美肌や健康に良いアンチエイジングな食べ物・食材・サプリのおすすめ情報を紹介しています^^
イデア アサイーレッドスムージー" ■■■■■ ダンむつと申します

アラフォーからその次の世代へ
片足突っ込んだ多感な時期を過ごしています^^;

主に食生活を通して
アンチエイジングに効果的なモノ・コトを探求してみたいと思います
どうぞよろしくお願いいたします(._.)                  ■■■■■

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬になると、 あったか~い♥♥ ものを食べて、

身も心も あったか~く♥♥ なりたいですね (*^^*)

そこで頻繁に食卓に登場するの、もちろん 「 」 です^^

お鍋は、準備も簡単で、あまり冷たい水仕事をしなくてよいのも嬉しいポイントですね♪


そして、水炊き・すき焼き・キムチ鍋・味噌煮込み・・・

などなど、バリエーションが多いのも、鍋のいいところですよね。

もう毎日鍋でもいいくらいス


みなさんの 「 お鍋キラーアイテム 」 はなんですかー?


ダンむつが大好きでぜったい外せないのは、 「 春菊 」 なのです。

お鍋に春菊


そしてこの春菊、栄養満点で女性に嬉しいスーパー・ベジなのでした!



●春菊の美容健康効果が凄すぎる件


春菊の好きなところ、それは、何といってもあの香り!

「これ、薬効成分ぜったいあるよね?!」

と思わせる独特の香り、大好きなのです。


バジルやハーブ、パクチー、パセリ。セロリなど、香り系お野菜は

基本的に好きなのですが、中でも春菊の香りには目がありません (*^。^*)

たまらなく食欲をそそるのよねー、お鍋に春菊がないと、ちょっと拍子抜け派

春菊の独特の香りは、α-ペネン、ペリルアルデヒドなどの香り成分が

含まれるからだそうですが、これが実は、「 食欲増進 」 や 「 消化促進

などの効果をもたらすのだそうです。


胃もたれにも効果的らしいので、まさに今、忘年会などの飲み会・イベント続きの

お疲れ胃腸にもやさしい存在なのです。


単にいい匂いなだけではないのネ(^^)v

春菊の香りには、食欲をそそってくれる、ちゃんとした理由がありました^^



●美容に欠かせない抗酸化成分が豊富


春菊には豊富な栄養成分が含まれていますが、中でも、

ベータカロテン 」、「 ビタミンC 」、「 ビタミンE 」 などの抗酸化成分が豊富!


ベータカロテンは皮膚や粘膜を丈夫にしてくれるので、

 ○乾燥で荒れがちな肌を守ってくれたり

 ○鼻や喉の粘膜を保護して風邪予防にも



まさに冬の健康お野菜ですね!

昔から春菊は 「 べる風邪薬 」 と言われてきたそうですよ!



薬と言えば、春菊の茎葉をそのまま陰干しし、布袋につめてお風呂に入れると、

からだがあたたまり、肩こりや神経痛、冷え性などに効果があるそうです。


もちろん、抗酸化成分が豊富ということで、 美肌効果 も見逃せませんv


ちなみにベータカロテンがどれくらい豊富に含まれているのかというと、

以前 「 バジル 」 の記事でも書きましたが → バジルの抗酸化作用


こんな感じです↓↓
順位名称含有量(ug)
1しそ11000
2モロヘイヤ10000
3ニンジン8200
4パセリ7400
5バジル6300
6あしたば5300
7春菊4500
8ほうれん草4200
9かぼちゃ4000
10だいこん(葉)3900
※含有量は、100gあたりに含まれる量



●カリウムが豊富


春菊には 「 カリウム 」 が豊富に含まれ、高血圧予防に効果的。



●緑葉の成分クロロフィル


まだまだあります、春菊パワー(^^)v

緑の葉の部分に含まれる色素成分はクロロフィルと呼ばれ、

コレステロール低下血栓予防発がん抑制生活習慣病の予防 などに役立ちます。



●食物繊維も豊富


春菊には食物繊維も豊富に含まれるため、便秘予防に効いたり、

腸内環境を整え、大腸がん予防コレステロール抑制効果が期待できます。



いかがでしょう?

がぜん春菊、食べたくなりませんか― (笑)



●春菊というお野菜


春菊はもともと、トルコやギリシャなどの地中海沿岸地域が原産なのだそうです。

ちょっと意外な気がしますね^^

中国や日本の、東洋のニオイかと。


春菊を食す文化があるのは、やはり日本や東アジアのみだそう。

その日本では、室町時代の頃に中国から伝わってきたのでは?と言われているそうです。


「 春菊 」 という名にふさわしく、葉も花も菊にちょっと似ていて、

春には 色い可愛らしい花 を咲かせるそうですよ♪


春菊の旬は、12月から3月くらいの、まさに冬のお野菜。

今年の冬も、たっぷり春菊のお世話になりそうです (^^)v

お鍋に春菊
最近はポーションのお鍋の素なども発売されていて、おいしいお出汁が
失敗することなく作れちゃうんですよねー 鍋奉行いらずデス^^;






●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓







関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : 抗酸化, βカロテン, 春菊, 食物繊維, 食欲増進,

バジルはおなじみハーブの一種で、アンチエイジングに最適な

イタリア料理や 地中海食(過去記事) に、欠かせない食材ですね。

実はこのバジルそのものも、立派な抗酸化食材なのです^^

バジルリーフ


●βカロテンを豊富に含むバジル


バジルはシソ科の植物で、日本名をメボウキというそうです。

メボウキ・・・ 冴えない響き^^;

日本名が浸透しなかったのが、バジルが人気者になったポイントかも。


このバジル、抗酸化作用があり、免疫力を高めてくれる βカロテン

豊富に含まれています。

表であらわすと、こんな感じ↓

順位名称含有量(ug)
1しそ11000
2モロヘイヤ10000
3ニンジン8200
4パセリ7400
5バジル6300
6あしたば5300
7春菊4500
8ほうれん草4200
9かぼちゃ4000
10だいこん(葉)3900
※含有量は、100gあたりに含まれる量



わぁー、スゴイですね、この顔ぶれの中でこの順位!


βカロテンは、活性酸素や、活性酸素によってつくられた過酸化脂質を

除去してガンや老化の防止に役立つ他、体内でビタミンAに変換されて

視力を維持したり美肌を保つ作用もあります。


そしてβカロテンの特徴として、脂溶性が挙げられます。

つまり、油で調理すると体内への吸収率がぐっと高まるのです!

つまりつまり、 「 バジル × オ リーブオイル 」 は、

強力なアンチエイジングフードと言えるのです (*^^)v


バジルには他にも、ビタミンEやミネラル類が豊富に含まれているので、

まさに若返りのハーブ(薬草)と言えそうですね^^



●手軽にバジルのベランダ栽培


このバジル、スーパーで買うとパックに10~20枚くらいのリーフが入って

200円とか、フツウにしますよね。これ、もったいない!

バジルは育てるのがカンタンなので、タネを買って自家栽培する方法が、

圧倒的にオススメですョ



「えっ、ムリムリ、やったことないし」

いいえ、ホントカンタン^^

水やりだけでもあっという間に葉が育ち、摘んでも摘んでも、

次から次へと葉が出てきますよ♪


「ムリムリ、場所がないし」

いいえ、場所要らずです^^

お庭がなくても、プランターや鉢植えで、ベランダ菜園で十分。

ベランダがなくても、ポットで室内栽培でも大丈夫です。


バジルの種はガーデニングセンターはもちろん、

いまどき100均でもスーパーでも売っていて、数百粒入って100円!

1本のバジルの苗から、50枚や100枚のバジルリーフは

採れるでしょうから、植える場所さえあれば、それこそ100円で

1万枚くらいのバジルリーフにはなりますよー (^O^)

(まあ、そこまでフル活用できる人はなかなかいないかもしれませんが)


バジルの種
種を買って(100~200円で入手できます)


バジルの家庭栽培
鉢植えなら、数粒まいて、出てきた芽の中から勢いのあるものを1~2本残し、
水やりと適度な日光と、栄養分をちょっとあげると、あっという間に育ってきます。




注意点としては、花がついたらすぐ切ってしまうことくらいでしょうか^^

お花が咲くと栄養がそっちに行き、リーフが大きく元気に育たなく

なるので、硬くなって少し味が落ちます。


まあ、種はたくさんあるので少々失敗してもすぐにやり直せるのも

いいところです。


バジルは栄養分はもとより、香りがとてもよくて、気分がリラックス

できたり、食欲がそそられたりする面もありますよね。


バジルの料理
新鮮に香りごといただくなら、やはりカプレーゼのようなシンプル料理♪
オリーブオイルをたっぷりかけるのをお忘れなく



たくさん採れたら、バジルソースをつくってみるのも楽しいですよ♪



バジル大好き(^O^)

バジルリーフ





●●●●●

みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。