美肌や健康に良いアンチエイジングな食べ物・食材・サプリのおすすめ情報を紹介しています^^
イデア アサイーレッドスムージー" ■■■■■ ダンむつと申します

アラフォーからその次の世代へ
片足突っ込んだ多感な時期を過ごしています^^;

主に食生活を通して
アンチエイジングに効果的なモノ・コトを探求してみたいと思います
どうぞよろしくお願いいたします(._.)                  ■■■■■

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早いもので年が明けて1週間が過ぎましたねー

もう、このトシになると、1年が秒速で過ぎていく感じ^^;


さてさて、昨日1月7日は七草粥の日でしたね。


  年末年始の暴飲暴食で 疲れた胃腸 を休め、

  新しい1年を 無病息災 で過ごせるように、

  この時期が 旬 のカラダに良い野草7種を、

  消化の良い にしていただきましょう、


というもの。


昨日はワケあっていただけませんでしたが、やはりこのトシになると、

「これはカラダに良さそう♪」

と世の中の雰囲気につられて、思わず七草を買ってきてしまいましたので、

本日いただくことに^^

春の七草
イマドキのスーパーは便利なもので、7種がちゃんとセットになって売られているのデスネ!


●春の七草の効能とは?


春の七草と言えば、

「セリナズナ ゴギョウハコベラ ホトケノザ スズナスズシロ これぞ七草」

と、短歌形式で覚えさせられてきましたが、あらためて考えてみると

「ゴギョウって何?」「あれ、大根って入ってなかったんだっけ?」

などと、頭が疑問だらけに ^^;


なので春の七草の中身とその効能について、ちょっと調べてみました。

芹(セリ)カロテン、ビタミンB2をはじめ、カルシウム、鉄分、ビタミンC、食物繊維、さらには消化促進や
保湿の役割があるフラボノイド(=セリの独特な香り成分)を豊富に含む
薺(ナズナ)タンパク質、ビタミンB1B2、カロテン、カルシウム、鉄、マンガンなどが豊富
西洋では昔から痛風や赤痢の治療薬として用いられてきた薬草、別名ペンペン草
御形(ゴギョウ)別名母子草
タンパク質やミネラル類が豊富で、扁桃炎や胃炎の症状解消に用いられてきた
昔は草餅と言えばヨモギではなくゴギョウが使われていた
繁縷
(ハコベラ・ハコベ)
ビタミンB、Cやタンパク質の他、ミネラル類も豊富
ニワトリグサとも呼ばれ、ヒヨコのエサによく使われていた
整腸作用もあり、葉緑素は口臭予防に働くことから、歯みがき粉としても利用されてきた
仏の座(ホトケノザ)別名、というか本名は田平子(タビラコ)というキク科植物
(シソ科のホトケノザという植物も別にある ・・・ややこしい)
お浸しやお味噌汁などに使われてきたが、栄養成分や効果効能は不明
菘(スズナ)カブのこと
ジアスターゼ(消化促進成分)や食物繊維が豊富で、葉の部分にはビタミン、ミネラルも
蘿蔔(スズシロ)大根のこと
葉にはビタミンB1B2、ビタミンC、鉄分、リンなど、根にはジアスターゼ、アミラーゼ、
エラスターゼなどの分解酵素や食物繊維が豊富


このような感じです。

七草粥でしか食べないものも多くありますね。

昔は現代ほど食糧が豊富ではなかったので、野草も大切な食糧として扱われ、

そして健康を保持したり、疾病対策としても、重宝されていたのでしょうね!



七草粥をいただいてみると、「 おいしい ♪ 」 という感情ではなく、

カラダに良さそう ♪ 」 という感想が湧き上がってきます。

そう、カラダの奥底から浄化されている感じ^^


甘すぎたり、味がハッキリしすぎていたり、

柔らかくて、まろやかで、口触りがよさすぎたり、・・・といった、

現代の飽食・贅沢食・加工食漬けのフードライフを戒めて引き戻してくれるような、

薬膳料理の感じですね。


表にまとめたように、どのお野菜も美容&健康成分もたっぷりなので、

アンチエイジング世代には、くたびれたカラダをピリッと浄化してくれる、

若返りの粥かもしれませんね。

とってもおししくいただくことができました!



さ、明日からまた くうゾー  違うか^^;




●ついでに(^_^;) 調べてみた「秋の七草」


春の七草は、それなりに有名で、名前くらいは一応言えて、

「無病息災を願って七草粥にしていただいて・・・」

と、用途もわかるのですが、秋の七草ってなんだっけ???


知らないですよねコレ (゚o゚;;  私だけ?

ついでなのでちょっと調べてみました。

萩の花(ハギ)9月頃が見頃と言われ、お彼岸にいただく「おはぎ」の語源となった
(春の彼岸は牡丹の花にちなんでぼたもち、秋は萩の花にちなんでおはぎ)
でも実は、開花時期は6~10月と長い
尾花(オバナ)ススキのこと
ススキの穂は秋の風物詩、中秋の名月にお供えする
葛花(クズ)つるが数メートルにも伸びる、生命力の強い花、夏の終わりから9月が開花期
別名「裏見草(うらみぐさ)」と言うが、うらみに掛けて恨み節の和歌によく詠われた
撫子の花(ナデシコ)6~8月に咲くピンク色の可愛い花
我が子を撫でるようにかわいい花、ということでなでしこという名前に
女郎花(オミナエシ)7~10月に咲く黄色い可憐な花
女性(おみな)を圧倒(えし)する美しさというところから、この名がつけられた
藤袴(フジバカマ)10~11月に、淡く小さいピンクの花がたくさん咲く
藤の花に雰囲気が似ていることからこの名に
朝貌の花(アサガオ)いわゆる現代の朝顔ではなく、桔梗(キキョウ)のこと
6月下旬~8月に紫や白の綺麗な花をつける

うーん、季節感もなんだかばらばらな感じで、よくわからない・・・


秋の七草は、七草粥にして食べるものではなく、「 に咲く代表的な野の花

として挙げられたもののようですが、だいぶ広い感じですね^^;




「誰かがこじつけで考え出したの?」って、思ってしまいましたが、

ちゃんと万葉集に詠まれているのだそうです。


「秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびおり) かき数ふれば 七種(ななくさ)の花」

「萩の花 尾花葛花(おばなくずはな) 瞿麦(なでしこ)の花 女郎花(おみなえし) また藤袴 朝貌の花」



あれ、下の方の句はだいぶ字余り? と思ったら、

「5・7・7 5・7・7」の旋頭歌という形式なのだそうです。

作者は山上憶良(やまのうえのおくら)。 あー、知ってる知ってる。


ちょっと幅は広いけど、夏の終わりから秋にかけての野の草花を

目で楽しもうよ、ということみたいですね♪


この機会に、秋の七草も覚えておこうと思います。 ムリか^^;




●●●●●


みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓






関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : 食物繊維, デトックス, 七草,

寒いですね・・・ 寒いの苦手だなぁ (´・_・`)


私かなりの冷え性なので、暖房ガンガンに稼働させないと、

手足の先っちょなんて、すぐにキンキンに冷え切ってしまうのです。


よく外国人の方が、冬なのに半袖・半パンで平気な顔して外を歩くのを見て、

「ん?やせ我慢??鈍感???」

なんて、本当に不思議だったのですが、先日TVでその秘密を解説していてビックリ!

人種的に白人や黒人の人は、体の筋肉量が多く、そのためなんと、

平熱が37~8℃ 」 あるそうなのです!!  エ~~ッ (゚o゚;;


同じ人間なのに体温がそんなに違うなんて・・

私の場合平熱が35度台後半とそもそも低めなので、その差なんと2℃あるワ (´△`)



●体温が低いと抵抗力が落ちる


人間は体温が1度下がるだけで、抵抗力や免疫機能がぐんと下がってしまい、

大きな病気にもかかりやすくなってしまうのだそうです。

私みたいにそもそも平熱の低い人は、カラダ弱いのかい?!って話ですが^^;

より問題なのは、平熱が下がってしまうことなのだそう。

そして平熱が下がってしまう主な理由は、 「 加齢 」 と 「 筋力の低下 」 。


基礎代謝が落ちてきて、血行が悪くなり、血液のめぐりが衰えるから

体温も下がり、抵抗力も落ち、疲れやすくなり、冷え性で・・・


とまあ、こういうことなのですね (ーー;)



●心身をすこやかにする入浴の効用


入浴で美容健康

お風呂はは昔から 「 七難を除き七福を得る 」 といわれ、

美肌や血行促進、疲労回復、代謝促進、自律神経調整作用などなど、

さまざまな効用がうたわれていたようです。

確かに、温泉のようにカラダに良い成分が含まれていないタダのお湯でも、

あの心地よさは尋常じゃないですもんね(^O^)


「 カラダが温まって血流がよくなる 」 ことで、心も体も癒されて

デトックスされていくのでしょうね(*^^*)


夏はシャワーで済ませてしまうことも多いバスタイムですが、

寒い冬にはやっぱり、温かいお風呂をたっぷり楽しみたいですね♪



●入浴効果を高めるあれこれ


入浴にあわせていろいろな取り組みをすることで、

美容面でも健康面でも、自分に磨きをかける絶好の場になるようですよ。


まずはなんといっても 入浴剤

私がよく使うのは 「 きき湯 」 と 「 クナイプ 」 。

クナイプはさまざまな香り・成分の種類がありますが、おすすめは

入浴で美容健康

オレンジリンデンバウム


香りがよくて、からだを温める効果もすごく高いと思います!

他にも○○温泉の素みたいな入浴剤がたくさん出ているので、

気分にあわせて入浴剤をいろいろ使い分けてみると、

とても癒されてリラックスできますねー


それから、 マッサージやストレッチ・ツボ押し

カラダが温まってほぐれている入浴中は、ぼーっとしてるのもいいけど、

マッサージやストレッチの黄金タイムなのだそうです^^

マッサージソルトなどをつかって顔やお肌をマッサージすると、

血色も良くなってくすみが取れたり、剥がれ落ちずに表皮に残った

角質がとれて肌がスベスベになったり♪

湯船の中で、首や肩をゆっくりほぐしたりするのもいいですね。

ファイスパックなども効果が高まりそう。


それから、入浴の前や後にぐいっと飲むドリンク。

「 風呂上がりのビール♪ 」 じゃないですよ (^-^;


からだを内側から温めることで、さらに代謝をよくしてくれる、

入浴前の 生姜入りホットドリンク

それから、入浴後の水分補給とデトックスに、基本中の基本、「 」 。


当サイトでもおすすめしている「水素水」を、カラダの中にたっぷり

吸収すれば、この寒くてイヤイヤな冬も、元気に乗り越えられそうです^^

 → 美容にも健康にも大切な水の働き



やっぱり冬はお風呂だなぁ~♡♡

ダンナさま、お風呂掃除、よろしくお願いいたします!




●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓







関連記事

関連タグ : デトックス, ストレス, 血行促進, 新陳代謝, 入浴,

今朝はとても素敵なことが起こりました..・..・。..・°

それは、なんと ハイビスカス の花が咲いたこと!

10月30日木曜日 朝の気温は12℃

この秋いちばんの冷え込み(><)  咲くんだぁ(^O^)  こんな寒いのに

赤いハイビスカスの美容健康効果


実は、きれいに咲くお花の色には、癒し効果だけではない

秘められた美容と健康のパワーがあるのだそうですよ。



●お花の色が持つ美容効果って?


お花って、ホント見てるだけで癒されますよね(*^_^*)

好きな花を買ってきてお部屋に飾ったり、お庭(があれば)に植えて楽しんだり。

お散歩していてご近所や近くの森林公園で見かけるお花にも、

季節を感じてよく足を止めることがあります^^


それだけでもお花は、心を優しくしてくれて、癒し効果抜群!

でもお花の「色」の持つパワーには、もっと奥深い効果が。

ちょっとまとめてみました♪

代表的なお花色の持つパワー美容健康効果
バラ、サルビア、ガーベラ、ハイビスカス、ベゴニア、ダリア生命力を高め、元気や勇気を奮い立たせる力がある血行改善、低血圧や冷え症に効果
紫陽花、ブルーデージー、ブルーセージ、デルフィニウムストレスを抑え、精神の安定や睡眠効果をもたらす高血圧抑制、食欲を抑えダイエットに寄与
ヒマワリ、マリーゴールド、ガザニア、ケイトウ沈んだ気分を盛り上げ、高揚感や楽天的気分をつくる消化・吸収の促進
クリスマスローズ、デンファレ疲れを癒し、精神の安定や心の開放をもたらすストレスやイライラ低減、疲れ目の改善
オレンジマリーゴールド、ジニア、ガーベラ、金木犀活発で陽気、ポジティブな精神状態をもたらす胃腸の働きを活発にし、便秘解消に寄与
ピンク桃、桜、ペチュニア、ゼラニューム、コスモス幸福感や包容力、恋愛ボルテージを向上させる肌にハリ・ツヤを呼び戻す
ラベンダー、ヒヤシンス、朝顔、バーベナ感性や直感力を鋭くし、気品や神秘性を身につける免疫力を高め、病気にかかりにくくする
ゆり、ラン、マーガレット、プルメリア心を浄化し、清楚で規律のあるピュアな精神状態をつくるしなやかでしっとりとした肌状態をもたらす

(出典:http://www.himehana.jp/)


いかがですかー?

まあ、目に見えるような効果がなくても、

こんなストーリーがあるだけで、お花・そして色の魅力が

深まる気がしますね♪


ちなみに赤いハイビスカスは、冷え性改善の「赤」だから、

これからの季節の私の悩みにピッタリ!



●季節はずれのハイビスカス


さてさて、今朝お花が開いた我が家のハイビスカス。

実は、今年の二番花なのです。

赤いハイビスカスの美容健康効果


昨年小さい苗を買って育ててみたものの、結局昨年は花を一輪しかつけず、

寒い冬を越せるかなぁ。。

と心配しながらも小まめにお手入れし、冬を越し、そして今年-


最初に咲いたのが5月の終わり頃で、

「はやっ!去年の咲き残り??」

なんて、夏の乱れ咲きを期待したのですが、

その後全く花をつけないまま夏が終わってしまい、

「今年は一輪だけかー・・・ (´・_・`)」

なんてしょんばりしてたのが、今朝になっていきなり!!!

赤いハイビスカスの美容健康効果


ハイビスカスの咲く時期は6~8月。

南国の花・常夏の花というイメージが強いのですが、

こうして秋も深まってきた頃に、夏に間に合わなかったお花の芽を

やっとの思いで開いてがんばって咲く姿に、

とても清々しい感動を覚えたのでした^^



ちなみにレッドハイビスカスの花言葉は

新しい恋 」 「 繊細な美


こんな私にも、繊細な美がもたらされたら嬉しいな♪

( 新しい恋がもたらされるのも嬉しかったりして ^^; )

赤いハイビスカスの美容健康効果
あ、も一個つぼみが (*^^*) がんばれ~




●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓







今日、10月8日は「皆既月食」ですね^^

今年は特に夏以降、天候不順が続いて、特に東京近辺では、

夜の天体ショーが全く観られなかったのですが、

今夜はバッチリ拝めそうですね-♪

  (過去記事) 中秋の名月 スーパームーン 乙女座の新月


●真っ赤に輝く皆既月食


皆既月食は、太陽と地球と月が一直線に並ぶときにできる現象。

太陽に照らされた地球の影で、月がスッポリと隠れてしまう状態です。

満月のまんまるいお月さまが、徐々に地球の影で欠けていき、

きれいになくなってから、また時間をかけて満月に戻っていきます。


その間、約3時間。


今回の皆既月食は、18時15分に始まって、すっぽり隠れるのが19時25分頃、

そして1時間ほどののち、20時25分頃から戻り始めて、完全に戻るのが

21時35分頃ということです。


今18時30分。お空はキレイに晴れあがって、お月さまが

欠け始めましたよ~(*^^*)

皆既月食

んー・・・ さすがに手元のiPhoneだとうまく撮れませんが、

とてもきれいで、神秘的な輝きです。


皆既月食は、すっぽり隠れても真っ暗になるわけではなく、

赤いシルエットの満月が楽しめるのだそうですよ♪

皆既月食
こんな感じでしょうか^^


わあ、これからの2~3時間、なんだか、静かにワクワク ^^


お月さまって、ホントに癒されますよねー

そして、中でも秋のお月さまは、癒し効果抜群ですね。なぜなんだろ・・



わ、もう半分くらい隠れてきた (゚o゚;;


今夜は全国どこでも、比較的皆既月食が見られそうとのことなので、

ちょっと手を止めて、

ちょっと部屋の明かりを消して、

お月さまを拝んで癒されましょう - ♪


心のデトックス^^



●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓








が深まってきましたね。

毎朝の犬のお散歩で、近くの森林公園によく行くのですが、

そこで見つけた小さな秋、 「 どんぐり

なんだか懐かし~ (*^^*)

小さい頃、父がよく拾ってきて、煎って食べさせてくれた記憶が・・・

(九州の田舎育ちなもので)


で、拾ってきちゃいました^^;

どんぐりデトックス


●どんぐり成分には体内毒素を除去する効果


「あれ、どんぐりって、食べられるんだっけ??」

「でも、確かにどんぐりだったような、それとも椎の実?何だったのアレ?」



なにせ40年ほど前の記憶なもので、いろいろとあいまいで

目に浮かんでくる映像もぼやけているのですが、

ネットで調べてみました。


 ○どんぐりは、狭義では「クヌギ」だが、広義ではブナ科の果実の総称

 ○クヌギ、カシワ、アラカシ、コナラ、ミズナラ・・・など、日本には約18種存在

 ○よく食べられるのはマテバシイ、スダジイという木の実で、
  これを「椎の実(シイノミ)」という


ということです。 そっか、椎の実はどんぐりの一種だったんだ!


今では椎の実を煎って食べるなんて、もうないのでしょうけど、

昔は子どものおやつがわりに食べてたんですよねきっと。


素朴香ばし くて、なんだか しみじみとした甘み があって、

地味だけれどおいしかったなー (少なくとも記憶の中ではネ^^)

どんぐりデトックス
このどんぐり、ずいぶんコロッと丸い(゚o゚; 普通もっと尖ってるケド


食べやすいのは椎の実ですが、その他のどんぐりも、

食べられないわけではないそうです。

ただ、タンニンやサポニンといった渋み成分が強すぎるので、

アク抜きをして煎って食べる。

まあ、食べ物に事欠かない現代においては、食糧としての

意義はほとんどないのかもしれませんね・・


でも、このどんぐりに含まれる 「 アコニック酸 」 という成分は、

体内の毒素(重金属などの有害物質)を除去するデトックス効果が

あるそうです。


どんぐりは糖質が豊富で栄養価が高いことから、クマやリスなど

森の生き物にとっても、欠かせない食糧となっていますよね。


どんぐりは世界中で食用に用いられてきた歴史があるようで、

スペインでは人間の他、イベリコ豚を育てるのに欠かせなかったり、

お隣の韓国ではゴマ豆腐のように調理した「ムク」という食べ物が、

今でも普通に食べられるそうです。



やっぱり、自然の物って、素晴らしいですね。

久しぶりに椎の実の、香ばしいシンプルな味に触れてみたくなりました。


煎りませんけどね^^;

東京の公園だし。ちょっと面倒だし(^^ゞ


どんぐりデトックス
あ、割れてきた。なんだかおいしそうな気もしてきた・・・

どんぐりデトックス
ふっくらしてる。 リスさん喜びそう^^



拾ってきたどんぐりは、しばらくテーブルに転がしておこうと思います。

テーブルの上の 「 小さい 」 (*^ ^*)


秋だなぁ~~

秋の紅葉





●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓





秋、お月見の季節ですね♪

イマドキは、そして都会の暮らしでは、お月見の習慣なんて

ほとんどなくなっているのかもしれませんが、

ふと空を見上げた時に、ぽっかり浮かぶまん丸なお月さまに出会うと、

とっても癒されますよー(*^_^*)

中秋の名月でデトックス


そして!

今年の中秋の名月は、9月8日(月)、今日~!!

なんと!

東京はまたも天気悪し・・・ (ToT)



今年は、 真夏のスーパームーン も ( → 「 スーパームーンでデトックス 」 の記事)

乙女座の新月 も ( → 「 虹とデトックスの頃 」 の記事)


とにかく天気がワルシ・・・ (ーー;)  残念×××

癒されるはずが、ストレス溜まるわ
全国的には、まずまずのお天気のようなのですが・・・




●農作物の実りに感謝する中秋の名月のお月見


月は昔から、日本だけでなく世界のさまざまな地域で、

農作物の守り神として崇められていました。


月はだいたい30日周期で満ち欠けが繰り返されるので、

「 いつ植えるの? 今でしょ! 」  ふるっ

みたいに、農作業の目安になるのですね^^


その昔は太陰暦(旧暦)が用いられ、月の満ち欠けによって暦(こよみ)がよまれ、

この旧暦の7、8、9月が秋でした。

そしてその秋のど真ん中にあたる8月15日が、中秋と呼ばれ、

この時期の、空が澄み渡った季節の満月が、1年で最も美しいお月さま!


ちょうど農作物が豊かに実って、収穫の時期にあたることから、

この中秋の名月に「実り」を感謝し、月見の宴を開く、という習わしが中国から伝わり、

日本では9世紀頃から宮中の宴として定着していったのだそうです^^

●○●○●

お月見の定番アイテムも、月見だんご (=収穫したての新米で作る)、

里芋 (これも収穫したてのお芋を煮る)、 ・・・ など。

それに、すすきを添えて、お供えとし、十五夜お月さまを愛でる。

まさに、「実りに感謝!」の儀式ですね♪

秋
( すすきの意味はよくわかりませんが ^^; )


ちなみに今年は、スーパームーンが1年に3回もある、極めて珍しい年なのですが、

今日のお月さまは、その、今年最後のスーパームーンにもあたります。

中秋の名月でデトックス


あ~あ、お月さま拝めないかなぁ~~


おだんごだけは、準備万端にしてあるのでした ^^;

お月見だんご

月見だんごって、十五夜にちなんで15個パックでしか売ってないんですよねー
ちょっ、食べきれないワ・・





●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓






半月前にスーパームーンの記事を書きましたが、
http://antiagingfood.blog.fc2.com/blog-entry-33.html

あれから早2週間経って、昨日の23時頃が、新月 “●” だったようです。

そしてこのタイミングの新月は、 「 乙女座の新月 」 ということで、

1年365日の中でも、 浄化力の高い日 にあたるのだとか。


カラダが敏感な方は、胃腸の調子がおかしく感じたり、感情の起伏が

ちょっと不安定に上下したりするそうなので、リラックスした時間を過ごして、

心と体のデトックス(毒素の排出)をしたいですね - ★


それにしても、お肌のターンオーバーも、生理も、月の満ち欠けも、すべて28日周期。

なんだか、自然とカラダの、不思議な因果関係を感じますね(*^^*)



●デトックスでカラダの入れ替えを


東京では、まさにこの2~3日で、く厳しい夏の季節から

折り返し点を曲がってへ向けた空気の入れ替えが行われた感じ。


全国的には、いたるところで大雨と、それに伴う洪水被害も出ているようで、

被害に遭われた方の様子をみるにつけ、とても心が痛むのですが、

 ○ 雨をひとつの境に、季節が進み、

 ○ 満月から新月への時間経過に沿って、自然も人間の心や体も、浄化が進み、

 ○ 特にこの季節、 「 乙女座の新月 」 を節目に“自然” の1年が折り返していく。


そんな季節なのでしょうね。



昨夜は、スーパームーンに続いて、またも天気が悪かったので、

澄んだ夜空は拝めませんでしたが、

クールダウンした晩夏の夜の空気に触れながら、

そんなことをぼんやりと考えていました ^^



つまり何が言いたいかって?

 デトックス(余分なものを出してキレイに) と、

 ダイエット(余分なものを出してスリムに) は、

 今がチャンスよ♪

・・・ってことです ^^



●虹は心のデトックス♪


最近虹を見ましたか?

私は、ちょっと前に行ったハワイで、もうたっぷりと虹に出会いました(*^^*)

ハワイの虹でデトックス4
 ワイキキのホテルからのびるレインボー


虹には、なんだか心の中を 浄化 してくれる、不思議な魅力がありますよね。

ハワイはとにかく虹がよく出るところで、アメリカでは 「 Rainbow State(虹の州)

と呼ばれているし、クルマのナンバープレートも虹のデザインです。

ハワイの虹でデトックス3 ハワイの虹でデトックス2
 これはレンタカーの中からパチリ!もう、大きすぎてファインダーに収まらない・・


なぜハワイで虹がよく見られるのかというと、スコールのような雨が

毎日のように降るので、つまり 「 雨上がりの晴空 」 が多いから。

空気中の水滴が太陽の光を反射して、七色の虹を青空に描き出してくれます♪


でもねでもね (*゚▽゚*)


虹が日常茶飯事のハワイでも、とても珍しくて貴重で、神秘的な虹が!


なんと、月の光 ● でつくられる 「 夜の虹 (゚o゚;;


ムーンライト・レインボウ、略して、 「 ムーンボウ 」 と呼ばれているそうです。

いくら空気の綺麗なハワイでも、大気の状態や月の満ち欠けなどの

条件が見事に揃わないと、出現しないので、ハワイの人たちは

「 祝福の虹 」 と呼んで好運の前兆を喜ぶのだそうです(^O^)



デトックスは、若返りのため・アンチエイジングのための、

大切なプロセスだと思います。

そしてそれは、カラダにいいものを吸収して毒素を排出することと同様に、

ココロにいいものを見て聞いて感じて、心のストレスを解放していくこと。



虹は、

雨で空気が洗われた直後の、

新しい陽の光と水滴と澄んだ空気がかけ合わさって、

一瞬その姿を大きなアーチ状に現わし、

すぅーっと、空の青に溶けていく・・・



そんな不思議で美しくはかない自然現象なので、心を洗うのにピッタリ。


夏から秋に季節の入れ替わるこの時期は、日本でも比較的

虹が見られる時期ですから、雨上がりの晴れ間をみたら、

虹を探してみませんか?

ハワイの虹でデトックス1


 なんか今日詩人みたいになってるワ こりゃ「乙女座の新月」のせいだナ





●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓





夏はスイカですねv 

この時期スーパーにお買いものに行くと、

いつもフルーツ・コーナーのセンターをはって

ドーン-! と山積みになっているスイカをみては、

「どうしよっかなー…」

と、買うかどうか悩んでしまいます。

解毒と抗酸化 スイカ


我が家は子どもがいないので、食べきれるかしら(-.-;)

と躊躇してしまい、お客さまなどのキッカケがないと、

なかなか買いにくいのですが、

「やっぱり1回は食べとかなきゃ!」

と思い、先日ひと玉買ってまいりました!



これが・・・

ウマ~~ (*^^*)

やっぱいいですねースイカ♪

解毒と抗酸化 スイカ
(真っ赤で、あま~くて、ジューシーで、冷たぁくて、まいうー *^^*)


甘いのなんの^^

軽くお塩をふって、「ガブリ ガブリ」と、

音を立てていただくのが、気持ちよいデスネ^^

(シャブリ シャブリ って、感じかな?)




●意外と栄養価高いスグレモノ


スイカは果肉の9割以上が水分。

栄養価も低め… と、思いきや、実は体内の毒素を排出する

解毒作用や、抗酸化作用などの働きがあるそうです。



例えば、よく言われる「利尿作用」。


「スイカは水分豊富だからたっぷり食べ過ぎるとトイレが近くなる-」


この、子供の頃に父から教わった教えは、

どうやらビミョーに間違いだったようで^^;

 ○シトルリンというアミノ酸が、体内のアンモニアを
  無害な尿素に変換して排泄を促す

 ○豊富なカリウムが、余分なナトリウムの排出を促して
  利尿作用を高め、浮腫みの改善に寄与する

 ○グルタチオンという物質が、解毒を司る肝機能を高める



などの、れっきとした化学根拠があったようです^^


スイカは古来より、漢方や民間療法でも、熱を収めて利尿を促し、

むくみや解毒に役立つ食べ物として重宝されてきたそうです。



そしてもうひとつ、抗酸化作用。


赤いスイカの果肉は、同じ真っ赤で水分たっぷりのトマト

と同じ、「 コピン 」 が豊富なのですね♪


このリコピンや、シトルリン、ビタミンCなどの抗酸化成分が

スイカには含まれているので、夏の強力な紫外線に

攻撃されて「活性酸素」が大量発生するのを防いでくれ、

シミやソバカス、お肌のコンディションの乱れを

整えてくれますよ!



「スイカひと玉は大きすぎて、カットスイカで我慢…」

なんて方も多いと思いますが、スイカのよいところは、

カットフルーツにしても有効成分の減少率が小さいそうです。



●あなどれないスイカの皮とタネ


スイカの威力はまだまだ続く-

スイカのは、実は果肉の部分よりも利尿作用が強いのだとか。

さらに、免疫力を高めるβ-カロテンや、疲労回復に役立つ

ビタミン類、ミネラル類なども、赤い果肉部分と同様に

白い皮の部分にも含まれていて、捨てるのはもったいない(゚o゚;;

カブトムシのエサにしておくのももったいない(゚o゚;;



そういえば小さい頃、おばあちゃんのうちに行くと、

よくスイカの皮のお漬物が出てきましたねー ナツカシ


ちょっと面倒でもあり、正直そこまではしませんけれど^^;

お漬物・煮物・炒め物など、スイカの皮は貴重な

料理の食材としても、昔から活躍してきたのです。



そして、タネ

スイカのタネにも、脂質・タンパク質・リノール酸・カリウム

などが多く含まれているので、プイプイ吹き飛ばすのではなく、

食べちゃってもいいのですね。

中国などでは、スイカの種をお酒のおつまみやお菓子として

昔から利用していたそうです。



ついでに言うと、スイカには糖分もたっぷり。

エネルギーに素早く変わる果糖とブドウ糖で、

夏バテで疲れた身体へのエネルギー補給にはぴったり。





このブログを書き始めてから、すごく感じるのですが、

自然の食べ物って、ホント無駄がなく、どのコも栄養豊富で

素晴らしいなぁ、って。


旬のものをいただく、って、本当に大切なことなのですネ♪




お腹が冷えないよう、食べ過ぎには注意^^

解毒と抗酸化 スイカ




●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓






8月11日はスーパームーンですね 

スーパームーンのアンチエイジング3


スーパームーンとは、月が地球に最も接近した時に

満月(もしくは新月)になる状態のこと。



つまり、満月が、普通よりもきくるいんです!

大きさにして14%、明るさにして30%も明るくみえるそう (゚o゚;;


今年はスーパームーンが3回もあるそうですが、今回は

その中でも最大の、「エクストラスーパームーン」 


そのビンゴの時間は、「8月11日午前2時43分」

つまり、明日10日(日曜)の夜中、ってことですね。


今年8月11日のスーパームーンは、午前2時43分に、月が地球と356896kmに
最接近し、その26分後の午前3時9分に満月を迎えるそうです。




台風の接近で、この素敵なお月さまとの出会いが

阻まれてしまうかもしれませんが・・・

てるてる坊主下げて、幸運を待ちましょう^^

てるてる坊主

ワクワク ワクワク ・・・




●最大のエネルギーが地球に降り注ぐとき

スーパームーンのアンチエイジング4


満月には大きなエネルギーが宿ると言われますよね。

実際海や大地は、1ヶ月の中でも満月の日に、

最も月と太陽の引力に引っ張られ、

動物の体内の血液リンパ液も、あるいは人間に宿るオーラまでも、

月と太陽に引っ張られるのだそうです。


狼男が狼になるのも満月の夜^^

スーパームーンのアンチエイジング5



人間の体内器官には、脳・胃・腸・肝臓・胆嚢・膵臓・・・

すべて「月」という字ががついてます。

また腕・肘・脇・膝… などにも。

それほど、月のエネルギーとカラダのリズムは

関係が深いということなんですね。



ムーンパワーMAXの満月の日は、食べた物が全部身につく 「 吸収の日 」 。

(逆にその日以降新月までは、浄化の期間にあたりダイエットやデトックスにおすすめな期間)


だから満月の日、特にスーパームーンの日には、

最高の パワーフード で体内にエネルギーをチャージし、

疲れたカラダを一気に若返らせるチャンス!!



各部位の凝りや痛みを吹き飛ばすのにも、

くすんだりシワったりした残念なお肌を美肌に切り替えるのにも、

なんとなくダルくて疲れの取れない状態をピリッとさせるのにも、



ガッツリとパワーフードでアンチエイジング!


でっかくまあるいお月さまを見ながら、

エネルギーチャージしましょう!

(がんばれ、テル子♪)

てるてる坊主



おすすめはやはり、ニンニクっしょ(^q^)

生姜料理もイイネ(^q^) 豚の生姜焼きとか・・

この時期おいしいウナギもいいですね(^q^)


スーパームーンにパワーフードのにんにく スーパームーンにパワーフードの生姜 スーパームーンにパワーフードのうなぎ




ダイエット中の人も、スーパームーンには

パワーフードをガッツリいっといた方がいいですよ!

きっと体内にチャージしたエネルギーで、やる気や躍動感が

みなぎってきて、その後のダイエットワークも、スムーズになるハズ♪


お水も、おいしくて清らかなピュア・ウォーターを

たっぷり体内に送り込みたいですね^^

 ( → おすすめ ATP水素水の記事



ちなみに易学的には、水晶満月にかざしてこの天然水の中に

入れて洗うと、水晶が満月のエネルギーで浄化されて光り輝き、

プラスのパワーをもたらしてくれるらしいですよ(*^^*)

水晶をつけた浄化水をいただくのも、またよし。



スーパームーン、出てくれるといいな♪

スーパームーンのアンチエイジング1
都会にのぼるスーパームーンは、こんな感じでしょうか^^

スーパームーンのアンチエイジング2
のぼってくるときの地平線上の月は、とりわけ大きく見えるよね^^

スーパームーンのアンチエイジング4
晴れてほしいなぁ 台風かなぁ





●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。