美肌や健康に良いアンチエイジングな食べ物・食材・サプリのおすすめ情報を紹介しています^^
イデア アサイーレッドスムージー" ■■■■■ ダンむつと申します

アラフォーからその次の世代へ
片足突っ込んだ多感な時期を過ごしています^^;

主に食生活を通して
アンチエイジングに効果的なモノ・コトを探求してみたいと思います
どうぞよろしくお願いいたします(._.)                  ■■■■■

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は久しぶりに、長年のお友だち3人のお茶会^^

恥ずかしい過去の出来事なんぞシェアしながら大笑い (^O^)

・・・と、友人Aの目尻に、シワ、シワ、シワ

なにげに友人Bの方をチラ見すると、彼女にも

目の周りや頬のあたり、ほうれい線など、シワ、シワ、シワ


んー・・・ そんなトシなのだけれど、わかっちゃいるけど、

大笑いのカゲで、やや虚しさや寂しさを感じてしまったのでした (。-_-。)


やばいよこれ、コラーゲンだよ (゚o゚;;
顔の口角下がり

●ハリツヤに欠かせないコラーゲン


アラフォー・アラフィフ世代には、イヤというほど情報が飛び込んでくるコラーゲン。

お肌のハリを保ってシワやほうれい線を防ぐ、美肌成分の代表格ですね。


コラーゲンは水分を除くとお肌の4分の3を占める主要成分で、

肌全体を支える柱のような役割をしているそうです。

そしてこのコラーゲン、40代を過ぎると、ピークの20代の半分以下に

減ってしまう・・・ そりゃシワになるワケだ。

 →  参考記事:コラーゲンとは?


そもそもコラーゲンは、体内でアミノ酸を材料にして生成されるのですが、

加齢とともにつくられる量が少なくなってしまうのですね。

そこで外から補うために、コラーゲン豊富なサプリやドリンクが登場するわけですが、

「コラーゲンは外から摂取しても効果がない」

という話も、本当によく聞きますよね。

これは、コラーゲンが高分子、つまり、粒が大きいのでせっかく摂取しても

吸収されず、そのまま排出されますよ、ということのようです(ーー;)

「なんだよー、だまし文句かよー」

でもでも、これは「効率が悪い」という話であって、全く無駄ではないそうですよ^^;



コラーゲンをしっかり摂取するには、

 ○ 一時的でなく、毎日継続して摂るようにする

 ○ 分子量が小さくなったゼラチンやコラーゲンペプチドの状態で摂取する

 ○ 体内でのコラーゲン生成に欠かせないビタミンCとあわせて摂る


というのが大切なようです。



●コラーゲンを多く含む食品


ということで、サプリもよいのですが、日常の食生活からコラーゲンを

摂取できれば理想的ですよね♪

以前観たテレビの横浜中華街のお店取材、店員さんのまかないが

なんとフカヒレ丼だということで、オバさん店員の皆さんが、

全員お肌 ツルッツルッ の ピッカピカ (゚o゚;;

いやもうすごかったです!

フカヒレ毎日食べてると、あんななるんだぁー うらやま


さすがに中華屋さんでバイトでもしない限り、毎日フカヒレは難しいですが、

少しでもコラーゲン含有率の多い食べ物を、意識して食生活に

とり入れたいですね!


食品含有量(mg/100g)
フカヒレ9920
ハモの皮7660
うなぎの蒲焼5530
牛スジ4980
鶏の軟骨4000
ハモ3560
豚白モツ3080
サケ(皮つき)2410
鶏の砂肝2320
さんまの開き(皮つき)2230
鶏手羽元1990
しらす干し1920
豚レバー1800
かつお節1660
ブリ(皮あり)1620
ソーセージ1570
鶏もも肉1560
鶏手羽先1550
豚スペアリブ1460
イカ1380


やっぱりフカヒレはすごい!

あとウナギ( → ウナギの過去記事
スーパームーンにパワーフードのウナギ


あとサケも( → サケの過去記事
アスタキサンチン豊富なサケ




この時期「旬」でアブラものっておいしいサケ、

強力な抗酸化成分で肌老化を防いでくれるアスタキサンチンも

たっぷり入っているので、美肌にはぴったりな食べ物ですね-♪




●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓






関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : コラーゲン, 美肌, シワ, サケ, ウナギ,

味覚の秋は、海の幸も美味しいものがいっぱい。

中でも9月のこの時期は、なんといっても、サンマとサケですね♪

サンマももちろん塩焼きが大好物なのですが、サケも負けじと

脂がのって、美味しいですよねー(*^^*)

アスタキサンチン豊富なサケ


そしてこのサケには、 「 最強の抗酸化成分 」 と言われる

アスタキサンチン が豊富に含まれているのです。



●アスタキサンチンとは?


美容・老化の大敵 「 活性酸素 」 。

活性酸素を抑えることは、アンチエイジングの最も大切な

ケアポイントと言えますが、その抗酸化作用がび抜けて強い

と言われるのが アスタキサンチン なのだそうです。


アスタキサンチンは、ヘマトコッカスと呼ばれる海の藻類に含まれる

天然の赤い色素で、それを動物プランクトンが食べ、そのプランクトンを

エビやカニなどが食べて赤くなり、そのエビやカニをサケが食べて

赤くなるのだそう。


食物連鎖とあわせて、色素連鎖も起こってるっちゅうワケです^^


実際サケは、もともと 白身魚 なのですって!



で産まれたサケの赤ちゃんはへ出て成魚となり、産卵のために、

再び生まれ育った川にってきます。

その厳しい道中(水中?)を無事に乗り切って元気な卵をたっぷり産むために、

サケはたらふくエサを食べ、それに含まれるアスタキサンチンで真っ赤に染まり、

同時にエネルギー源のをたっぷり体内にため込みます。


こうなると、味も最高ながら、アスタキの抗酸化作用と、DHA・EPAといった

お魚特有の不飽和脂肪酸がたっぷり含まれ、サケは最高の

アンチエイジング食 」 になるのでした!



ちなみに イクラ が赤いのも、このアスタキサンチンの色素によるもので、

サケの母親は、産卵の準備に入ると卵にアスタキサンチンを移行させ、

産まれた卵が浅瀬でも紫外線の影響を受けないようにするのだそうです。



しかし・・・

産卵のために必死で大海から故郷の川へ戻ってきて、

泳ぎ続けて大量に発生する体内の活性酸素を除去するために

アスタキサンチンをいっぱい摂って白身の体を真っ赤に染め、

川の上流までのぼりきるスタミナを蓄えるため脂を貯め込み、

産卵間際に卵たちへアスタキサンチンを移してバリアを作り、

そして力尽きて死んでいく・・・


サケのお母さん、スゴすぎます (゚o゚;;


なんだか、そんなお母さんをおいしく食べちゃっていいの?

なんて気分にもなりそうですが^^;

そこは美味しくいただかせていただきますね (*^^)v

アスタキサンチン豊富なサケ アスタキサンチン豊富なサケ
バターでムニエルも、シンプルに塩焼きも、何でも美味しいですよね♪


アスタキサンチン豊富なサケ
お寿司屋さんのサーモンも、美味しくていつもお皿おかわりしちゃいます^^ 炙りも生サーモンも♪
アブラのってる感が最高ですよネ




自然の恵みって、本当にありがたいですね。





●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。