美肌や健康に良いアンチエイジングな食べ物・食材・サプリのおすすめ情報を紹介しています^^
イデア アサイーレッドスムージー" ■■■■■ ダンむつと申します

アラフォーからその次の世代へ
片足突っ込んだ多感な時期を過ごしています^^;

主に食生活を通して
アンチエイジングに効果的なモノ・コトを探求してみたいと思います
どうぞよろしくお願いいたします(._.)                  ■■■■■

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日テレビで、サバ缶を使ったレシピやサバ缶の健康効果について放映されていました。


サバ缶はこれまでも時々テレビで取り上げられ、その後数日はスーパーの店頭から

サバ缶が消えてしまうことがあるので (^^;) 、ここ数日もサバ缶争奪戦が繰り広げられて

いるかもしれませんね・・



実はだんむつ家の食品棚には、サバ缶をはじめとするお魚の缶詰が目白押しなのです(^O^)

理由は単純で、

「 おいしく 」 「 手間いらずで 」 「 生魚よりも栄養素が豊富で 」
「 保存食になり 」 「 低カロリーで 」 「 ダイエットフードにもなり 」 ・・・


と、いいことづくめだから!


サバ缶あなどれませんよっ (゚o゚;;

sabakan1.jpg


●缶詰は優秀な栄養食


缶詰って、なんだかジャンクフードで手抜き・・・

そんな印象がどことなくありますよね。


確かに手軽に手抜きで調理食材になる、という部分は当たっているかもしれませんが、

缶詰は素晴らしき保存栄養食なのです!


それは缶詰が、真空状態で高温加熱殺菌され、そのまま密閉されるため、

○豊富な栄養成分が飛ばされずに保存される
○空気や微生物等が侵入せず、無菌状態が保たれる
○保存料や殺菌剤などの添加物が一切使われない


という、いいことづくめだから。


缶詰がジャンクなんて、とんでもないお話。

多くの場合、ナマモノを自分で加熱調理するより高い栄養価が保たれているのです。



さらにサバ缶に関して言えば、

○作るよりおいしい(鯖味噌の味付けは案外難しいのです・・・)
○水煮や味噌煮などいろいろ種類があり飽きない
○骨まで柔らかく加工され、あますところなく丸ごといただける


・・・などなど、輪をかけていいことづくめ!!


「最近食事がカップ麺や缶詰ばかりでヤバい」

なんていう方は、半分ヤバく、半分はヤバくないということです^^




●サバはDHA・EPAが豊富


青魚に多く含まれると言われる不飽和脂肪酸のDHAやEPAは、

 ○頭がよくなる(記憶力や学習能力が上がる)
 ○中性脂肪・悪玉コレステロールを低下させる
 ○アトピーやアレルギーの改善効果がある

などさまざまな効果がうたわれています。


ダイエットにも生活習慣病にも、子供の生育にもいいと言われる所以ですね。

その代表格がマグロ・さば・いわしなど。

しかしその含有率を、文部科学省が公表している成分表で並べてみると、

食品DHA含有量(mg)
本マグロ(トロ)2880
サバ(生)1780
サバ(焼き)1379
サンマ(生)1400
サンマ(焼き)1140
マイワシ(生)1140
マイワシ(焼き)1060
サケ(生)820
カツオ(生)310
サバ水煮缶  2370
イワシ水煮缶949
カツオ水煮缶322
(いずれも100g中に含まれるDHAの量)


と、サバの水煮缶に含まれるDHAの量は圧倒的!

サバ缶に対する見方も、俄然変わってきますよね!



●調理が簡単、サバ缶レシピ


サバ缶レシピは、クックパッドなどの料理レシピ投稿サイトでも

たくさんアイデアがシェアされていますね。


調理が簡単で、味噌煮にしても水煮にしてもそのまま汁ごと調味料として

使ってしまえるので、ホント重宝します。


よくやるのは、パスタとか、

sabakan3.jpg

ドライカレーとか。

sabakan4.jpg


水煮にしても味噌煮にしても、醤油煮にしても、汁の部分に栄養素やダシがたっぷり

含まれていて、そのまま調味料になるので、捨てずに使ってしまいます。


例えばドライカレーなら、軽く炒めたにんにく・玉ねぎに、サバ缶とカレーパウダーを入れて炒め、

好みでしょうが・醤油・みりん・塩コショウなどを入れて味を調整するだけでOK。

ホールトマト缶を加えてもおいしいです。


とにかく調理らしい調理と言えば、玉ねぎを刻むことくらいです^^;


サラダに加えたり、お酒のおつまみのひと品にしたりする場合には、調理さえもする必要ありません。

パチンと缶を開けるだけ^^;;;


骨まで全部いただくことができて、まさにスーパーフードです。



●いざという時の常備保存食


そしてここ数年で言えば、やはり地震や非常時の際の保存食としての存在感。

美味しさも栄養価も全く損なうことなく、数年間保存でき、調理用にもそのまま食すのにも、長けています。


万能食材です!


サバ缶に限らず、いわしやサケ、まぐろ、うなぎ、サンマなど、魚の缶詰は、

だんむつ家のストック棚に20個くらいは、いつも準備されているのです。


そして、はじめは 「 いざという時のために・・・ 」 と、保存食として買い揃えた魚缶も、

最近では油断するとすぐに貯蓄棚がスカスカになっていて慌ててまた買い足す状態。



いざという時にも、いざでない時にも、サバ缶は本当に強い味方なのでした ♪

sabakan2.jpg


売り切れてないといいなぁ・・・




●●●●●


みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓






関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : DHA, EPA, 缶詰, サバ, ダイエット,

早春のフルーツといえば、なんといっても「いちご」ですね!
ichigo8.jpg

甘酸っぱいジューシーな味わい
ほんのり香るふわっと甘~い香り
しゃらりと爽やかで軽やかな食感
見た目にも元気印全開のビビッドな色合い



いちごをいただくと、 がお口の中にやってきます♪


本来はいちごの旬は4~5月くらいだそうで、やや春も後半のフルーツなのです。

1~2月にいちごが最盛になるのは、きっと暖かい春を待ちわびる人々の想いが、

そうさせているのでしょうね^^


いちごを食べて春を感じたい

いちごは「望春」のフルーツなのです。



●いちごはビタミンCたっぷり


いちごはその小さいからだに栄養分がたっぷり詰まっています!

なかでもアンチエイジングに欠かせないビタミンCが豊富。

こちらの記事でビタミンCの含有量が多い食べ物についてまとめましたが、

 → ビタミンCが豊富な食べ物

ビタミンCは、野菜や果物から多く摂ることができます。

中でもいちごはトップクラスの含有量と言えます。


しかも、例えばいちごよりも含有量の多いピーマンパセリレモンゆずなどは、

いくら含有量が多いとはいっても、そんなにたくさんいただけませんから^^;


いちごなら、1日に必要なビタミンC量を、5~7粒 程度で摂取できるので、

大変お手軽ですよね?!


ビタミンCは、シミのもとになるメラニンの生成を抑えたり、

メラニン色素自体の色を漂白する美白効果が期待できたり、

肌のハリをたもつコラーゲンを生成する役割を果たしたりと、

女性の美容にとって欠かすことのできないキラー・アイテム。


毎日の食生活の中で、苦にならずにしっかりと摂っていくためには、

「フルーツ生活」がオススメなのです。


季節ごとの旬のフルーツを、おいしくたっぷりいただく。


立春が過ぎて、それでもまだまだ寒い日が続き、春が待ち遠しいこの季節には、

春の香りをたっぷりお口に運んできてくれる「いちご」をいただきましょう♪



●いちごに含まれる豊富な抗酸化成分


ビタミンCの他にも、いちごには高い抗酸化作用を持つポリフェノール類が

豊富に含まれています。

例えば赤い実の色素であるアントシアニンや、抗酸化力が非常に高いエラグ酸など。

いちごの抗酸化作用は、いわゆる悪玉と言われるLDLコレステロールの酸化を抑える働きがあり、

成人病予防にも役立ちます。


また、「造血のビタミン」と言われる葉酸も、いちごは豊富に含んでいます。

赤血球を作り出し、貧血症状を抑えてくれ、細胞生成に寄与する葉酸。

葉酸は体内において、ビタミンCの働きで活性化するため、

ビタミンCと一緒に摂ることが大切。


まさにいちごなら、ビタミンCと葉酸をともに豊富に含んでいるので、

その働きを最大化してくれるのですね!



●いちごの実はタネの部分?!


こんなにもいちご好きのくせに、このトシまで知らなかった事実・・・

なんといちごの果実は、一見種子にしか見えない(少なくとも私には)、ゴマのようなつぶつぶの部分。

いちごの表面にたくさんくっついている、あの一粒一粒が果実なのだそうです (゚o゚;;

ichigo6.jpg


ちょっとビックリ!

無知な自分がかなり恥ずかしいワ


甘くておいしい、赤いジューシーな部分は、花托(かたく)なのだそうです。

花托と言われても、またそれがわからないのが二重にお恥ずかしい話なのですが^^;

被子植物において茎が厚くなった部分で、そこから花が育つのだそうです。


植物の世界って、ホントに奥深いですね。

ちなみにいちごはバラ科の多年草で、植物学的には野菜のカテゴリーなのだそうです。

甘みがあって食卓でのシーンもフルーツに近いことから、果物とみられることが多いけれど。



●春を見つけに行く「いちご狩り」


「春待ちフルーツ」のいちご。

スーパーに並んだパックを買ってくるのもいいのですが、

シーズンに一度は経験したいもの、それは 「 いちご狩り 」 ですっ ^^


いちご狩りのシーズンは、年が明けたお正月から、GWくらいまでですが、

1~2月の寒いこの時期に、春を感じ にお出かけするのが超オススメ!


寒い北風にも負けず元気に実をつけ(ホントはビニールハウスでポカポカですけど^^;

真っ赤に染まってたわわに実ったいちごを、思う存分いただく。

土の匂いやおひさまの光を感じながら、ほとんど無心で貪ります(^O^)


伊豆や静岡など、いちご狩りのスポットには海を望む場所が多いので、

海を見ながらドライブがてら、お出かけするのも楽しいですね♪


ちなににだんむつが、ほぼ毎年お正月すぎに訪れているいちご狩りの観光農園は

横須賀市三浦半島の津久井浜観光農園




東京からたった1時間くらいで行くことができ、

ビニールハウスが山の丘陵に20箇所くらい点在してるかしら。

とにかく広いので、混んでて入れない、ということがまずありません。

ichigo5.jpg

早春の三浦半島を、海を見ながらいちごめがけてドライブ♪

首都圏在住の方にはオススメのスポットです。

ichigo7.jpg



●いちごケーキを我慢できない


いちごは、もちろんそのまま食べても美味しいのだけれど、

スイーツの素材としても最高ですよね。

ケーキ大福 という、和洋を代表するスイーツで、ともに最高のフルーツ食材、

それがいちご!!


だから、この季節は「甘いものを控える」モチベーションが、

いちごスイーツの魅力に簡単に負けてしまうのです^^;


だんむつの大好きな、「 HARB'S(ハーブス) 」 のいちごのケーキ。

ichigo1.jpg

ノーマルないちごショートも絶品ですが、こちらのいちごチョコは

いちごの甘酸っぱい酸味と甘みに、ふわっふわの生クリーム、

ほろ苦がちょっとだけ香るチョコレートのやわらかスポンジ。

ichigo4.jpg ichigo3.jpg ichigo2.jpg

もう、いちごを美味しくいただくために作りこまれたようなチョコケーキの魅力に、

メロメロです(*≧∀≦*)


ちなみに季節限定です。いちごの美味しい季節にしか登場しません。


甘いものはダメだって、

アンチエイジングの敵だって、

あれほど自分に言い聞かせていても、

勝てないものが世の中にはあるのです・・・ (>_<)



まぁいっか・・・ いちごちゃんだし。

知ってました? 2015年は、100年に一度の「イチゴ年」なんですよ^^





●●●●●


みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓







早いもので年が明けて1週間が過ぎましたねー

もう、このトシになると、1年が秒速で過ぎていく感じ^^;


さてさて、昨日1月7日は七草粥の日でしたね。


  年末年始の暴飲暴食で 疲れた胃腸 を休め、

  新しい1年を 無病息災 で過ごせるように、

  この時期が 旬 のカラダに良い野草7種を、

  消化の良い にしていただきましょう、


というもの。


昨日はワケあっていただけませんでしたが、やはりこのトシになると、

「これはカラダに良さそう♪」

と世の中の雰囲気につられて、思わず七草を買ってきてしまいましたので、

本日いただくことに^^

春の七草
イマドキのスーパーは便利なもので、7種がちゃんとセットになって売られているのデスネ!


●春の七草の効能とは?


春の七草と言えば、

「セリナズナ ゴギョウハコベラ ホトケノザ スズナスズシロ これぞ七草」

と、短歌形式で覚えさせられてきましたが、あらためて考えてみると

「ゴギョウって何?」「あれ、大根って入ってなかったんだっけ?」

などと、頭が疑問だらけに ^^;


なので春の七草の中身とその効能について、ちょっと調べてみました。

芹(セリ)カロテン、ビタミンB2をはじめ、カルシウム、鉄分、ビタミンC、食物繊維、さらには消化促進や
保湿の役割があるフラボノイド(=セリの独特な香り成分)を豊富に含む
薺(ナズナ)タンパク質、ビタミンB1B2、カロテン、カルシウム、鉄、マンガンなどが豊富
西洋では昔から痛風や赤痢の治療薬として用いられてきた薬草、別名ペンペン草
御形(ゴギョウ)別名母子草
タンパク質やミネラル類が豊富で、扁桃炎や胃炎の症状解消に用いられてきた
昔は草餅と言えばヨモギではなくゴギョウが使われていた
繁縷
(ハコベラ・ハコベ)
ビタミンB、Cやタンパク質の他、ミネラル類も豊富
ニワトリグサとも呼ばれ、ヒヨコのエサによく使われていた
整腸作用もあり、葉緑素は口臭予防に働くことから、歯みがき粉としても利用されてきた
仏の座(ホトケノザ)別名、というか本名は田平子(タビラコ)というキク科植物
(シソ科のホトケノザという植物も別にある ・・・ややこしい)
お浸しやお味噌汁などに使われてきたが、栄養成分や効果効能は不明
菘(スズナ)カブのこと
ジアスターゼ(消化促進成分)や食物繊維が豊富で、葉の部分にはビタミン、ミネラルも
蘿蔔(スズシロ)大根のこと
葉にはビタミンB1B2、ビタミンC、鉄分、リンなど、根にはジアスターゼ、アミラーゼ、
エラスターゼなどの分解酵素や食物繊維が豊富


このような感じです。

七草粥でしか食べないものも多くありますね。

昔は現代ほど食糧が豊富ではなかったので、野草も大切な食糧として扱われ、

そして健康を保持したり、疾病対策としても、重宝されていたのでしょうね!



七草粥をいただいてみると、「 おいしい ♪ 」 という感情ではなく、

カラダに良さそう ♪ 」 という感想が湧き上がってきます。

そう、カラダの奥底から浄化されている感じ^^


甘すぎたり、味がハッキリしすぎていたり、

柔らかくて、まろやかで、口触りがよさすぎたり、・・・といった、

現代の飽食・贅沢食・加工食漬けのフードライフを戒めて引き戻してくれるような、

薬膳料理の感じですね。


表にまとめたように、どのお野菜も美容&健康成分もたっぷりなので、

アンチエイジング世代には、くたびれたカラダをピリッと浄化してくれる、

若返りの粥かもしれませんね。

とってもおししくいただくことができました!



さ、明日からまた くうゾー  違うか^^;




●ついでに(^_^;) 調べてみた「秋の七草」


春の七草は、それなりに有名で、名前くらいは一応言えて、

「無病息災を願って七草粥にしていただいて・・・」

と、用途もわかるのですが、秋の七草ってなんだっけ???


知らないですよねコレ (゚o゚;;  私だけ?

ついでなのでちょっと調べてみました。

萩の花(ハギ)9月頃が見頃と言われ、お彼岸にいただく「おはぎ」の語源となった
(春の彼岸は牡丹の花にちなんでぼたもち、秋は萩の花にちなんでおはぎ)
でも実は、開花時期は6~10月と長い
尾花(オバナ)ススキのこと
ススキの穂は秋の風物詩、中秋の名月にお供えする
葛花(クズ)つるが数メートルにも伸びる、生命力の強い花、夏の終わりから9月が開花期
別名「裏見草(うらみぐさ)」と言うが、うらみに掛けて恨み節の和歌によく詠われた
撫子の花(ナデシコ)6~8月に咲くピンク色の可愛い花
我が子を撫でるようにかわいい花、ということでなでしこという名前に
女郎花(オミナエシ)7~10月に咲く黄色い可憐な花
女性(おみな)を圧倒(えし)する美しさというところから、この名がつけられた
藤袴(フジバカマ)10~11月に、淡く小さいピンクの花がたくさん咲く
藤の花に雰囲気が似ていることからこの名に
朝貌の花(アサガオ)いわゆる現代の朝顔ではなく、桔梗(キキョウ)のこと
6月下旬~8月に紫や白の綺麗な花をつける

うーん、季節感もなんだかばらばらな感じで、よくわからない・・・


秋の七草は、七草粥にして食べるものではなく、「 に咲く代表的な野の花

として挙げられたもののようですが、だいぶ広い感じですね^^;




「誰かがこじつけで考え出したの?」って、思ってしまいましたが、

ちゃんと万葉集に詠まれているのだそうです。


「秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびおり) かき数ふれば 七種(ななくさ)の花」

「萩の花 尾花葛花(おばなくずはな) 瞿麦(なでしこ)の花 女郎花(おみなえし) また藤袴 朝貌の花」



あれ、下の方の句はだいぶ字余り? と思ったら、

「5・7・7 5・7・7」の旋頭歌という形式なのだそうです。

作者は山上憶良(やまのうえのおくら)。 あー、知ってる知ってる。


ちょっと幅は広いけど、夏の終わりから秋にかけての野の草花を

目で楽しもうよ、ということみたいですね♪


この機会に、秋の七草も覚えておこうと思います。 ムリか^^;




●●●●●


みなさまからのクリックが記事更新の励みなのです^^

↓↓↓よろしければポチッと応援クリックよろしくお願いします↓↓↓






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。