)                  ■■■■■

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シワは見た目年齢を大きく引き上げてしまいますよね。

がんばってスキンケアしているつもりなのに、加齢には勝てない小じわ。

ノルウェイの森のレイコさん (※) のように、シワがチャームポイントになればいいのに(笑)

ノルウェイの森 レイコさん



シワはなぜ、どのようにしてできてしまうのでしょうか?


●お肌を支える「真皮層」

お肌は表皮の内側に真皮層があり、この真皮層は、コラーゲンやヒアルロン酸、
エラスチンなどで満たされています。

 ○コラーゲンは柱となって縦横無尽に真皮層に張り巡らされ、真皮層やその先の
  表皮を支えています。

 ○エラスチンは、コラーゲンの柱と柱を結びつけて固定する、紐や釘のような
  役割を果たしています。

 ○そして、コラーゲンとエラスチンで支えられた真皮層の中を、保水力たっぷりの
  ヒアルロン酸が満たし、潤滑油の役割を果たしています。

コラーゲンやヒアルロン酸は、美肌の栄養成分としてよくその名を耳にしますが、
この真皮層を形作る大切な成分だったのです。


●加齢とともに急激に減っていく美容成分

このコラーゲンやヒアルロン酸、年齢とともに急激に減少してしまうのが特徴。
コラーゲンが減少すると、柱がくずれ、肌表面がガタガタになって、これが
シワやたるみを生んでしまうのですね。

またヒアルロン酸の減少で、ぷるぷるの潤いはなくなってしまい、表皮が
さらにデコボコになってシワが深くなってしまう。


コラーゲンやヒアルロン酸は、それの元となる線維芽細胞というのがあって、
その線維芽細胞から真皮の中で作られるものなのですが、年齢とともに
線維芽細胞自体も減少していく一方。

それに加え、紫外線やストレス、睡眠不足などが、減少に拍車をかけているので、
そのまま放っておいたらシワの深まりはどんどん加速します。


食べ物やサプリで意識的に補っていかないと・・・
いちどできたシワはもう元に戻せませんから;汗



(※)

さてさて、冒頭に触れた、レイコさんの話^^

ノルウェイの森って、読まれましたか?
言わずと知れた、村上春樹さんの大ベストセラーです。

ノルウェイの森 レイコさん


村上春樹さんは、きっとこの数年のうちにノーベル文学賞を受賞されるであろう、
日本が誇る、世界的人気作家にして文学者ですね!

その村上さんの「ノルウェイの森」に出てくる、レイコさんという女性が、
なんというか、憧れなんですよねー

問題を抱えて離婚している中年女性、という設定なのですが、
年齢よりもずっと若々しく、苦労の証であろう“シワ”が、
逆にチャームポイントとして、とても魅力的に描かれているのです。

初めて読んだ時から、

「ああ、こういうレイコさんのような素敵な大人の女性になりたいなぁ」

と、私の頭の中にメモリーされたのでした^^

「ノルウェイの森」、ぜひ読んでみてください。





●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓






関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : シワ, ノルウェイの森,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。